介護のストレスも軽減!高齢者の思いを汲んだ製品を提供する組織

介護のアイデア 2023年2月9日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護スタッフと利用者の双方が快適に施設生活を送るには、どのような工夫をすれば良いのでしょうか。ここでは手軽に活用しながら、認知症予防や介護士・利用者のストレスを軽減するための製品開発に取り組む企業・団体に焦点を当ててみました。

「きらケア」は「レバウェル介護」にサービス名を変更しました

「きらケア」は転職だけではなく、介護職の方が働く中での悩みに幅広く寄り添えるサービスになるために「レバウェル介護」として新しく生まれ変わりました。

サービスはこれまでと変わらずすべて無料で簡単にご利用いただけます。一人ひとりに寄り添った転職サポートをこれからも提供していきます。

目次

Nagasaka IoT solutions

Nagasaka IoT solutionsは長野県長野市を拠点に、小型カメラ、Wi-Fi無線内蔵LED照明をはじめとするIoT関連機器の開発・販売およびIoTコンサルティング事業を展開しています。クライアントやユーザーのニーズに耳を傾けながら、新ビジネス創造のヒントとなるIoTシステムを開発。製品・サービスを通して、社会の進歩発展に寄与しています。

小型カメラ、Wi-Fi無線内蔵LED照明システム「ⓇioTerrace」

▲画像提供:Nagasaka IoT solutions

「ⓇioTerrace(イオテラス)」は、天井等に設置し、室内の様子を動画で記録する高精細カメラ・Wi-Fi無線機能付きのLED照明器具です。200万画素(フルHD)の高精細画像により、明るい場所でも暗い場所でもしっかり撮影するため、夜間もクリアな動画画像で施設内をモニタリングすることができます。

なお、動画は、普段業務で使っているパソコンやハードディスクに保存することが可能です。不審者の侵入だけでなく、利用者の事故・トラブル調査におけるヒアリング資料としても活用できます。

「ⓇioTerrace」導入のメリット

見守り・防犯カメラは、利用者とその家族が安心して過ごすための重要な役割を果たします。その一方で、カメラで撮影されることは、施設内で生活を営む利用者にとって「常に監視されている」とストレスに感じることも。同製品は、一般的な蛍光灯と同じ見た目でカメラ部分が目立たないので、見られている・撮影されているという違和感がなく過ごせます。

▲画像提供:Nagasaka IoT solutions

さらに特筆すべきは、既存の蛍光灯器具にも設置できる点です。配線工事や増設工事といった大掛かりな工事は必要なく、コストパフォーマンスにも優れています。施設内を明るく点灯しながら、防犯と見守りを実現する同商品。気になる介護士さんは、公式サイトで詳細をチェックしてみてはいかがでしょう。
※LED照明器具には工事無しで設置できますが、既存の蛍光灯器具に関しては安全のため、内部安定器の結線を外す簡単な工事が必要です。

詳細情報

ⓇioTerrace(イオテラス)

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

トレンドマスター株式会社

高齢者向けコミュニケーションロボットの開発・販売、ケア用品の企画・製造などを手掛けるトレンドマスター株式会社。コミュニケーションロボット「こんにちは赤ちゃん」や見守りカメラ「ぴよかめ」、離床センサー「e伝之助くん®」といったさまざまな高齢者用アイテムをラインナップしています。「家族の幸せ創造」をミッションに掲げ、子どもから高齢者まですべての人々が心豊かに暮らすためのものづくりに邁進する企業です。

かわいい鳴き声で利用者を癒す「なでなでねこちゃんDX2」

▲画像提供:トレンドマスター株式会社

自宅での生活と違い、施設では利用者の安全や過ごしやすさを確保すべく、さまざまなルールが設けられています。例えば、ペットの立ち入り・飼育を禁止しているという施設も多いのではないでしょうか。しかし、動物が好きな利用者や自宅でペットを飼っていたという利用者にとって、動物とふれあえないことはストレスにつながります。そんな利用者へ癒しのひとときを与えるのが「なでなでねこちゃんDX2」です。

同製品は、猫を飼えない人のために猫の代理として開発された猫型コミュニケーションロボット。常時スイッチを入れておくことで、撫でるたびにかわいく鳴きます。また、ただ鳴くわけではありません。同製品はスマホのパネルに活用されている静電センサーを、頭・あご・背中・尻尾の4ヶ所に内蔵。これにより、あごを撫でると「ごろごろ」と鳴いたり、頭を触ると「にゃ~ぉ」と鳴いたり、「撫でる」と「触る」の違いや場所を感知して鳴き声を変えます。

「なでなでねこちゃんDX2」がもたらす効果

近年、多くの介護施設で取り入れられているアニマルセラピー。実は、ぬいぐるみでもアニマルセラピーと同様の効果を期待できることをご存知でしょうか。

▲画像提供:トレンドマスター株式会社

アニマルセラピーは、利用者や介護スタッフにリラックス効果だけでなく、意欲の向上、認知症の症状緩和など、心身に良い効果を与えます。しかし、動物アレルギーや動物恐怖症など、さまざまな観点からアニマルセラピーの実施を断念する施設が多いのが現状です。同製品は、動物の好き・嫌い、アレルギーに関係なく、誰でも触れることができます。撫でたり抱っこしたりしながら、ストレスを軽減できるでしょう。

詳細情報

なでなでねこちゃんDX2

小林製薬株式会社

小林製薬株式会社は、「ケシミン」シリーズをはじめ、「消臭元」や「ブルーレットおくだけ」といった医薬品、芳香剤、衛生雑貨品、栄養補助食品などの製造販売を行う企業です。メディアでおなじみ「あったらいいなをカタチにする」というスローガンのもと、日々進化するユーザーのニーズや消費動向に常にアンテナを張り、キャッチアップする風土が根付いている同社。ユーザーも気づいていない必要なものを発見し、いち早くカタチにします。

香りによる認知機能スクリーニングキット「ニンテスト」

▲画像提供:小林製薬株式会社

「ニンテスト」は、認知機能の低下を早期発見するためのスクリーニングキットです。一般的に認知症患者の初期症状として、比較的早い段階で嗅覚障害が現れると知られています。同社はこのことに着目し、さまざまな種類の香りで臨床試験を実施。試験結果を踏まえ、6種類の香りで軽度認知障害をスクリーニングする同製品を開発しました。同製品は、各香料液の香りを対象者に嗅いでもらい、回答から算出した点数をもとに認知機能レベルを判定。たとえば、9〜10点だと認知機能レベル良好、5〜8点は低下傾向、4点以下の場合は懸念ありという評価になります。

進行を抑えるためにも、早期発見・早期予防が重要と言われている認知症。同製品は、早期発見のきっかけ・気づきを作るためのツールとして活用できます。また、認知症の進行予防は、介護士さんの負担を軽減させることにもつながるでしょう。

簡単・手軽に認知機能チェック

▲画像提供:小林製薬株式会社

同製品の特長は、使いやすさにあります。試験者は、専用評価カップに香料を噴射するだけ。対象者がカップを嗅ぎ、嗅いだ香りを選択するという3ステップで評価できます。さらに、5分ほどでテスト・判定ができるので、対象者である施設利用者に負担をかけません。

なお、同製品は医薬品ではないため、施設でも安心して使用できます。認知機能スクリーニングを健康チェックの一つとして取り入れたいと考える介護士さんにとって、見逃せない製品となるでしょう。

詳細情報

ニンテスト

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連ジャンル: 介護のアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「きらケア」は「レバウェル介護」にサービス名を変更しました

「きらケア」は転職だけではなく、介護職の方が働く中での悩みに幅広く寄り添えるサービスになるために「レバウェル介護」として新しく生まれ変わりました。

サービスはこれまでと変わらずすべて無料で簡単にご利用いただけます。一人ひとりに寄り添った転職サポートをこれからも提供していきます。

※この記事の掲載情報は2023年2月9日時点のものです。制度や法の改定・改正などにより最新の情報ではない可能性があります。

「介護のアイデア」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧