「アートをいきいきと生きる力にすること。」を目指して―芸術資源開発機構ARDAの取り組みとは

仕事 2018/02/02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AdobeStock_114244566
お年寄りも含め、1人1人が人間らしく生きていかれる豊かな社会は、どのようにして実現することができるのでしょうか。特定非営利活動法人芸術資源開発機構(以下、ARDA)は、芸術(アート)という資源(チカラ)に注目しました。そこで本記事では、「高齢者施設へアートデリバリー」という取り組みを中心にARDAについて紹介します。

【目次】


芸術資源開発機構―ARDAとは?
「高齢者施設へアートデリバリー」って?
ARDAの基本情報

芸術資源開発機構―ARDAとは?


ARDAが目指す心豊かな社会とは


ARDAでは、アートによって1人1人に潜在する想像力や表現力を引きだし、その力を活用することで豊かな社会の実現を目指しています。

現代に生きる人々が直面する問題は、多岐に渡ります。アートの力を活用することは、そうした諸問題を解決していくための一助となるかもしれません。ARDAは、芸術文化の担い手育成、アーティストとの協同、展覧会・プログラムの企画といったアートを様々な人とつくっていく取り組みを通じて、「アートをいきいきと生きる力にすること。」を具現化しようとしています。

ARDAの概要と活動内容


ARDAは、美術および美術教育に長年従事してきた美術関係者によって設立された団体です。1999年に、「高齢者施設へアートデリバリー」を皮切りとして活動を開始。以降、「子どもふれあいアート」「対話による美術鑑賞」「親子でいっしょにアートデリバリー」など次々と新しい事業を展開してきました。

▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

「高齢者施設へアートデリバリー」って?


ARDAがお届けするアートデリバリーとは


「高齢者施設へアートデリバリー」はその名称からもわかるように、高齢者施設で過ごす方々に向け、アート関連のワークショップを届けることを目的としたプログラムです。アーティストが手がけ介護士さんが参加するワークショップでお年寄りの五感を刺激し、普段は表に現れない個々の能力を引き出します。

介護士さんが参加するメリット


ワークショップの前に、「介護士講座」を開講し介護士さんに同じワークショップを体験してもらいます。本講座で、ワークショップの趣旨を体感し、当日の不安や注意点を確認します。介護士さん達にとっては、いつもは忙しい他のスタッフ達とコミュニケーションを取ったり、自分自身を改めて見つめたりするための場になっているようです。また、ワークショップではお年寄りと共に表現活動を行うことで、介護する・されるという関係から、対等に一人の人間同士として向き合える点もメリットと言えるでしょう。

参加した介護士さんの声


・「普段の活動内容が、どうしても皆ができることを優先して考えるので内容が幼稚になる。プロの講師の指導は違った視点から考えられて良かった」

・「普段トイレに頻繁に行ったり、落ち着きのない方が、90分間1度も席をたたなかったのが印象に残った」

・「仕事が終わった後の講座だったので気が進まなかったが、とても楽しく時間を忘れリラックスできた」

これまでの活動例


・1999年より杉並区を中心として100回以上の実施

・埼玉県内の6高齢者施設にてアートデリバリーを実施(助成:埼玉県シラコバト長寿社会福祉基金、2009年)

・「『高齢者施設へアートデリバリー』―アートによるケアの可能性に関する調査」(助成:ファイザープログラム、2011年)

・国際シンポジウム「アーティストとの関わりは私たちに何をもたらすのか」事例発表(新国立美術館主催、2015年)

アートデリバリーを開催してみませんか?


アートデリバリーは、ご希望の施設で開催することができます。対応可能なジャンルは、造形・からだ・音の3種類。どのようなワークショップを実施したいかご希望を伺い、アーティストとマッチングの上、ワークショップの企画およびコーディネートをいたします。

介護士さんへ「アート・ワークショップ講座」を出張します


職員の方が施設のアクティビティとして実施可能なアートワークショップ講座を行います。なお、アートデリバリーに関するお問い合わせは下記のメールアドレスにお送りください。

ARDA代表・並河恵美子氏宛
namikawa@arda.jp

▲目次へ戻る

ARDAの基本情報


お問い合わせ先


・連絡先
03-3518-9630(電話)
03-6730-1682(FAX)

・Webサイト
http://www.arda.jp/

・フェイスブック
https://www.facebook.com/npoarda

「環境を変えて働きたい」「自分にあった職場を見つけたい」とお考えの介護士さん、ぜひきらケアにご登録ください。豊富な求人の中から、専任のアドバイザーがあなたにベストな職場をご紹介します。面接日程などの条件交渉も、代行可能です。きらケアなら、働きながらでも効率的な転職が叶います。まずはお気軽にご相談ください。
https://job.kiracare.jp/feature/jt1/

---------------------------------------

●参考URL


http://www.arda.jp/about(はじめに、ARDAが目指す心豊かな社会とは)
http://www.arda.jp/about/history(ARDAの概要と活動内容)
http://www.arda.jp/workshop/aged(ARDAがお届けするアートデリバリーとは、介護士さんが参加するメリット、これまでの活動例)
http://www.arda.jp/workshop/voice(参加者の声)
http://www.arda.jp/about/outline(お問い合わせ先)

▲目次へ戻る



きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧