病気や障がいがあってもご希望に沿った旅行を~NPO法人あすも特注旅行班の取り組み~

仕事 2018/01/17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AdobeStock_123688536h2

はじめに


「外出や旅行がしたいけれど、この体では難しい…」
病気や障がいを抱えている方の中には、そんなふうに考えてしまう人もいるでしょう。それでも本当は、「旅行をしたい」「家族と思い出作りをしたい」と思っている人は多いもの。そうした方々の希望を叶え、可能性を広げるお手伝いをしているのが、NPO法人あすも特注旅行班です。本記事では、同法人の取り組み内容や旅行実績について紹介します。

NPO法人あすも特注旅行班の取り組み


あすも特注旅行班とは


NPO法人あすも特注旅行班(以下、あすも特注旅行班)は、介護付き旅行を専門に扱っている団体です。名称にある「あすも」には、「明日も行きたい」あるいは「明日も行けるよ」といった未来への希望がこめられています。福岡市に拠点を置きつつ、病気や障がいにより外出・旅行が困難になった方向けにオーダーメイドの旅を企画しているのが特色です。

個別性の高さが魅力


ガンや脳梗塞の患者さんはもちろんのこと、人工呼吸器・点滴が必要な方にも対応。利用者さんの安全を確保しつつ、個々の望みを叶える自由な旅行を提供しています。パックツアーではない個別性の高い旅の実現を目指しているため、外出の内容も温泉旅行や海外旅行、結婚式、お墓参りなど多種多様です。

万全のバックアップ体制で安心


旅先における病院の確保、バリアフリーの下調べなど、事前リサーチをしっかりと行っています。また、計画作成の段階から医療福祉従事者が関わり、旅行中も理学療法士・看護師といったスタッフによるサポートを実施。食事やおむつ交換などの介助も行います。ご自宅を出るところから帰宅するまで、全行程において利用者さんのバックアップ体制を整えているため、安心して出かけていただけることが特徴です。

プロのスタッフと一緒だからこそ実現できた旅行例


実例1「ご家族で原鶴温泉へ」


福岡市内の老人ホームにお住まいのご夫婦は、妹さんも含め3名で原鶴温泉へ旅行されました。奥さまが要介護5で全般的な介助が必要であるため、お体の負担も考慮して行き先を選択。移動には、介護タクシーを利用しました。

旅館では車椅子でも入室可能な客室を手配し、会席料理も一部キザミ食に。入浴に際しては、貸し切り風呂と浴室用車椅子を準備した上、女性スタッフが2人がかりで介助を行います。さらに、利用者さまには無線型ナースコールをお渡ししておき、何かあった時には介護福祉士が24時間常に対処できるよう配慮しました。

実例2「娘さんの結婚式にご出席」


早良区在住のご夫婦は、娘さんの結婚式に出席することを希望されていました。ご主人さまは入院中で、長年人工透析の治療を受けられています。ほぼベッドの上で生活されていたため、4人体制での介助とリクライニング車椅子の利用が必要でした。

結婚式出席に向け、ご入院先や式場の方々と連携して入念に準備。式中お体の痛みがある時は、あらかじめ用意していた簡易ベッドでお休みいただくなどの対応を行います。当日は挙式と記念撮影に加えて、披露宴にも終盤から参加することができました。

利用者さまの声


・「いい思い出ができました。生きる意欲になります」(実例1)

・「あすもさんがいなければ、参加することはできなかったと思います。もっと、たくさんの人に届けていってくださいね」(実例2)

介護利用料について


介護内容とその度合いにより、1時間あたりの利用料金は異なってきます。例えば、利用者さんが自立可能で見守りと付添いのみの場合は900円、要介護1~2程度で全般的な介助が必要な場合は2,400円、要介護4~5程度で全般的な介助を要する場合は3,000円など(いずれも税抜)。これに、手配料・相談料・安全管理費などが加算されます。
実際の利用料金は、外出・旅行中の介助内容により変動する可能性があります。その他、スタッフの交通費や調査費などがかかります。

ボランティアの募集について


利用者さまをサポートするボランティアを募集!


あすも特注旅行班では、ボランティアスタッフを募集しています。医療・福祉関係の資格は不問。病気や障がいをお持ちの利用者さんが外出・旅行をされる際のサポートを行います。旅行がお好きな介護士さんはもちろん、ボランティアを通じてさらなる介護スキル向上を目指したいとお考えの方は、応募してみてはいかがでしょうか。お問い合わせ先は、以下の通りです。なお、入会・寄付の申し込みや講演依頼においても下記の連絡先が利用できます。

お問い合わせ先


●住所
福岡県福岡市西区姪浜駅南2丁目26-10-506

●営業時間
7:00~21:00(年中無休)

●電話、FAX番号
092-980-1235

●携帯電話番号
090-1925-5409

*******

【参考URL↓】


http://asumo.fukuoka.jp/(全般)
http://asumo.fukuoka.jp/info/haraduru/(実例1)
http://asumo.fukuoka.jp/info/kekkonnshiki/(実例2)

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧