介護現場での介護士同士の恋愛はアリか!?

恋愛 2016/10/18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
409_TOP_楽しそうに話すカップル

介護現場での職場恋愛は案外多い!


多くの職場で職場恋愛が成り立っているように、介護現場でも職場恋愛は少なくありません。むしろ介護の世界では職場恋愛がかなり多いと断言しても良いかもしれません。もちろん職場恋愛が多い現場とそうでないところは存在します。男性介護士の数が増えてきたとはいえ、介護現場で働く介護職員は女性のほうがまだまだ多いのが現実です。

 そのため、職場恋愛をしようにも対象となる相手がいない、そんな職場もあるでしょう。ですが年頃の男女がいれば、恋愛関係に発展するのはむしろ自然なこと。そもそも介護の仕事は心理的にも身体的にも距離感の近い仕事ですから、相手の良いところや悪いところがよく見えて、仲が深まりやすいという特徴があります。言い換えると職場恋愛の多い介護現場は、人間関係も良好で仕事がスムーズに行えているといえるかもしれませんね。


まずは気軽に相談してみる(無料)



介護士は男も女も結婚に向いている!?


介護の世界で職場恋愛は決して少なくないわけですが、結婚後のパートナーとして、介護士を選ぶのはどうでしょうか?介護士は仕事の性質上、結婚相手として非常に優れていると思われます。その理由として挙げられるのが、まずは相手の気持ちを汲み取るのが仕事であること。日々感情や気持ちをうまく表現できない人々を相手にしているわけですから、表情や仕草から相手が考えていることを読み取るのはお手の物。「今機嫌が悪いな」、「今は話しかけないほうが良さそうだ」そんな気づきが無意識にできますから、結婚後も些細なことでぶつかることが減るでしょう。

次に掃除や洗濯など家事の基本が介護では求められること。これらがきちんとできない介護職員は、介護士として一人前と認められません。男性であってもそれは同じこと。ですから男女ともに家事が一定レベルはできて、協力して行えるというのも結婚する二人にとっては心強い点ではないでしょうか。

介護士カップルが結婚するときの注意点


介護士は結婚に向いていると言っても注意点もあります。ここでは特に介護士同士の結婚で起こる問題点を挙げていきましょう。一番は経済面でしょう。介護士のお給料は決して低くはありません。ですが、一方が専業主婦(夫)でも十分生活できるレベルとは言い難いので、共働きが前提となるケースが多くあります。女性の場合は子どもが生まれた後もすぐにフルタイムで働くというのは難しいかもしれません。子どもが生まれた時に備えて、事前の貯蓄計画が大切になるでしょう。

加えて施設介護士の場合は夜勤もネックになってきます。二人とも施設で働いている場合、この点はより深刻な問題になるでしょう。二人で生活している間はさほど気にすることはありません。大変なのは子どもが生まれた後。二人とも同日に夜勤となると、子どもの面倒を見てくれる人がいない、なんてことになりかねません。このような状況に陥らないためには、やはり事前の計画。デイサービスやホームヘルパーなどの日勤帯のみの仕事への転職や、ケアマネージャーや生活相談員などの仕事へのキャリアアップも、明確に考えておくことが必要でしょう。介護士カップルが結婚後もうまくやっていくための秘訣といえそうです。

働く場としても恋愛する場としても、さまざまな出会いがあるのが介護の世界。少しでも働いてみたいと思ったら、まずはきらケアに登録を。求人の数だけでなく情報量も充実していますから、あなたに合った職場がきっと見つかりますよ。

関連ジャンル: 恋愛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「恋愛」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧