介護士さんにおすすめのポジティブになるため方法4つ

エンタメ 2016/08/08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
277_TOP_明るい女性

介護士は社会貢献できるポジティブな仕事


社会の高齢化が進み、今後一層需要が高まる介護士。就職するのが難しい現代においてもその求人の数は多いです。しかし『給料が安い』『仕事が大変』など、この仕事に関するネガティブな意見を耳にすることも少なくないですよね。そのため介護士に興味があっても、ならないほうがいいのではと思っている人もいるのではないでしょうか?しかし介護士の仕事をネガティブに考える必要はありません。自分だけでは生活困難となった高齢者を支えることにより、社会に大きく貢献できる仕事だからです。そこで介護士さんがポジティブになるためのおすすめの方法を4つ紹介していきます。


まずは気軽に相談してみる(無料)



介護士が社会に与える効果を知ろう


介護士の仕事は要介護者の身体動作、食事、入浴、排泄などの補助、要介護者が生活している部屋の掃除、洗濯、食事の準備など多岐にわたります。仕事量も多く、勤務時間も長いので決して楽な仕事ではありません。またもらえる給料の額も仕事量に比べると多くないのが実情です。そのためどうしてもネガティブに考えてしまうことが多いです。

しかし介護士の仕事が世の中に与える効果を知るとポジティブな気持ちになれます。高齢化社会が進んでいる現在では介護が必要な人が増えており、子が仕事を辞めて介護しなければならない場合も多々あります。ですが介護のために子が仕事を辞めると働き手が不足してしまいます。それによって経済が停滞してしまうことになるので好ましいとは言えません。

そこで介護士が高齢となった親の介護を引き受ければ、子は働き続けられます。それにより働き手が不足することなく、経済状態が良好に保たれます。介護士は世の中が成り立っていくのに重要な役割を果たす仕事であると言え、それを認識すればポジティブな気持ちへと変化していくでしょう。

無理のない働き方を選択しよう


介護士の勤務形態には正社員、契約社員、パート又はアルバイトがあります。勤務時間が長くて大変だと言われることが多いですが、この仕事をしているすべての人がそのような状況ではありません。主婦をしている女性はパートとして働き、子育てと両立している人も少なくなく、介護士はワークライフバランスを実現できる仕事なのです。無理のない働き方を選択すればポジティブになれるでしょう。

専門職だと認識しよう


資格が無くても介護の現場に就職できますが、より良い仕事をするためには介護に関する知識が必要になります。そのため介護士(介護福祉士)の国家資格の取得をする人も多くなっているようです。現在介護士の国家資格は受験者数が15万人を超えており、問題の総得点の6割以上取らないと基本的に合格できません。(1)この資格を取得したということは知識が必要な専門職に就いていると言えるでしょう。介護士の仕事は専門職だと認識できれば自然とポジティブな気持ちを持つことができるのではないでしょうか。

いろいろな道があることを知ると希望が持てる


介護士の仕事をする場合、当面は現場で介護の業務に携わりますが、その後いろいろな道へステップアップすることが可能です。この仕事を短期的にとらえるとネガティブに思いがちですが、長期的な視点を持つといろいろなところで力を発揮できる仕事であることがわかります。

実際に介護士の仕事からステップアップする道にはどのようなものがあるのかというと、介護主任、介護施設長、施設経営者、介護の専門講師などです。これらの地位に就くことができると知っておくと希望を持てるでしょう。



ポジティブな気持ちで介護士の仕事をするためには職場が大事です。そのため職場探しは介護専門の派遣会社にお任せしたほうがいいでしょう。介護業界に特化したきらケアは人間関係や職場の雰囲気など内部情報に精通しており、働きやすい職場を提供してくれます。また給与などの待遇交渉、就職後のアフターフォローも充実しているのでおすすめです。


引用元
(1)-、『介護福祉士国家試験の難易度、合格率』、キャリアガーデン、-、http://careergarden.jp/kaigofukushishi/exam/、2016/5/17引用

(2)-、「ネガティブな自分とおさらば!あなたがポジティブになる10の方法」、MERY、-、http://mery.jp/34675

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧