入浴の死亡者数は交通事故の4倍も!?高齢者の安全入浴を推進する高齢者入浴アドバイザー協会とは?

資格・試験 2017/03/23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
513_TOP_入浴

浴槽にゆったりとつかり、体を温めると、身も心も癒やされます。ですが、家庭での入浴には思わぬ危険が潜んでいます。特に、秋から冬場にかけ気温が下がると、「ヒートショック」と呼ばれる家の中の急激な温度変化で入浴中の事故が起きやすくなります。こうした事故は高齢者で増えているのですが、こうした事故を減らす活動をしている団体があることを知っていますか?今回は、高齢者の入浴事故を減らす活動をしている「高齢者入浴アドバイザー協会」について紹介したいと思います。

【目次】


入浴にかかわる死亡者数は交通事故死の4倍にも?
入浴介助する時の注意点は?
高齢者入浴アドバイザー協会とは
高齢者入浴アドバイザーの資格ってどうやったら取得できるの?

入浴にかかわる死亡者数は交通事故死の4倍にも?


実は、入浴にかかわる死亡者数は増えています。例えば、家庭での溺死者数は4,866人(2014年)と、この10年間に約1.7倍に増加しています。(厚生労働省・人口動態統計 より)。溺死以外でも、入浴にかかわる死亡者数は、年間およそ19,000人と推定されています。さらに、このうちの約9割が65歳以上の高齢者です。この入浴にかかわる死亡者数は、実は交通事故死の4倍以上となっており、多くの方の事故が起きているのが現状です。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

入浴介助する時の注意点は?


こうした入浴時の事故を防ぐために、以下のような点に注意するようにしましょう。

・浴室と脱衣所の温度差を少なくすること
ヒートショックは暖かい場所から急に寒い場所へ移動したときに起きます。特に冬場は温度差があるため、注意する必要があります。そのため、入浴前に浴室を温めておくなどの対策を行うようにしましょう。

・浴室での転倒に注意すること
浴室の床は滑りやすいので、転倒には十分注意する必要があります。浴室への移動や浴槽へ入るときは滑らないように誘導するようにしましょう。また、思うように体が動かせず転倒する場合もあるので、介助する方に応じて誘導することも大事です。

また、入浴時のこうした危険を回避した目安を踏まえた、安心な入浴方法を推進している「高齢者入浴アドバイザー協会」について紹介していきます。

▲目次へ戻る

高齢者入浴アドバイザー協会とは


高齢者入浴アドバイザー協会は平成28年(2016年) 3月18日に設立された協会で、主に以下の活動を行っています。

・高齢者の安全な入浴に関するアドバイザー資格の創設及び普及活動
・高齢者の安全な入浴に関するセミナーの開催
・高齢者の安全な入浴に関する教本の出版
・Web上における高齢者入浴アドバイザーの活躍の状況に関する情報の発信

具体的には、高齢者に対して適切な入浴指導ができる人を育てるために、「高齢者入浴アドバイザー」資格の創設したり、「高齢者の安全入浴に関する教本」(756円)という、安全な入浴に関する本を出版しています。
また、温泉の基礎知識や正しい入浴法などの講座を様々な場所で行っています。
(HPはこちらをご確認下さい)

▲目次へ戻る

高齢者入浴アドバイザーの資格ってどうやったら取得できるの?


高齢者入浴アドバイザー協会が創設した「高齢者入浴アドバイザー」の資格は、以下の方法で取得することができます。

1.高齢者「高齢者の安全入浴に関する教本」(V2ソリューション・756円)を購入する
2.本の中にある認定テストハガキに回答を記入して申請する

認定テストハガキの審査が通れば、資格を習得できます。また、資格を持っている方で、自身でセミナーを開催する予定のある方へは認定講師へのステップアップセミナーも開催しています。

高齢者入浴アドバイザーの資格に興味がある、よりスキルを身に着けたいと思っている方はぜひぜひHPにアクセスしてみて下さいね!

入浴介助など、ご自宅にお住まいの高齢者の方の生活サポートに興味がある方は、きらケアで訪問介護のお仕事を探しませんか?
きらケアは、介護系に特化した就職・転職支援サービスです。訪問介護のお仕事も豊富にご用意しているので、あなたの理想の職場がきっと見つかります。一人での就職が不安という方もご安心ください。経験豊富なアドバイザーが丁寧にヒアリングを行い、あなたのご希望にマッチする求人をご紹介します。
職場の雰囲気や人間関係など、なかなか聞けないことも遠慮なくご相談くださいね。きらケアがあなたをしっかりサポートします。まずはお気軽にご登録ください。

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 資格・試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧