介護士さんの夜勤前の過ごし方。気を付けていることランキング

介護の仕事 2021年9月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間体制の介護施設で働いていると、夜勤が発生することがあります。介護職に就いてはじめて夜勤を経験するという方も多いのではないでしょうか。なにかと忙しい夜勤中にベストパフォーマンスを発揮するためにも、夜勤前の過ごし方に気を付けたいところですよね。この記事では、実際に介護施設で働く介護士さん332名に聞いた、「夜勤前に気を付けていること」をランキング形式でご紹介します。

目次

夜勤前に気を付けていること

1位 自宅でゆっくり過ごす(39.6%)

夜勤前の過ごし方の1位は「自宅でゆっくり過ごす(39.6%)」でした。シフト体制によっては16時間もの長時間労働となるため、なるべく体力を温存しておきたいと考える方が多いようです。

2位 仮眠をとる(34.6%)

2位は「仮眠をとる(34.6%)」でした。仮眠をとる場合は、90分または180分ほどに留めることで生活のリズムがずれにくくなります。眠る前にコーヒーやお茶などのカフェインを摂取するとすっきり目覚められることがありますよ。

3位 食事は軽めにとる(9.3%)

3位は「食事は軽めにとる(9.3%)」でした。しっかり食べると胃がもたれたり、眠くなったりしてしまうという方は、食事の内容にも気を遣っています。消化に良いうどんやお粥、コンビニで手軽に買えるスープやおにぎりなどで、夜勤を乗り切るエネルギーを補給しましょう。

その他の回答

選択項目にはなかったものの、「普段と変わらず過ごす」という回答も多く見られました。生活のリズムが安定しているのであれば、特別気を遣わなくても問題ないという方は多いようです。

その他、「昼まで寝る(寝だめ)」「朝はできるだけいつもと同じ時間に起きる」「日中アクティブに過ごして出勤前に普通に睡眠をとる」などの回答がありました。

まとめ

介護士さんの夜勤前の過ごし方についてご紹介しました。タイミングや時間はさまざまですが、夜勤前は睡眠に気を遣っている方が多いことがわかりました。夜勤前はなるべく自分を労り、ベストコンディションで業務にあたれるように工夫したいですね。

「いまの施設は仮眠時間が少ないのかも…」
「気になるあの施設の夜勤の人員配置はどうなっている?」
「夜勤中に看護師や医師が常駐している施設の求人は?」
など、いまの働き方を見直したい!と感じられた方は、介護業界専門の転職エージェント「きらケア」にご相談ください。

プロのアドバイザーが、職場でのお悩みや改善したいことを伺い、あなたにとってベストな方法をご提案します。無理に転職をおすすめすることはないので、「まだ迷っている」という段階でのご相談も大丈夫です。お気軽にお問い合わせください。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

調査概要
調査対象:現在、介護職として働いている方
調査期間:2021年1月
調査方法:インターネット
調査人数:332名

関連記事

関連ジャンル: 介護の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧