新人ヘルパーさんにおすすめ!介護現場で使われる略語

仕事 2016/09/05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
293_TOP_初心者または新人さん

医療関連の略語


専門性が高まるにつれて、その領域内で使われる言葉も専門性を増していきます。介護の業界もその例に漏れません。介護現場では他の業界の人が聞いても意味のわからない言葉や単語が日々飛び交っている世界ですから、介護未経験者が飛び込んだら戸惑うのは無理もないことです。それでも事前にある程度の知識をつけていることで、心構えをすることはできるはずです。新人介護士さんが現場に入っても困らないために、介護現場でよく使われている略語を紹介しましょう。

介護現場で一番多く使われるのは、医療関連用語でしょう。介護は看護の領域から派生した分野ともいえますから、病院で使われている医療用語がそのまま介護の現場で使われていることも珍しくありません。『コート』といえば、『排便』のことを意味しますし、『プル』、『マグ』、『ラキソ』といった薬の略語も数多くあります。正式名称は、『プルゼニド』、『マグミット』、『ラキソベロン』で、すべて下剤です。また、『GE』はグリセリン浣腸の略語です。

介護の派遣求人を探してもらう


役職名に関する略語


介護業界での役職名も、その多くが略語として定着しています。一番有名なのは『ケアマネ』でしょうか。これは『ケアマネージャー』の略ですが、正式な資格名は『介護支援専門員』です。とはいえ、介護の現場では誰ひとりとしてそう呼ばず、ケアマネと呼ぶのですから不思議なものですよね。

また、『サ責』という略語もあります。こちらも介護業界外の人が聞いたら、なんのことかわからないのではないでしょうか。正式名称は『サービス提供責任者』といい、訪問介護事業所に1名は必置の重要な職業です。仕事内容としてはヘルパーさんの勤務管理や利用者さんのサービス調整。時には自身がヘルパーとして働くこともある、多忙な仕事です。

『PT』・『OT』といった言葉も耳にする機会もあるでしょう。それぞれリハビリ専門職を指す略語ですが、なんだかわかりますか?答えは、『理学療法士』と『作業療法士』です。どちらもリハビリの現場には欠かせない存在であり、老人保健施設ではその姿を良く見かけることでしょう。ちなみに、『言語聴覚士』は『ST』という略語で表されます。

介護施設に関する略語


介護施設に関する略語も覚えておくと良いでしょう。最近耳にする機会が多くなったのが、『サ高住』です。これは『サービス付き高齢者住宅』の略語で、一般的なマンションに介護支援事業所が併設されており、必要なときに介護サービスを受けられるのが特徴です。『有料』は『有料老人ホーム』の略ですし、『老健』は先ほども出てきた、『老人保健施設』の略となります。前者はこれまで施設に入所できない人にとって大きな役割を果たしてきました。後者はリハビリをして自宅に戻ることを目標とした施設で、先に紹介したリハビリ専門職が数多く働いています。

介護施設の略語で一番よく聞くのは『特養』かもしれません。こちらは『特別養護老人ホーム』の略ですが、実はこれ、老人福祉法に基づいた名称なんです。特養のことを介護保険上は『介護老人福祉施設』といいます。略語からは離れてしまいますが、特別養護老人ホームと介護老人福祉施設は同じものを指すことは、覚えておくとよいでしょう。

専門用語は覚えるまでは大変ですが、一度覚えると非常に便利なものです。ぜひこれらの略語を使いこなして、一人前の介護士となってくださいね。



介護業界に興味はあるけど未経験だから不安だ、というあなた。きらケアに登録して、まずは派遣から始めてみませんか?求人案件が数多いだけでなく、就労後のアフターフォローも万全ですから、介護未経験者でも働きやすい環境を実現していますよ。



引用元
「老健や特養の介護の現場で使われる看護師の用語集(略語もわかる!)」、看護ハッピーQOL、-、http://ns-happy-qol.com/nursing-terms-for-nursing-home-care/

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧