ケア業界でプロフェッショナルを目指す方へ!介護系の資格取得に役立つ学習方法まとめPart2

資格・試験 2017/12/06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AdobeStock_131365318
「これから資格取得を目指したい!」「今度こそ◯◯の資格試験に合格したい!」そんな方のための参考記事第2弾です☆今回も受験成功者の教える勉強法やモチベーションアップのコツがラインナップしています。気になる記事をチェックして、ぜひ資格取得の役に立ててくださいね。


(1)試験会場へのアクセス…思い込みと油断は禁物!


試験会場へのアクセス…思い込みと油断は禁物!
医療や福祉系の資格をはじめ、経理関係、不動産など、多岐にわたる資格を有する美和さんのブログ『30's 資格論』
その中には、受験当日に慌てないためのアドバイスが書かれた《試験会場へのアクセス…思い込みと油断は禁物!》という記事があります。

数々の資格試験をパスしてきた美和さんによると、受験勉強はもちろん大切ですが、集中して試験に臨むためには遅刻は厳禁!
受験票が届いたら以下のポイントを抑えて、アクセスルートを調べておく必要があると述べられています。

・札口から会場最寄の出口までの駅構内のルート
・最寄り駅の出口から受験会場までのルート
・受験会場の正式名称

最近は地図アプリのお陰で迷子になるリスクは減りましたが、受験会場の最寄り駅がさまざまな路線が乗り入れるターミナル駅の場合、最寄りの出口を見つけるのも一苦労。
また、ホテルや大学が受験会場だと、似ている名称の建物と混同したり、建物のある敷地が広すぎて予想外に時間がかかるといったケースもあります。
資格を取得するときは、学習方法や出題される問題の傾向と対策にばかりに目が向きますが、試験を万全の体制で受けるためには健康管理や会場周辺の下調べも欠かせません。
合格を勝ち取るためにも、ぜひ美和さんが教えるポイントを踏まえて、入念に受験対策を講じてくださいね!

【参照元】
http://30shikakuron.com/access.html



(2)社会福祉士の資格を持つ僕がしていた過去問勉強法【過去問対策】


社会福祉士の資格を持つ僕がしていた過去問勉強法【過去問対策】
『足をついてもいいやんか』は、日々の出来事、ロードバイク情報、家庭菜園など、管理人さんが気になるネタを幅広く扱っているブログです。
その中には、今回のテーマにピッタリの記事がありました!
それがこちらの《【国家試験】社会福祉士の資格を持つ僕がしていた過去問勉強法【過去問対策】》という記事。

社会福祉士の資格を有する管理人さんが、効果を感じた過去問題の勉強テクを教えてくれています。
ここで重要視されているのが、「間違いだと思う選択肢の理由をハッキリさせる」ということ。
回答した理由をうやむやにせずに、「なぜそれ以外の選択肢ではないのか?」という点をきちんと把握すれば、より確実な回答ができるということが書かれています。

管理人さんはこの勉強法を取り入れたことにより、1つの問題をただ解いていた頃より何倍も勉強時間を要したそうです。
しかし、その地道な努力の積み重ねがあったからこそ、合格という最終目標に到達できたことが伺えます。
具体的な実践方法を知りたい方は、記事にアクセスして熟読してくださいね!

上記はどの資格にも使える方法なので、資格の種類を問わずおすすめです。
正解・不正解の理由を頭にインプットする中で得た知識は、現場で活躍するときにも大いに役立つことでしょう。

【参照元】
http://ichigoyoukan.hatenablog.com/entry/2017/09/16/073237



(3)福祉住環境コーディネーター2級の難易度や独学での勉強法のコツ


福祉住環境コーディネーター2級の難易度や独学での勉強法のコツ
高齢者や障がいを持つ方が心地よく過ごせる住まいづくりを提案する福祉住環境コーディネーターは、今注目されている資格の1つ。
実務経験を問わずに受験できるので、比較的チャレンジしやすい介護系の資格です。
とはいえ、その難易度は決して低いものではなく、取得した資格を実務経験に活かすためには2級に合格する必要があるとのこと。

ブログ『節約の教科書』の運営者さんもテキストを読み込み、過去問題を繰り返しながら時間の許す限り試験勉強に打ち込みました。
そのときのことが記されているのがこちらの記事《福祉住環境コーディネーター2級の難易度や独学での勉強法のコツ》
ここには、受験の動機と併せて、自身が行った勉強方法が綴られています。

記事によると福祉施設で働く筆者は、キャリアアップを図るための一環として福祉住環境コーディネーターの受験を決意。
3級ではなく、いきなり2級の受験にチャレンジし、独学で見事ストレートで合格を果たしたそうです。
詳しい内容が気になる方は、ぜひ上記の記事をチェックしてみてくださいね!
受験勉強のコツとともに、福祉住環境コーディネーターという資格の魅力も知ることもできますよ。

【参照元】
https://minsetu.com/福祉往環境コーディネーター2級/



(4)子育てとの両立で受験するから合格しやすくなるという発想の転換


子育てとの両立で受験するから合格しやすくなるという発想の転換
資格取得を目指している方の中には、子育て世代の方も多いと思います。
仕事をして、子育てもして、そのうえ受験勉強をするのは容易なことではありません。
ときには両立が難しくて、心が折れそうになることもあるでしょう。

しかしその反面、逆境に背中を押されたという方もいるようで、『社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」』というサイトの中には、家族の存在が励みになり、資格取得に対するモチベーションが上がったという声をまとめた記事《子育てとの両立で受験するから合格しやすくなるという発想の転換。》が掲載されています。

家庭を持つと独身時代に比べて勉強時間の確保は厳しくなりますが、パートナーや子どもの理解が得られると、逆に大きなパワーにつながるようですよ。
「仕事も子育てもあるから、資格取得は無理かも…」という悩みを抱えている方は、ぜひ一読してみてはいかがでしょうか?
やる気や勇気がもらえるかもしれませんよ。

【参照元】
http://www.zettaigoukaku.com/entry/2016/12/03/063000



(5)資格勉強の仕方!独学で絶対くじけない為の7つの手順


資格勉強の仕方!独学で絶対くじけない為の7つの手順
介護系の仕事に従事している方の中には、認知症介助士や手話技能検定のような民間資格を独学で取得し、スキルアップを図りたいと思っている方もいるかもしれませんね。
そんな方におすすめなのが、《資格勉強の仕方!独学で絶対くじけない為の7つの手順》の記事です。

こちらの記事を執筆したのは、『資格は独学で!働く主婦のここだけ勉強法』の管理人であるひちさん。
働きながら子育てをし、さまざまな資格を取得してきた彼女が、独学で試験に合格するためのコツを教えてくれています。

そのコツの1つとして、「どうしてその資格を取得したいのか?」について考えることが大切と語るひちさん。
途中で挫折しないためにも、明確な目標を理解しておくことは大切なのかもしれませんね!

この記事には、スクールや通信教育で勉強している方にとってもためになる内容が綴られています。
民間資格だけでなく、国家資格の勉強をされている方もぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

【参照元】
https://sikakusyufu.info/post-1705/



(6)過去問の解き方&ノートの作り方


過去問の解き方&ノートの作り方
『STナビ』は、医療、福祉、リハビリテーションなどに関する記事が満載のサイト。
医療や介護の現場で活躍している執筆者たちが自身の経験や知識に基づき、さまざまな疾患や障がいについて言及したり、専門資格の取得に役立つ情報を発信したりしているのが特徴です。

たとえばこちらの記事、《過去問の解き方&ノートの作り方》もその中の1つで、知識が身につきやすくなる学習方法が紹介されています。
こちらの記事に書かれているのは、過去問題を使いオリジナルのノートを作る勉強方法で、下記の6つのポイントがまとめられています。

・ノートは余白を多めに取る
・ノートの4分の1は書き込み用や付箋のスペースとして空けておく
・過去問題集の解説は読み込まない
・問題集は過去3年間分を解く
・似たような問題でもノートへの解説作りを怠らない
・参考書は最低2冊は読む

過去問題による受験対策は王道ともいえる方法ですが、「正解の選択肢だけを探す」というやり方をしてしまうと、知識として身につきにくいとのこと。
そのため、知識を得るためには「これがなぜ正解(間違い)なのか」ということを説明できるようになる必要があるそうです。
勉強の仕方がわからない方や勉強しても内容がなかなか頭に入らないという方は、ぜひ参考にしてみるとよいのではないでしょうか。

【参照元】
http://stnavi.info/study/post-63/



(7)資格試験勉強に学歴は関係ない!正しい勉強方法で誰でも合格可能


資格試験勉強に学歴は関係ない!正しい勉強方法で誰でも合格可能
「勉強が苦手だから、介護系の資格取得は高いハードルに思える」という方は、《資格試験勉強に学歴は関係ない!?正しい勉強方法で、誰でも合格できます!》という記事に注目してみてください。
社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の資格を持つカイゴマンさんが、自身の経験をもとに、おすすめの勉強方法について語ってくれています。

カイゴマンさんは資格取得の勉強をはじめた当初、テキストを読み、まとめノート作ったり、過去問題を問いたりしていたそうですが、在宅模試の結果は振るわなかったそうです。
ところが、エビングハウスの忘却曲線に基づいた一問一答の問題集で勉強をしてみたところ、正解率が上がり、見事社会福祉士国家試験に合格したとのこと。
自分に合った勉強方法を知り、それを実践することが重要だと記事の中で述べられています。

また、カイゴマンさんが運営している『三福祉士国家試験受験応援ブログ』には、この他にもアプリを使った勉強方法や模擬試験、試験当日の必須アイテムなど、耳寄りな情報が書かれています。
勉強方法はもちろんのこと、ぜひその他の記事も併せてチェックしてみてくださいね!

【参照元】
http://blog.livedoor.jp/kaigo0805/archives/3940392.html



(8)認知症介助士を取得した【資格マニアの試験勉強法】


認知症介助士を取得した【資格マニアの試験勉強法】
ブログ『脱SEして文筆家になった人』の管理人である四ツ葉真生さんは、資格マニアとしてこれまでに数々の資格を取得してきました。
民間資格や公的資格はもちろん、相当な勉強量を要する国家試験も数多くクリアされています。
実は四ツ葉さん、介護系の資格もお持ちなんですよ!
資格名は「認知症介助士」。

こちらの《【合格体験記】認知症介助士を取得した【資格マニアの試験勉強法】》の記事には、そのときの勉強法や受験をしたときの様子などについて詳しく書かれています。
四ツ葉さんは、テキストは購入せず、問題集のみで試験対策を行ったとのこと。
そして見事、一発合格を果たしたそうです。

認知症介助士の資格について四葉さんは、高齢化社会で生きるうえで備えておくべきリテラシーであるといった旨の感想を述べています。
介護士のプラスアルファのスキルとしてはもちろん、介護職を希望する学生さんにもおすすめの資格といえるかもしれませんね!
なお、試験はペーパー試験かCBTのどちらかを選択できるようになっているそうなので、自分に合うスタイルを選択してみてはいかがでしょうか?

【参照元】
http://yotsumao.hatenablog.com/entry/2017/05/25/【合格体験記】認知症介助士を取得した【資格マ



(9)日々の勉強方法。30分を続けていこう。


日々の勉強方法。30分を続けていこう。
「資格を取りたいけど、仕事をしながらだと勉強する余裕がない!」という介護士さんはいませんか?
難しい試験を受けようとすればするほど、勉強時間の確保は大きな課題になりますよね。

その課題をクリアしたい方に読んでもらいたいのが《日々の勉強方法。30分を続けていこう。》の記事です。
『うさぎとカメ』の管理人で、こちらの記事の筆者でもあるちひろさんは、理学療法士として活躍している人物。
以前は、介護従事者として活躍していたこともあったそうですよ。

ちひろさんは20代のときに社会福祉士の試験を2回受けたのだそう。
1度目は週末のみの勉強で不合格となりましたが、2回目は週末に加え、平日も毎日少しずつ勉強して合格をしました。
彼女は自身の体験から、「毎日の積み重ねが大切」と実感。
30代になった今も、新しい目標に向かって日々努力されているとのことです。

まとまった時間を作るのは難しくても、スキマ時間を有効活用することは今すぐにでもできるはず。
試験合格に向けて、まずは空き時間を見つけてみるところからはじめてみませんか?

【参照元】
http://www.chihirokouguchi.com/entry/study



(10)独学で意識すべき5つのこと


独学で意識すべき5つのこと
「コストを抑えて資格を取得したい!」という考えを持つ方の多くは、独学という選択肢を選んでいることでしょう。
しかし、スクールや通信教育を受けている方に比べると、合格への道は厳しいもの。
なぜなら、独学は「高い授業料を払っている」という危機感がなく、いつ辞めても構わないという自己責任の状況にあるからです。
とはいえ、せっかく目標を掲げて勉強をスタートするのであれば、合格という対価を手にしたいはず。
そこでここでは、数々の資格を独学で取得したkatekyonetさんが綴った《独学で意識すべき5つのこと》を紹介したいと思います。

katekyonetさんによると、独学で資格を取得するためには以下のようなポイントがあるとのこと。

・1つの分野を完璧にしてから先に進む必要はない
・分からないところは飛ばす
・多くのテキスト・問題集に手を広げ過ぎない
・「忙しい」を言い訳にしない
・適度な遊びを取り入れる

記事にはこれらのポイントがなぜ重要なのかに触れ、効率良く勉強をするためのアドバイスをしてくれています。
また、上記以外にも、katekyonetさんが運営する『資格キラーのブログ』には、受験体験記や学習に役立つ情報が数多くエントリーしていますよ。
katekyonetさんの経験に基づいた記事はどれもリアリティがあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

【参照元】
http://blog.katekyonet.com/?eid=127

関連ジャンル: 資格・試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「資格・試験」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧