北海道檜山郡厚沢部町の介護求人/転職


この地域の希望通りの求人を紹介してもらう(無料)

北海道の主要エリアから探す

檜山郡厚沢部町の介護求人一覧

  • 1
  • 1
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
  • 1
  • 1
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
希望の求人が見つからない そんな時はサポート登録がおすすめ! おすすめの求人をご紹介します

かんたん1分!会員登録フォーム

STEP%{ activeIndex } %{ activeTitle }

  • STEP%{ step_num }

必須ご希望の働き方

必須ご希望の転職時期

必須お持ちの資格

必須氏名(ふりがな)

必須誕生年

必須電話番号

任意メールアドレス

任意自由記入欄

北海道のその他の市区町村から探す

その他の条件から探す

北海道檜山郡厚沢部町は、北海道の南西部に位置する人口4,000人余りの小さな町です。厚沢部町は『あっさぶちょう』と読み、アイヌ語が由来とされています。旧松前藩の所領であった厚沢部町は、460平方キロメートル程もある面積の約80パーセントが山林に覆われる自然にあふれた町で、周囲は北斗市、木古内町、江差町など7つの市と町に接しています。主要な産業は農業と林業ですが、高齢化が非常に進行しており若年者の人口が少ないことから、今後の労働力人口不足が懸念されています。交通面では国道227号線が函館市から伸びており、函館市までのアクセスは国道利用で1時間強、札幌市までは約4時間半を要します。

北海道檜山郡厚沢部町は農業や林業が盛んであることから、その名産品を活かしたイベントが行われています。その一つとして、厚沢部町名産のメークインをふんだんに使用した大きさ2メートルにもなる超巨大コロッケが、毎年行われる夏祭りの恒例イベントとして作られています。これが端緒となり、全国各地で巨大コロッケ作りが行われることとなったと言われています。また、厚沢部町内には温泉も湧き出ており、『うずら温泉』『俄虫温泉』などが温泉施設として供用されています。国道227号沿いにある『道の駅あっさぶ』は、林業産品であるヒノキアスナロ材を使って建てられており、ヒノキの良い香りが漂う雰囲気のある佇まいが魅力です

キープリストに追加しました。

キープリストに追加しました。ページ最上部のボタンから確認ができます。