一人で抱え込まない!介護・保育ユニオンが提供する労働相談サービスについて

仕事 2017/10/20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
s_AdobeStock_68858509

はじめに


介護・保育業界は今、人材不足や高離職率などの課題を抱えています。その原因の一つに挙げられるのが、働く人を取り巻く厳しい労働環境です。「サポートを必要とする人々の力になりたい」という意欲で福祉業界に入ったものの、長時間労働やパワハラ、賃金未払いといった深刻な問題に直面している介護士・保育士も少なくありません。こうした個々の悩みを解決に導き、業界全体の就業環境を改善するために発足したのが、「介護・保育ユニオン」です。ここでは、相談業務をはじめとする介護・保育ユニオンの取り組みについて、ご紹介したいと思います。

介護・保育ユニオンの労働相談


介護・保育ユニオンとは?


介護・保育ユニオンは、2016年に「総合サポートユニオン」の介護・保育支部として設立されました。介護や保育、障がい者福祉の現場で働く人々が集い、各自が所属する業界の「働き方改善」に取り組む労働組合です。主な加入者は、介護福祉士やヘルパー(介護職員初任者研修・実務研修修了者)、保育士、幼稚園教諭、看護師など。経験豊富な相談員や専門家が、一人ひとりの問題解決をサポートしています。

介護・保育ユニオンで受けられるサービス


・労働相談


介護・保育ユニオンでは、介護職・保育職の方々を対象に、働き方について気軽に相談できる窓口を設けています。どんな些細な疑問や悩みにも対応しており、電話やメールのほか、事務所での面談(予約制)で相談することが可能。また、当事者だけでなく、同じ職場で働く同僚の方やご友人、ご家族、パートナーからの相談にも応じてくれます。

・団体交渉


相談者の方が抱える問題の解決、さらには職場環境の改善のために、会社と直接交わす話し合いのことを「団体交渉」と言います。団体交渉では、勤務する中で感じたあらゆる疑問や問題を議題として挙げ、話し合いによって問題解決を求めることが可能。会社側は、法律上の義務として、労働組合との団体交渉に誠実に応じなければなりません。万一、会社が不誠実かつ不当な対応に出た場合は、情報発信により当該の問題を公にして、会社側に対し是正を促してくれます。

・労働基準監督署への通報


長時間労働や休憩なし、残業代の不払い、有給休暇が取得できない、といった問題は、すべて労働基準法違反です。こうした状況が常態化してしまっている場合、管轄の労働基準監督署に通報手続きを行い、会社側に是正指導をしてもらうことができます。ただし、通報手続きには、違法行為の証拠集めや申告書類の作成が必要。介護・保育ユニオンがしっかりサポートしてくれます。

・ミーティング・勉強会の開催


介護・保育ユニオンでは、同じ悩みを抱える当事者が集まり、不定期にミーティグを開催しています。お互いの状況を報告し、情報共有や今後の対策の相談、会社側との交渉に必要な準備など、内容は自由です。また、労働法規に関する勉強会も行っています。

介護・保育ユニオンで相談できる内容


相談できる内容


労務に関することはもとより、介護・保育・障がい者福祉に従事している中で、疑問に感じたことは何でも相談することができます。また、相談は、全国どちらからでも可能で、ユニオンに常駐する相談員や労働法規の専門家が、じっくりとお話を伺い、適切なアドバイスをしてくれます。

過去にあった相談内容


今までに寄せられた相談内容の中から、主なものを一部ご紹介します。


・人手不足で、1日あたりの労働時間が長い上、休憩もない
・早出や残業、持ち帰り残業があっても、残業代が支払われない
・有給休暇を取得できない、あるいは、申請しづらい雰囲気がある
・産休および育休の制度はあっても、実際取得できないために、仕事を辞めざるを得ない
・国や自治体で定められた基準通りの業務ができない、あるいは、させてくれない
・事業所内で事故や虐待が発生しており、どう対処すべきなのか分からない 

介護・保育ユニオンで相談するメリット


・悩みを共有できる



抱えている問題が、事業所側に直接言い出しにくい内容であればあるほど、だれにも相談できずに一人で悩み続けてしまう方が多いようです。しかし、介護・保育ユニオンには、同じ境遇にある大勢の同業者が集まっています。心強い味方と出会い、悩みを共有することで、気持ちも少し楽になるはずです。

・解決にむけた実行力


相談者の悩みに対し、具体的かつ着実な解決をサポートしてくれる点も、ユニオンの大きなメリットの一つです。労働基準監督署をはじめとする行政機関による支援や団体交渉など、単独ではなかなか難しい解決策も専門家の協力により、実行することができます。ただ、悩みを打ち明けるだけでなく、問題解決に向けた道筋をつけることができるでしょう。

・安心・安全


ユニオンでの相談は無料です。また、名前や職場、相談内容などのあらゆる個人情報は、厳重に守秘されるので、安心して相談することができます。「会社から不利益な取り扱いをされるのではないか」という心配も一切不要。労働組合への加入を理由に、会社側が従業員に対して不当な扱いをすることは、法律で禁止されています。また、会社側に労働組合に加入したことを、会社側に報告しなくても大丈夫です。ユニオンには、あえて会社側に知らせないまま、活動に参加されている方もたくさんいらっしゃいます。

介護・保育ユニオンの概要および相談窓口


団体概要


介護・保育ユニオン東京事務局


〒155-0031 東京都世田谷区北沢4-17-15 ローゼンハイム下北沢201号室
TEL:03-6804-7650(労働相談)/03-6804-8444(事務局)
FAX:03-6740-1690
メール:contact@kaigohoiku-u.com
Webサイト:http://kaigohoiku-u.com/
アクセス:京王井の頭線/小田急線「下北沢駅」西口より徒歩10分、京王線「笹塚駅」より徒歩10分

介護・保育ユニオン東北事務所


〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-14-20 本町キクタビル602号室
TEL:022-796-3894

無料労働相談


TEL:03-6804-7650
受付時間:平日17時~22時まで/土日祝12時~22時
※電話が混み合ったり、担当者が外出していたりと、万一つながらない場合は、折り返し連絡を差し上げています。
※受付の時間帯以外は、メール相談を利用できます。
※メール相談は、以下の「問い合わせフォーム」から利用できます。
http://kaigohoiku-u.com/soudan/


関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧