北海道野付郡別海町の介護求人/転職


この地域の希望通りの求人を紹介してもらう(無料)

北海道の主要エリアから探す

野付郡別海町の介護求人一覧

検索結果 3 件中 1〜3 件を表示
  • 1

グループホームすずらん別海

北海道野付郡別海町

緑豊かな場所にある、笑顔あふれる認知症対応型の施設。協力医療機関との連携も万全です。

  • 別海グループホームすずらんは、別海鶴舞町の住宅街の一角に立地。緑豊かな場所にある認知症対応型の施設です。こちらの施設が開設されたのは2004年12月で、笑顔あふれる施設となるよう努めています。穏やかな家庭のような環境の中で、生活リハビリや機能訓練などを行いながら、できることはなるべくご自分でしてもらい、できないことをさり気なくサポート。役割を分担することで残存機能に働きかけを促しています。また、町立の病院や町役場で運営する老人保健施設など、協力医療機関などどの連携も万全です。訪問介護事業も展開しており、年中無休でサービスを提供しています。

    勤務地北海道野付郡別海町別海鶴舞町6-45
    施設形態老人デイサービスセンター / 訪問介護ステーション / グループホーム
    法人名別海厚生企業組合

    グループホームすずらん別海の詳細はこちら

    地域の高齢者の未来を共に考える、あたたかいサービスが提供されています

    • JA道東あさひ居宅介護支援事業所は、2009年に開設された事業所です。介護支援専門員がご利用者のご自宅を訪問。丁寧なコミュニケーションを取りながら、ご利用者やご家族の今現在の状況を把握し、これからどのように過ごしていきたいかをしっかり聞き取ります。ご利用者の望む未来を共に考え、一人ひとりの状況に合わせた個別の計画を作成。より豊かな在宅生活が送れるよう、心に寄り添ったサポートが提供されている事業所です。職員は、心と心のふれ合うサービスを大切に、地域の高齢者とご家族が安らぎを感じながら過ごせる暮らしを目指し、優しい介護サービスの提供に努めています。

      勤務地北海道野付郡別海町西春別駅前曙町9-3
      施設形態訪問介護ステーション / 老人デイサービスセンター
      法人名道東あさひ農業協同組合

      JA道東あさひ居宅介護支援事業所の詳細はこちら

      ご利用者・ご家族に寄り添い、一人ひとりに合わせた訪問介護を提供!

      • JA中春別訪問介護ステーション「あさひな」は、中春別農業協同組合が運営する訪問介護事業所です。対象としている地域は別海町となっており、7時頃から18時頃まで営業しています。現場ではスタッフがケアプランに沿った介護を行い、身体介護や生活援助を提供。ご利用者のその日の体調や心身状態を考慮しサポートしています。要介護1~要介護5に対応しているこちらの事業所では、ご利用者が持つ身体能力に応じたケアをしていけるよう尽力。ご利用者はもちろんご家族にとっても支えとなる事業所を目指し日々まい進しています。

        勤務地北海道野付郡別海町中春別南町3
        施設形態訪問介護ステーション
        法人名中春別農業協同組合

        JA中春別訪問介護ステーション「あさひな」の詳細はこちら

        検索結果 3 件中 1〜3 件を表示
        • 1
        希望の求人が見つからない そんな時はサポート登録がおすすめ! おすすめの求人をご紹介します

        かんたん1分!会員登録フォーム

        STEP%{ activeIndex } %{ activeTitle }

        • STEP%{ step_num }

        必須ご希望の働き方

        必須ご希望の転職時期

        必須お持ちの資格

        必須氏名(ふりがな)

        必須誕生年

        必須電話番号

        任意メールアドレス

        任意自由記入欄

        北海道のその他の市区町村から探す

        その他の条件から探す

        野付郡別海町は、北海道の東部にある町で、『べつかい』と『べっかい』両方の読みがある。昔から二つの読み方が混在していたためどちらを正しい読み方とするか長らく議論されていましたが2009年に勤めていた町長が双方の読み方を認める宣言をしました。もともとはアイヌ語の川の折れ曲がっているところを意味する『ベッ・カイェ』が町の名前の由来になっているとされています。町域の大部分は丘陵地帯で、北海道と聞いた時にイメージする牧場風景そのままが広がっています。町の東部は別海に面しており、北方領土を見ることができます。早くから開拓されていた沿岸部では漁業が中心ですが、内陸部への入植に伴って畑作農業も盛んに行われるようになりました。

        野付郡別海町には、町民によって選ばれた別海10景と呼ばれる景観スポットがあります。北の海の天橋立と称賛される野付半島は、平筆で海に弧を描いたような形をしており、その砂しは日本最大級とされています。また、江戸時代から明治時代初期にかけて栄えた港町『キラク』が、この野付半島にあったと語り継がれています。町の海岸部にある立ち枯れのトドマツは、海に浸食された姿で自然の摂理を見た人に想起させてくれます。年々浸食が進んでいるため、この光景が有限であることもまた、このトドワラをロマンチックな景観に仕立て上げています。その他、野付半島原生花園やロシアからの渡り鳥を観察できる白鳥台などが別海10景に指定されています。

        キープリストに追加しました。

        キープリストに追加しました。ページ最上部のボタンから確認ができます。