いつもとは違うひとときを!介護施設に華やぐ時間を届ける組織

介護のアイデア 2024年4月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、施設訪問やオンラインで利用者さんにワクワク感や癒やしの時間をお届けするサービス・企業を紹介します。

いつもとは違ったレクリエーション・機能訓練を実施したいと考えている介護士さんは、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

「きらケア」は「レバウェル介護」にサービス名を変更しました

「きらケア」は転職だけではなく、介護職の方が働く中での悩みに幅広く寄り添えるサービスになるために「レバウェル介護」として新しく生まれ変わりました。

サービスはこれまでと変わらずすべて無料で簡単にご利用いただけます。一人ひとりに寄り添った転職サポートをこれからも提供していきます。

目次

株式会社ワイズリーアンドスロウ

株式会社ワイズリーアンドスロウは、出張・オンラインでマジックショー・マジック教室を行っています。子どもが喜ぶマジックや、宴会の余興マジック、マジックショーを活用した社内イベント・レクリエーションなど、参加者や状況に応じたマジックで場を盛り上げ、参加者に笑顔を届けている企業です。

見るだけじゃない参加体験型の「高齢者向けマジックショー」

▲マジックショーの様子/画像提供:株式会社ワイズリーアンドスロウ

施設によっては毎日実施するレクリエーション。最近ネタ切れでマンネリ化してきたと悩んでいる介護士さんもいるのではないでしょうか。そのほか、夏祭りや敬老の日、クリスマスなど、特別な日をもっと盛り上げるために、いつもより力を入れてイベントを行いたいという介護士さんもいるでしょう。そうした悩みや要望に応えてくれるのが、同社の「高齢者向けマジックショー」です。

「高齢者向けマジックショー」では、高齢者にも理解しやすいスピードで、わかりやすく笑いが中心のマジックを披露しています。これまでに400件以上のイベント経験があり、その経験を活かした高齢者に寄り添ったマジックショーです。
ステージマジック、テーブルマジックはもちろんのこと、参加者がマジシャンに変身する参加体験型のマジックショー・マジックワークショップも実施。参加型のマジックショーは、ステージに上ってマジシャンを手伝ったり、カンタンな計算や記憶を試される脳の活性化を促すマジックも楽しめます。また、体験型マジックでは、自分の手や頭を使って不思議なマジックに挑戦したり、マジックワークショップでは楽しいマジックを身に付けることができ、参加者はただ観るだけでは味わえない興奮や感動を楽しめるでしょう。

▲マジックワークショップの様子/画像提供:株式会社ワイズリーアンドスロウ

さらに、イベント内で使用したマジックグッズや脳トレグッズは参加者へプレゼントできる仕様もあるとのこと。手や頭を動かす行為は、脳の活性化、身体機能の向上に期待できます。また、マジックを覚えると、それを誰かに見てもらいたいと思う方も少なくないはず。そうして身につけたマジックを人に披露することで、コミュニケーションの活性化にもつながるでしょう。イベントを実施した日だけでなく、その日以降も楽しさや興奮が続くのは嬉しいポイントです。
また、Web会議システムを活用し、オンラインやハイブリット開催にも対応しています。感染症や地方であることを理由に利用を躊躇している方も、一度相談してみてはいかがでしょうか。

なお、同社のマジックサービスは、高齢者だけでなくスタッフのリフレッシュや組織のコミュニケーション機会をつくる目的でも利用されているそう。日々頑張っている介護士さんへの感謝の気持として、利用してみるのも良いかもしれませんね。

詳細情報

高齢者向けマジックショー

介護施設など高齢者施設のイベントのアイデア「参加体験型マジック」事例

Siabloom MAYUZUMI Kanae

ピアノの生演奏やオンライン演奏、対話・トレーニング・レッスンによる健康支援、国際開発実務キャリアをもとにした地球規模課題コンサルティング支援を行っているSiabloom。
代表の黛香苗さんは、ピアノ講師であるお母様より手ほどきを受け、3歳になる前からソルフェージュやピアノ演奏を始めたそうです。現在はプロのピアノパフォーマーとして、日常的に大手レストランでのBGM演奏や結婚式場でのウェディング演奏をしながら、月10回ペースで音楽会を企画・開催する演奏活動も行っています。
また、黛香苗さんは東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻修士課程修了し保健学修士号を取得しています。2018年のフリー転身後からの2年間に月50名以上の方々の健康支援を行う中で、“健康”の捉え方を再考させられる場面に何度も遭遇したのだといいます。そこで、お一人お一人が自分なりに健やかで安らかにいられる良い加減を知った上で生活を送ることができるような寄り添い方をしたい、という気持ちからも、さらに様々な知見と経験を積みながら栄養・運動・休養の多面的なアプローチにより個々の健康をサポートしています。

不定期リピーター多数!「施設演奏・音楽による機能訓練」

デイサービスなどの介護施設で行う機能訓練は、高齢者が長く健康に、自分らしく生活するためにも重要なサービスです。しかし、利用者さんのなかには「体を動かしたくない」「やる気が起きない」と、機能訓練を拒否する方も珍しくありません。
そういうとき、「施設演奏・音楽による機能訓練」を利用して、普段とは違う機能訓練を実施してみてはいかがでしょうか。普段の機能訓練も安心感があって魅力的ですが、たまにはプロの力を借りて新風を吹き込んでみるのも刺激となって良いかもしれませんよ。

「施設演奏・音楽による機能訓練」は、リサイタルを含むピアノ演奏・弾き歌いとともに、嚥下障害予防や滑舌トレーニング、脳トレなどの健康支援も実施する聴衆参加型のコンサートです。機能訓練の要望があれば、全身体操も取り入れているとのこと。音楽に参加するという能動的な刺激を通じたフレイル予防と、音楽を聴くという受動的な刺激を通じた癒やし・クールダウンタイムを組み合わせた、健康と音楽のハイブリットサービスです。

▲画像提供:Siabloom MAYUZUMI Kanae

演奏曲は、利用者さんにとって馴染み深い童謡・唱歌や流行歌・歌謡曲はもとより、幅広いジャンルに対応しています。施設にピアノがなく、電子ピアノや電子キーボードしかない場合でも、その楽器の特性にあわせた選曲による演奏が可能だそうです。また、楽器が全く無い環境には、電子キーボード・スピーカー・マイク等の機材一式持ち込みにより、音楽をお届けする環境づくりから行う演奏もされています。利用した施設からは「皆さん大きな声で楽しく歌ってました」「とても楽しかった、気分が軽くなったとのお声にホッとしております」といった声が届いています。
さらに、訪問演奏だけでなくオンライン演奏も行われているとのこと。施設の環境から訪問演奏は厳しいと感じている施設も、公式サイトで詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

施設演奏・音楽による機能訓練 ((後段「健康サービス」6.))

ブログ(動画有)

各種サービスの受付・お問い合わせ先

福祉アロマスクール・サロン心香

福祉アロマスクール・サロン心香は、福祉アロマ資格・訪問介護アロマ講師歴10年の芳崎欣子さんが運営しているアロマテラピースクールです。アロマテラピーの普及に取り組んでいるNARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)認定のスクールであるため、アロマに関する幅広い知識を安心して学べるでしょう。
また、同スクールはアロマのほかタッチケアの学習も可能です。たとえば「入門・福祉アロマタッチケア講座」は1日講座に対応しており、まずは手軽に基本を学びたいというニーズにマッチしています。

アロマやタッチで心に癒やしを!「法人様・団体様向け講座・訪問ケア」

▲画像提供:福祉アロマスクール・サロン心香

近年、アロマケア・タッチケアは、コミュニケーション機会の創出・不眠対策・認知症対策として注目されています。そのため興味を持っている介護士さんや施設運営者さんもいるのではないでしょうか。そういう方々に知っていただきたいのが、同スクールの「法人様・団体様向け講座・訪問ケア」です。

「法人様・団体様向け講座・訪問ケア」では、福祉アロマ出張講座や、訪問アロマケア、介護アロマレクリエーションなど、アロマケア・タッチケアに関する施設訪問サービスを提供しています。多様なメニューがあり、それぞれ施設の希望にあわせて柔軟に対応してもらえる点が魅力です。
メニューの一つである福祉アロマ出張講座では、施設が希望するテーマでアロマ&タッチケア講座を開催。テーマの例としては「アロマ&セルフタッチケア講座~自分で自分のこころの安定を~」や「アロマの香りで認知症予防・改善」などが挙げられます。介護予防はもちろん、スタッフの健康維持に役立つ内容も扱っているため、スタッフのスキルアップだけでなく、福利厚生の一環として利用してみるのも良いかもしれませんね。

訪問アロマケアは、介護施設や緩和ケア病棟などの施設でアロマケア・タッチケアを行うメニューです。触れ合いや香りを通して安心感・幸福感・自己信頼感を提供するとともに、肌のケアや体のめぐりの促進といった身体面もサポート。定期的に利用している施設からは「利用者の笑顔が増えた」「手指が動かしやすくなった」「関節の動きがスムーズになった」と好評のようです。

介護アロマレクリエーションでは、アロマルームコロン・アロマ石けんといったアロマ用品づくりや、香りを使ったゲーム、利用者同士でのタッチケアなどを提供しています。同メニューを利用することで利用者さんに新鮮さを提供できるほか、介護士さんも準備や進行の負担が減り、時間と心に余裕が持てるでしょう。

利用者さんと介護士さんの双方に良い効果をもたらす同スクールの施設訪問サービス。今後のさらなる広がりが期待されます。

詳細情報

法人様・団体様向け講座・訪問ケア

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連ジャンル: 介護のアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「きらケア」は「レバウェル介護」にサービス名を変更しました

「きらケア」は転職だけではなく、介護職の方が働く中での悩みに幅広く寄り添えるサービスになるために「レバウェル介護」として新しく生まれ変わりました。

サービスはこれまでと変わらずすべて無料で簡単にご利用いただけます。一人ひとりに寄り添った転職サポートをこれからも提供していきます。

※この記事の掲載情報は2024年4月11日時点のものです。制度や法の改定・改正などにより最新の情報ではない可能性があります。

「介護のアイデア」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧