つい頑張りすぎてしまう介護士さんに!疲労回復・腰痛対策のための記事特集

その他 2017年10月2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AdobeStock_94150789
「仕事中は元気だったのに、家に帰るとどっと疲れが…」「最近、なんだか腰が痛い…」という悩みを抱えている介護士さん必見!こちらでは、疲労回復や腰痛対策について書いてある記事を紹介しています。ぜひチェックして、日々の生活に取り入れてみてくださいね。








目次

(1)疲れの取れる昼寝の方法。睡眠不足ぎみの人は試す価値あり

疲れの取れる昼寝の方法。睡眠不足ぎみの人は試す価値あり
お年寄りの介助は体力を使うもの。
介護の現場に携わる傍ら、「寝てもなかなか疲れが取れない…」
という方もいるのではないでしょうか?

そこでオススメしたいが「お昼寝」です!
こちら《疲れの取れる昼寝の方法。睡眠不足ぎみの人は試す価値あり》の記事に、お昼寝のメリットとポイントが詳しくまとめられていたので紹介します。

お昼寝をすると、集中力が向上したり、ストレスが軽減したり、気分がスッキリしたりとたくさんの恩恵が得られるそう!しかし、筆者の筆子さん曰く、お昼寝が向いているかは個人差があるそうなので、まずは自身で試してみることをオススメします。

また、お昼寝を試す上で確認しておきたいのが、上手な眠り方。昼寝するタイミングや時間、睡眠環境のポイントが書かれているので参考にしてみてください!
睡眠は心にも身体にも大きな影響を与えます。スッキリと気持ち良く毎日を送るためにも、自分を労るお昼寝タイムを設けてみてはいかがでしょう?

筆子さんのブログ『筆子ジャーナル』には、他にもミニマリスト・節約法といったカテゴリーがエントリーしており、暮らしに役立つヒントが満載です!ブログ全体をリサーチして、気になる情報をチェックしてみてくださいね♪

【参照元】
⇒疲れの取れる昼寝の方法。睡眠不足ぎみの人は試す価値あり | 筆子ジャーナル

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

(2)腰がすごく痛い時の過ごし方4つのポイント

腰がすごく痛い時の過ごし方4つのポイント
利用者さんの身体介助や機能回復訓練のお手伝いなどをする介護の仕事は、腰への負担が大きいと言われています。
そのため、ボディメカニクスを取り入れたり、腰痛ベルトを利用したりして、予防やセルフケアをしている介護士さんは多いことでしょう。
しかし、十分に気をつけていても腰痛に悩まされることはあります。

そこで、ここでは『腰の痛みを軽いうちに楽にする方法』というブログの中にある、《腰がすごく痛い時の過ごし方4つのポイント》という記事に注目してみました!

この記事によると、腰痛がひどいときはまず安静を保つのが何より重要なんだとか。
そのうえで、手の甲にある腰痛のツボを刺激したり、濡れタオルで患部を冷やしたりすると効果的なんだそうです。
また、痛みのピークが過ぎたら、無理をしない程度に日常生活を送るようにするのもポイント!
ただし、このような点を踏まえて経過観察していても、痛みが3ケ月以上続くようなら、別方面からのアプローチも視野に入れるべきだと述べられています。

この記事を執筆したaoisoraさんも実は介護士さん。
だからこそ、腰痛の悩みを身近なものとして捉え、ブログでケア方法やおすすめのグッズを紹介されています。
辛い腰の痛みを抱えている方は、ぜひブログ内をくまなくチェックしてみてはいかがでしょう?
耳寄りな情報が得られるかもしれませんよ。

【参照元】
⇒腰がすごく痛い時の過ごし方4つのポイント | 腰の痛みを軽いうちに楽にする方法

▲目次へ戻る

(3)肉体疲労の回復方法!ビックリするほど効いた方法ベスト6を紹介

肉体疲労の回復方法!ビックリするほど効いた方法ベスト6を紹介
介護職は身体を使ううえに、施設によっては夜勤があるため、疲労が溜まりやすい傾向にあります。
エネルギッシュな若い世代の介護士さんは疲労回復が容易であっても、ベテラン介護士さんの中には「最近疲れが取れない…」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

『デキる男スイッチ』の運営者であるカッシーさんもその一人。
彼の仕事は営業職ですが、20代の頃に比べると疲れが抜けにくくなったと感じ、さまざまな疲労回復の方法を試したそうです。
そして、自分が実践して効果を感じたものを、《肉体疲労の回復方法!ビックリするほど効いた方法ベスト6を紹介》という記事の中でランキング形式にしてまとめられています。

睡眠や、食生活、運動をはじめ、記事の中で挙げられている方法は6種類。
いずれの方法にも、抑えておきたいポイントと実践した感想が添えられています。

カッシーさん曰く、「自分の心身の状態を分かってあげられるのは自分だけ」。
疲れを感じたら早めの対処が肝心です!
上記の記事を参考にして、まずはできることからコツコツと始めてみることをオススメします。

【参照元】
⇒肉体疲労の回復方法!ビックリするほど効いた方法ベスト6を紹介 | デキる男スイッチ

▲目次へ戻る

(4)【腰痛予防】簡単にできる腰まわりのストレッチ

【腰痛予防】簡単にできる腰まわりのストレッチ
兵庫県内で介護福祉施設やシニア賃貸マンションなどを運営している社会福祉法人あかね。同法人が運営するブログ『戦略室blog』には、施設情報や職員研修の様子など、さまざまな内容の記事が掲載されています。

その中で、今回取り上げるのは《【腰痛予防】簡単にできる腰まわりのストレッチ》の記事。
簡単にできるストレッチ法が動画付きで紹介されていますよ。

腰に負担がかかる動作が多い介護士さんの中には、腰痛に悩まされている方も少なくないはず。
そのような方はぜひ、記事で紹介されているストレッチを試してみてはいかがでしょう?
身体を動かすことで、気持ちまでリフレッシュできるかもしれませんよ!
家にいるときはもちろん、休憩時間に仲間と一緒にチャレンジしてみるのも良いですね♪

「ストレッチしたいけど、やり方がイマイチ分からない」という方もぜひ参考にしてみてくださいね!

【参照元】
⇒【腰痛予防】簡単にできる腰まわりのストレッチ | 戦略室blog

▲目次へ戻る

(5)寝起きすぐの腰痛ストレッチ、腰を痛めないための起き上がり方

寝起きすぐの腰痛ストレッチ、腰を痛めないための起き上がり方
パーソナルトレーナーの小林さんが紹介するのは、朝の寝起きの腰痛予防法。
小林さん曰く、なんでも朝イチの体の状態は筋肉が固くなっているため、無理な動作をすると腰椎に負担がかかりやすく痛めてしまうとのことです。
寝起きに急に体を動かすことが腰への負担に繋がるようですが、では起きてすぐどのような行動を取ることが望ましいのでしょうか。

その答えがこちらの記事《腰痛予防!毎朝の寝起きすぐの腰痛ストレッチ、腰を痛めないための起き上がり方》に記載されています。

どうやら「寝起きすぐの腰痛ストレッチ」と「寝起きすぐの立ち上がり方」が重要なようで、記事内には腰痛予防のための動作を画像付きでわかりやすく紹介。
悪い例の画像も添付されているため、今一度、介護士さんご自身の寝起き後の動作を比べてみてはいかがでしょうか。
ひょっとしたら改善できる部分が見つかるかもしれませんよ。

もっと色々な部位の運動法や改善法を知りたい方は、『どこでもfit 大人のためのパーソナルトレーニング』をくまなくチェックしてみてください。
中には「介護予防運動」や「健康豆知識」といった興味深い記事もアップされているので、ぜひ一読して介護現場で役立ててくださいね!

【参照元】
⇒腰痛予防!毎朝の寝起きすぐの腰痛ストレッチ、腰を痛めないための起き上がり方 | どこでもfit 大人のためのパーソナルトレーニング

▲目次へ戻る

(6)腰痛予防の事業所内研修を行いました!〈光音寺デイサービス〉

腰痛予防の事業所内研修を行いました!〈光音寺デイサービス〉
名古屋市内で薬局事業と介護事業を展開している株式会社イズミ。“オンリー1の「いい薬局」「いい介護」を目指す。”をモットーに、サービス提供を行っている会社です。

ブログ『薬局と介護の株式会社イズミ』には、デイサービス施設で行われたレクリエーションの様子やお知らせ情報などが掲載されています。
その中に、腰痛予防に関する記事もありましたよ!

タイトルは《腰痛予防の事業所内研修を行いました!〈光音寺デイサービス〉》
光音寺デイサービスセンターでは、「質の良い介護サービスを提供するには、職員の健康が大切」という考えのもと、定期的に健康に関する研修会を開いているそうで、この腰痛予防研修もその一つです。

ストレッチの仕方や介助する際の正しい姿勢、さらには健康づくりに欠かせない食事の話まで盛りだくさんの研修だったようです。
詳しい内容はぜひ、記事の中でチェックしてみてくださいね。

【参照元】
⇒腰痛予防の事業所内研修を行いました!〈光音寺デイサービス〉 | 薬局と介護の株式会社イズミ

▲目次へ戻る

(7)疲労回復におすすめの飲み物3種を作ってみた【レシピあり】

疲労回復におすすめの飲み物3種を作ってみた【レシピあり】
ブログ『不安の話』には管理人、はなみれいさんご自身の経験をいかして、不安なときの心理状態や対処法などについて記載されています。

その中でも、今回気になった記事がこちらの《疲労回復におすすめの飲み物3種を作ってみた【レシピあり】》
利用者さまの身体介護で体力消耗しがちな介護士さんにピッタリの、手作り疲労回復ドリンクの紹介です♪

記事によると、3種類のどれもが手軽に作れるとのこと。
もちろんレシピもしっかり添付されています。
別バージョンの食材を使ってみるというテクも紹介されていますよ。

さらに、疲労回復に効果的な食材の栄養素の話も織り交ぜてあり大変興味深い記事なので、ぜひ覗いてみてくださいね!
次の出勤時に疲れを持ち越さず回復が見込める手作りドリンク、お試しあれ♪

【参照元】
⇒疲労回復におすすめの飲み物3種を作ってみた【レシピあり】 | 不安の話

(8)腰痛は予防が大事です。

腰痛は予防が大事です
介護歴10年のキャリアを持つ介楽モンさんが運営している『介護を楽しむ為のブログ♪』には、介護をポジティブなマインドで楽しむための秘訣が綴られています。
これから介護士を目指そうという方や笑顔で介護の仕事を頑張りたい方にオススメです。

こちらの《腰痛は予防が大事です。》という記事もその中の1つで、多くの介護士さんを悩ます腰痛の防止策について書かれています。
介護士はもちろん、自宅で親御さんのケアをしている方も、一読しておくと参考になるのではないでしょうか?

介楽モンさんによると、腰は1度悪くすると完治は難しいため、ストレッチや体操、腰痛ベルトの着用といった予防が肝心なんだとか。
身体の中心にある腰を痛めてしまうと、仕事どころか日常生活にも支障がでてしまいます。
忙しさにまかせて自分の健康管理を後回しにしているという方は、ぜひ自分の身体にも気を配ってくださいね!

【参照元】
⇒腰痛は予防が大事です。 | 介護を楽しむ為のブログ♪

完全週休2日の求人を探したい思う方は、きらケアに登録してみませんか?豊富な求人情報を用意していますから、あなたのご希望に合った職場がきっとみつかりますよ。「今の仕事でちゃんと休みが取れていない」などお悩みの方はぜひご相談ください。

きらケアのご紹介

介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴

・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声

私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「その他」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧