北海道留萌郡小平町の介護求人/転職


この地域の希望通りの求人を紹介してもらう(無料)

北海道の主要エリアから探す

留萌郡小平町の介護求人一覧

検索結果 3 件中 1〜3 件を表示
  • 1

グループホームひだまりの家

北海道留萌郡小平町

ご近所付き合いを盛んにして、地域の方々と「つながり」を構築しています。

  • グループホームひだまりの家では、認知症を患う入居者さまの日常生活をサポートしています。食事や入浴といった場面のお世話はもちろん、入居者さまと地域の方々と「つながり」を保てるようにすることも、こちらのグループホームの役目。交流会などの開催のみならず、昔ながらのご近所付き合いも復活させて地域の方々とコミュニケーションを図っています。また、こちらのグループホームは、型にとらわれないサポートを行っているところも特徴の一つ。その柔軟さが、入居者さまの希望をより多く叶えるための秘訣になっています。

    勤務地北海道留萌郡小平町小平町432-9
    施設形態グループホーム
    法人名株式会社陽光

    特別養護老人ホーム愛生園

    北海道留萌郡小平町

    季節折々のイベントを毎月開催!自立支援を強化したケア・サポートを提供しています

    • 特別養護老人ホーム愛生園は、要介護3以上の認定を受け、在宅での療養が困難になった方が入居しています。長期入所施設の定員は50名ほどで、併設している短期入所施設の定員は10名ほどです。こちらでは、ご入居者が、再度ご自宅にて療養生活を送れるように、自立支援に特化したケア・サポートを提供。週1回医師による診察やいつでも看護師による健康相談などの健康管理や食事・入浴などの日常生活動作のサポートを行っています。また、ご入居者の誕生日会や季節折々のイベントを毎月開催し、ご入居者が楽しみながら快適に暮らせる生活環境を整えています。

      勤務地北海道留萌郡小平町小平町398-20
      施設形態特別養護老人ホーム / 老人短期入所施設
      法人名小平町

      デイサービスセンターおびら

      北海道留萌郡小平町

      町一体がサポートしているデイサービスセンター。脳トレや筋トレに力をいれています。

      • デイサービスセンターおびらは、株式会社萌福祉サービスが小平町から運営を委託されている介護施設です。施設では、在宅生活を送る利用者様の孤立感の解消や心身機能の維持向上など、生活をより豊かにするためのサービスを提供。季節に合ったさまざまな行事やレクリエーション、日課として脳トレや筋トレなどを行い、利用者様の脳の活性化や体力維持・増進を目指しています。また、地域の保健・医療・福祉サービスとの連携を図り、利用者様が安心して利用できるよう、総合的なサービスの提供に努めています。
      • 制服貸与

      勤務地北海道留萌郡小平町398-16
      施設形態老人デイサービスセンター
      法人名株式会社萌福祉サービス

      検索結果 3 件中 1〜3 件を表示
      • 1
      希望の求人が見つからない そんな時はサポート登録がおすすめ! おすすめの求人をご紹介します

      かんたん1分!会員登録フォーム

      STEP%{ activeIndex } %{ activeTitle }

      • STEP%{ step_num }

      必須ご希望の働き方

      必須ご希望の転職時期

      必須お持ちの資格

      必須氏名(ふりがな)

      必須誕生年

      必須電話番号

      任意メールアドレス

      任意自由記入欄

      登録中

      完了ページに移動するまで
      そのままお待ち下さい

      その他の条件から探す

      北海道留萌郡小平町は、北海道の北部日本海側に位置する海沿いの町です。627平方キロメートル程の面積におよそ3,300人が暮らす漁業が盛んな町であり、周囲は留萌市や深川市などをはじめとする5つの市と町に接しています。小平町(おびらちょう)という町名はアイヌ語がその語源となっており、同じく小平と書く地名から東京都小平市(こだいらし)との姉妹都市協定が結ばれています。交通面では鉄道の往来がないことが特筆すべき点であり、町内を通っている国道232号線が稚内市と留萌市へ通じる幹線道路として機能しています。日本海に面していることから冬季の降雪量が多い地域であり、年間を通しても冷涼な気候が特徴です。

      北海道留萌郡小平町は、盛んな漁業を活かした名産品が多数ありオススメです。なかでもタコのくんせいは珍味で、とれたタコ一匹をまるごと燻製にした『一杯タコ』は小平町ならではの名産品といえます。また、ニシン漁の漁師が泊まる小屋として使われていた番屋は、小平町の歴史を語るうえで欠かすことのできない存在です。かつてニシン漁が盛んであった名残を残す国指定重要文化財・旧花田家番屋において『鰊(にしん)番屋まつり』が毎年5月下旬ごろに行われます。鰊番屋まつりでは、番屋の無料開放がなされ水産物直売が行われるほか、『大漁宝引き大会』など、かつてのニシン漁にちなんだゲームも行われるなど楽しいイベントになっています。

      キープリストに追加しました。

      キープリストに追加しました。ページ最上部のボタンから確認ができます。