【傾眠・傾眠傾向とは】症状や原因、介護士が気を付けること

介護の知識 2021年10月7日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護施設で仕事をしているとよく耳にする言葉、「傾眠(けいみん)」または「傾眠傾向」。介護の現場で使われる傾眠とはいったいどのような症状なのでしょうか。こちらの記事では、傾眠の症状や考えられる原因、介護士さんが気を付けるべきポイント、対策をご紹介します。

目次

「傾眠」とはどのような症状を指すのか

「傾眠」とは、意識障害の程度の一つで、周囲からの軽度の刺激で意識を取り戻す状態のことを指します。また、傾眠傾向のある方には、場所と時間が分からなくなり、直前の記憶がないこともあります。介護現場では広義で使われており、昼夜逆転、浅眠を繰り返すなど、昼間に浅い眠りをしている方も含まれます。 

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

介護の現場での「傾眠」の主な原因

介護の現場で見られる傾眠の主な原因は以下です。

  • 高齢・認知症などによる不眠
  • 脱水症状
  • 薬の副作用 etc…

高齢者・認知症などによる不眠

夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」や、なかなか寝付けない「入眠困難」など、年齢を重ねると睡眠に悩みを抱えがちになります。また、認知症の方は睡眠のリズムがより崩れやすいとも言われているので、介護の現場では傾眠傾向がよく見られます。

脱水症状

高齢者がなりやすい脱水症状で意識が朦朧となり、傾眠状態になる方も。脱水症状は室内にいても起こりえます。身体の水分量が減少している高齢者の方は、脱水症になりやすいので、利用者さまの水分量、排泄量に注意することが必要です。

薬の副作用

安定剤、睡眠薬、薬の副作用によって傾眠状態になる方もいます。あらかじめ医師や看護師から利用者さまの服用している薬の副作用について確認しておき、何か気になることがあれば相談をしましょう。
高齢者の方は、日常の活動による疲れも身体に蓄積しやすい状態です。上記の様々な原因に配慮し、傾眠傾向の強い利用者さまの介助、見守りを行いましょう。

危険な傾眠もある

傾眠傾向が続く場合、様々な原因が考えられますが、病気の症状で傾眠を繰り返されている場合もあります。

  • 風邪や発熱などによる内科的疾患
  • 硬膜下血腫
  • ガン末期 …etc

1日を通して傾眠が多く見られる場合、内科的疾患などの可能性もあります。早めに医師や看護スタッフと情報を共有し対応することが大切です。

傾眠傾向が続くときに介護士が気を付けるべきこと

利用者さまの傾眠傾向が続くような場合は、以下に注意しましょう。

  • 食欲の低下
  • 持病の悪化
  • 誤嚥(ごえん)
  • 車いすからの転落、ズリ落ち …etc

傾眠傾向が続くと、食欲の低下や持病が悪化する場合があります。薬を変えた結果、傾眠が増えて食欲が低下した、というような場合は、医師や看護スタッフと情報を共有して対応しましょう。

食事中には誤嚥(ごえん)の危険性も。傾眠傾向の方は、かまずにうまく飲み込めなかったり、汁物などを口に入れると咳き込まれたりといったことがあるので、食事介助の際は注意が必要です。医師や看護スタッフ、管理栄養士などと相談し、覚醒時の対応・食事形態について検討しましょう。

また、介護施設では椅子や車いすで傾眠している方も多くいらっしゃいます。転落や、ズリ落ちなどの介護事故につながる危険性もあるため、傾眠の見られる方が安全に過ごせるよう配慮しましょう。

傾眠傾向のある方に対する対策

傾眠傾向の方に対して介護士さんはどのような対策をとればよいのでしょうか。

日中に活動できるような機会を設ける

利用者さまが日中できるだけ活動的に過ごせるよう、レクリエーションや外出の機会などを増やしてみましょう。また、傾眠傾向が見られる利用者さまは、日中まめに声かけをすることも大切です。昼夜逆転が原因と考えられるような場合は、生活のリズムを整えるアプローチを心がけましょう。

薬の内容や食事のタイミングの見直し

薬の副作用による傾眠の可能性がある場合は、医師に相談して薬の見直しをしてもらいましょう。また、誤嚥の危険を防ぐため、食事内容や食事の摂り方などの見直しが必要な場合もあります。様々な職種の方の意見を聞いて柔軟に対応しましょう。

水分補給をさせる

午前中の早い時間に水分を摂ると傾眠が和らぐことがあります。また、脱水症状を防ぐためにもこまめな水分補給は効果的です。


高齢者の傾眠・傾眠傾向についてご紹介しました。前述の通り傾眠には様々な原因があります。利用者さまが高齢なこともあり、介護の現場で昼間の傾眠が見られる場合は、生活のリズムが崩れているケースが大半です。まずは、昼夜逆転傾向にないか等、様子を見ながら対応を考えましょう。また、急に傾眠が多く(強く)なった、生活リズムは整っているはずだが傾眠傾向が強いなどの場合は、他の原因も考えられます。医師や看護スタッフなどに相談し、多角的にアプローチする視点を持ちましょう。

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

監修者

  • 篠田 浩行

    介護福祉士/ケアマネージャー

愛知県出身S58.12.28生まれ。老人保健施設、特別養護老人ホームなどで10年以上介護の仕事に関わった後、管理職も経験。現在はこれらの経験を活かし、介護情報ブログの運営や執筆業にも携わる。介護職員や在宅介護者が元気になれるよう、介護・お役立ち情報などを発信中。

関連記事

関連ジャンル: 介護の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護の知識」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧