死別の悲しみを癒すためのケアと人材育成に注力【一般社団法人京都グリーフケア協会】

仕事 2019/10/01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

◆はじめに


大切な人の死は、残された親族や友人にグリーフ=悲嘆をもたらします。人間関係が濃密だった頃は地域社会や家族がグリーフのケアにあたってきましたが、地縁血縁社会が崩壊した現代では、力になれる相談相手が見つからないケースも少なくありません。
一般社団法人京都グリーフケア協会は、死別・喪失による悲しみや辛さを抱える方々を支援する団体です。本記事では同団体の試みを、グリーフケアの概要に触れながら紹介します。


◆京都グリーフケア協会とは


まずは、京都グリーフケア協会の理念や事業内容を見ていきましょう。

【理念】


大切な人を亡くして悲嘆にくれる方、あるいは重い病気を患う方とご家族に向け、変化への適応を助け、クオリティオブライフを向上させるためのサポートを行うことをモットーとしています。

【開設までの経緯】


京都グリーフケア協会は上記の理念を形にすべく、開設準備には約3年の時間をかけました。その過程で大切にしてきたのは、協会スタッフがグリーフケアへの意欲を持ち続け、ご遺族に寄り添う環境を整えることです。
心を癒す目的にふさわしい場所を探し続け、2011年より町屋を改装した風情ある施設でグリーフケアに取り組む運びとなりました。

【事業内容】


京都グリーフケア協会では、以下の事業を行っています。

・グリーフケアスクール運営
・グリーフケア専門図書室の運営
・公開講座、セミナー、講義、シンポジウム開催
・研究サポート
・文化交流支援
・アート活動支援

こうした事業を通じて、施設を皆の拠り所としていくことを目指しています。

S1

◆グリーフケアについて


続いては、グリーフケアについて説明します。

【グリーフケアとは】


グリーフケアとは、死の前後に関係なく、本人・家族・遺族による悲しみの発露と共有(グリーフワーク)に寄り添いサポートすること。グリーフに適応するまでの期間は人によって異なることを念頭に置き、個々の状況に応じたケアを行うことが肝要です。

【グリーフケア実施の背景】


グリーフは、家族や友人を亡くした後に経験する身体的・情動的な反応です。身近な人の死に直面して悲嘆にくれるのは通常の反応とはいえ、心の準備ができていなかった遺族のグリーフは本人に深刻な影響を与えると考えられます。
日本においてグリーフケアが広がったのは、大規模な災害や事故が起こり、突発的な死別を経験する方が増えたためです。その際、遺族の心のケアが注目され、死別の悲しみを癒すことへの関心が高まったという背景があります。


【グリーフケアと地域社会】


また、大規模災害や事故だけではなく社会構造や個々人の価値観の変化も、グリーフケアが注目される一因となっています。
人間関係の希薄化を受け、悲嘆者の孤独感はさらに強まる傾向にあります。第三者による意図的なグリーフケアは、今後ますます求められるといえるでしょう。グリーフを抱える方々を地域全体で助けられるよう、京都グリーフケア協会では専門的な知識とスキルを備えた人材の育成に力を入れています。


◆グリーフケアスクール


グリーフについて多角的に学ぶことができるのが、グリーフケアスクールです。同スクールではグリーフケアに携わった経験が豊富な講師を招き、1クラス4~6人の少人数制ゼミを開講。講師の話を聴く講義と、参加型ワークショップの混合カリキュラムになっているのが特色です。


◆グリーフケアセミナー


グリーフケアを真剣に深びたい方向けには、専門のセミナーもあります。スクールのカリキュラムとは内容が異なりますが、こちらも講師の思いが受講生にしっかりと伝わる距離感での開催を大切にしています。


◆一般向けグリーフケアセミナー


京都グリーフケア協会では、死や看取りに関わる専門職以外の方々を対象としたセミナーも開いています。本セミナーの学習目標は、下記の3つです。

・グリーフ理論の基礎を理解する
・遺族を傷つけない関わり方を考える
・自分自身に対するケアの重要性を知る

同セミナーページはこちら
http://www.kyoto-griefcare.or.jp/seminar_ippan/menu-fee.html

S2

◆詳細情報


続いては、グリーフケアについて説明します
最後に、京都グリーフケア協会の詳細を記します。

【設立年月日】
2011年6月1日

【住所】
〒600-8132
京都府京都市下京区下二之宮町420番地

【電話番号】
075-741-7114

【お問い合わせ】
https://www.kyoto-griefcare.or.jp/inquiry/mail_edit.php

【グリーフケアガイドブック】
https://www.kyoto-griefcare.or.jp/application_b/mail_edit.php

--------------------------------------

参考URL


◆はじめに
http://www.kyoto-griefcare.or.jp/greeting/

◆京都グリーフケアの概要
http://www.kyoto-griefcare.or.jp/about_us/enkaku.html

◆グリーフケアについて
http://www.kyoto-griefcare.or.jp/about_grief/

◆グリーフケアスクール
http://www.kyoto-griefcare.or.jp/school_w/

◆一般向けグリーフケアセミナー
http://www.kyoto-griefcare.or.jp/seminar_ippan/

◆詳細情報
http://www.kyoto-griefcare.or.jp/about_us/summary.html


介護・福祉業界のお仕事を知りたい方は、ぜひきらケアをご利用ください。
きらケアは、介護系専門の就職・転職支援サービスです。経験豊富なキャリアアドバイザーが、お一人ひとりをしっかりサポート。転職の不安や働き方の希望なども、お気軽にご相談ください。お仕事先の雰囲気や人間関係など、お一人ではなかなか集めるのが難しい情報もお伝えできます。
「相談だけしてみたい」という方でも構いません。まずは、お気軽にきらケアへご登録ください。
https://job.kiracare.jp/feature/jt1/

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧