認知症患者の介護|症状別よくあるパターン

仕事 2016/08/08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
273_TOP_老夫婦の食事

パターン把握の重要性


認知症の症状は周囲の人に迷惑をかけるものも少なくありません。そのため、つい力ずくで患者を抑え付けてしまう人もいるのではないでしょうか。そのような強引な対応は、その場しのぎにしかなりません。患者に肉体面や精神面において余計な負担を与えることになるのです。その結果、症状が悪化する一方になってしまう可能性もあります。悪化の防止や改善を行うには、症状にあった適切な介護が必要になります。

認知症には個人差がありますし、進行度によっても現れる症状が異なります。そのため介護の方法も、症状のパターンに応じて変えなければなりません。適切な方法を選択しなければ、逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。選択を誤らないようにするには、どのような症状があるのかを把握しておくことが欠かせません。

物忘れと攻撃的な態度


認知症の代表的な症状として、物忘れがあります。少し前のことでも全く覚えていないことがあるのです。正確には忘れたのではなく、そもそも記憶として定着していないことが原因です。覚えていないことを責めたり、注意したりしてはいけません。患者にとっては全く身に覚えがないことであるため、理不尽に感じてしまうからです。自分が話した内容を覚えておらず、何回も同じ話を繰り返すこともあります。その場合は嫌な顔をせずに、根気よく聞いてあげてください。何回も話すということは、本人にとっては重要なことであるといえます。患者の心理を理解する良いチャンスと考えることもできるでしょう。

認知症になると攻撃的になるケースもあります。できていた事ができなくなったり、大切なことを思い出せなくなったりして、苛立ちを感じてしまうのです。このとき大切なのはしっかり話を聞いて、落ち着かせてあげることです。好きな場所に連れて行って、具体的に何に対して腹を立てているのかを聞いてあげましょう。

徘徊と弄便


また徘徊も認知症の主な症状のひとつです。普段いる場所を心地よいと思えなくなり、もっと安らげる場所を求めて彷徨います。患者が一人で出歩くのは危険ですし、探す方にとっても大きな負担になりますよね。そのため部屋に鍵をかけて閉じ込めたり、縛り付けたりしたくなるかもしれません。しかしそのような対応をすると、患者はますます外に行きたいと思うようになるので注意しましょう。徘徊しているのを見つけたら、強引に連れて帰ったり怒ったりしてはいけません。しばらく付き添って歩き、患者が満足した頃合いに、帰ることを提案しましょう。

認知症の症状の中でも、特に対応に困りがちなのは弄便です。自分の排泄物をいじって、壁や床などを汚します。排泄物を排泄物と認識できないことが弄便の原因です。オムツの中の感触に不快感を覚えて、排泄物を手で取り出します。その排泄物をどうしたら良いか分からず、いじくり回したり周囲に擦りつけたりするのです。発見した場合は叱らずに浴室に誘導して洗い流してあげましょう。室内の汚れた場所も綺麗にして消毒してください。予防するには、患者をよく観察して排泄するタイミングを掴むことが重要です。排泄前にトイレに連れて行き、トイレでの排泄を促すのです。


認知症には多くの症状があります。認知症の患者の介護を行うには、症状のパターンと対応方法を把握しておくことが大切です。
きらケアはアフターサポートが充実しています。認知症の患者の対応など仕事で悩んでいることがあれば、丁寧に教えてもらえます。


引用元
「認知症の対応|症状別よくある16パターンの具体的な対処法」、キャリラブ、-https://careerlove.jp/dementia-correspondence-466

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧