介護職の夜勤が怖いと感じる理由とは?対策方法も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
老婦人をベッドに寝かせる介護士の画像

介護職の夜勤が怖いと感じる方に向けて、理由や対処法を解説します。夜勤に対して「日中よりも人手が少なそう」「急変対応が多いのでは」といったイメージを持ち、怖いと思う方もいるのではないでしょうか。夜間帯の仕事は責任もありますが、やりがいも感じられるものです。

この記事で夜勤時に起きやすいトラブルや対策をチェックし、自分に適した働き方かどうかの判断材料にしましょう。

目次

介護職の夜勤が怖いといわれている理由

介護職の夜勤が怖いと感じるのは、少人数で業務をこなす緊張感や、予期せぬ出来事が起こることへの不安が原因と考えられます。以下で詳しくまとめているのでチェックしましょう。

急変対応

夜勤帯は看護師が居ない場合があり、利用者さまの急変があると介護士で対応しなくてはなりません。適切な迅速な対応が求められますが、経験が浅い介護士さんは急変対応に慣れていなく、不安な気持ちから「怖い」と思ってしまうでしょう。日勤以上に「気を張っていなければ」と感じやすく、夜勤に対してネガティブな意識を持ってしまうこともあります。

予期できないトラブル

「何度も呼ばれる」「移動中に転倒してしまう」「施設内で迷って部屋に戻れない」といった、利用者さまの想定外の行動によって怖いと感じることがあるでしょう。また、治療や服薬に関する要求をされた場合、介護士さんでは判断つかないこともあり困ってしまうようです。

人手が少ない中での業務

一般的に夜勤帯は日中よりもスタッフの数が少なく、必然的に一人でこなす仕事の負担も多いもの。そのなかで業務内容も予想できないため、心身ともに身構えてしまう環境といえます。人によっては極度の緊張感から、「怖い」という思考に陥ってしまうでしょう。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

介護職の夜勤業務とは

介護職の夜勤業務は、主に利用者さまの就寝前・就寝後・起床後の生活介助になります。以下の項目で夜勤業務の特徴をまとめました。

業務内容

介護職の夜勤の業務内容は、利用者さまへの声かけや体位変換、口腔ケア、食事介助など。夜勤帯の見回り頻度は、1時間~2時間に1回が平均のようです。急変時の際は、医師や看護師への連絡や医療機関の付き添いも担います。業務に入る前は日勤帯の引き継ぎを受けて、業務終わりは日勤帯スタッフへ引き継ぎを行うのが基本です。

働き方

夜勤のある介護職の働き方には、「日勤・準夜勤・深夜勤の3交代制」もしくは「日勤と夜勤を分けて勤務する2交代制」があります。準夜勤は主に夕方から深夜まで働き、深夜勤は深夜の時間帯がメインです。細かな勤務開始・終了時間は、施設によって異なります。

夜勤が怖いと感じる介護職員に起こりやすいこと

介護職の夜勤に対して「怖い」と感じる方は、肉体的・精神的に疲れやすく、ストレスも溜まりやすくなるでしょう。また、夜勤業務の経験が少ない介護士さんは、昼夜逆転の生活になることで体内リズムが狂い、体調不良を起こしてしまう恐れも。特にこれまで早寝早起きの生活に慣れていた方は、大きな環境の変化に悩んでしまう傾向にあります。

夜勤明けに帰宅して眠ろうとしても、なかなか寝つけないこともあるでしょう。そのような日が続くと、さらに夜勤業務が怖いと感じてしまいます。

介護職の夜勤が怖いときの5つの対策

介護職の夜勤が「怖い」と感じるときは、自分なりの発散法を見つけたり、スキルを上げるための経験と捉えたりすると前向きになれることも。以下の項目で、具体的な対策をまとめました。

1.恐怖心は必要なものだと捉える

夜勤ならではのトラブルや緊急対応などに対して怖いと感じる方もいると思いますが、恐怖心があることで、気持ちを引き締めて介護が行えると考えられるでしょう。仕事に慣れることは大切ですが、過信があるとミスを起こしやすくなります。緊張感は自身のスキルを高める必要なものだと捉えると、ポジティブな気持ちで取り組めるでしょう。大変だからこそ、やりがいに繋がると感じられることもあります。

2.恐怖心を和らげる方法を見つけておく

休日や退勤後などプライベートの時間は音楽を聴いたり、スポーツを楽しんだりと好きなことをしてリフレッシュすることが大切です。恐怖心と闘いながら夜勤をこなすのは、介護職員にとってストレスに繋がるでしょう。メリハリをつけて、なるべく仕事のことを考えない時間を作ることも効果的です。

夜勤中でも、休憩時間を利用して「ストレッチをする」「好きな飲み物を飲む」といった工夫をすることで、怖い気持ちが落ち着くこともあります。

3.過去の経験を振り返る

介護施設に勤務していると、夜勤中に利用者さまの容態が悪化することもあります。そのような経験がある場合は、過去を振り返って反省点や改善策を見つけ、業務に活かしてみましょう。自分の業務に自信がつくと、次第に恐怖心は薄れていくことも。単に「怖い」という思いで終わらせずに、介護職として経験したことは、すべてキャリアに繋がると考えることが大切です。

4.夜勤のメリットを考えてみる

介護職の夜勤の負担が多さや、心身の疲労が原因で「仕事に行くのが怖い」と感じている方は、夜勤ならではのメリットを見つけてみると前向きになれることも。たとえば、「経験を積んでキャリアップが望める」「夜勤手当があるので高収入を目指せる」といった面に目を向けてみると良いでしょう。日本医療労働組合連合会が調査した2020年の結果によると、正規職員の夜勤手当の平均は、2交代制で6,632円、3交代制の準夜勤で3,445円、深夜勤で4,349円となっています。自身が重視する勤務条件に近いと、夜勤の「怖い」という気持ちが薄れる可能性もあるでしょう。

5.緊急時のマニュアルを熟読しておく

介護職の夜勤が怖いと感じやすい緊急事態の対応ですが、事前に緊急時のマニュアルを十分に確認しておくと安心感を得られるでしょう。また、日勤帯に急変時の対応をシミュレーションをしてみたり、先輩職員にアドバイスを受けたりするのもおすすめ。「これだけ準備したから怖くないだろう」と思うことも、恐怖を拭い取る方法の一つです。

対策を実践しても介護職の夜勤が怖いとき

先述したような対処法を実践しても、どうしても恐怖心が拭えない場合は、働き方を考え直しても良いでしょう。そのような方は、「オンコール体制がある」「夜勤スタッフが多め」といった施設を探してみるのもおすすめです。恐怖を感じながら働き続けても、ストレスばかりが溜まり思うような介護ができないことも。介護職として働き続けるには、自身に合った価値観やライフスタイルに合った働き方を見つけることが大切です。

まとめ

介護職の夜勤が怖いと感じる理由は、介護士さんによって異なるでしょう。そのため、対処法も人それぞれ。恐怖と上手く付き合っていくには、自身の環境や思考に合った方法を探すことをおすすめします。

介護業界で活躍したいという方は、就職エージェントのきらケアにご相談ください。きらケアでは、あなたが希望に沿った求人を提案。また、福利厚生や職場の雰囲気といった情報も提供し、仕事探しから入職後までトータルでサポートいたします。介護経験が浅い方もご安心ください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事介護職の悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧