介護士さんの作業効率化&スキル向上を叶える企業

介護のアイデア 2022年9月7日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

施設の利用者に質の高い介護・快適な介護を提供するためには、介護士さんの作業環境を整えたりスキルを磨くことが重要です。ここでは、作業効率化が期待できる便利アイテムを販売する企業とスキルアップに役立つ教材やセミナーを提供する企業をピックアップ。より良い介護の実践を目指す介護士さんは、参考にしてみてください。

目次

株式会社カウネット

株式会社カウネットは、オフィス用品の通信販売サービス「カウネット」および一括購買システム「ウィズカウネット」をはじめ、間接材一括購買システム「べんりねっと」や日用品・雑貨ショッピングサイト「カウモール」などのサイトを運営する企業です。業務に欠かせない事務用品やオフィス家具から普段遣いにおすすめの文具・日用品まで、豊富な品揃えを誇っています。

また、サイト内では同社が独自開発したオリジナル商品「カウコレ」シリーズを販売。ユーザーの声に社員のアイデアをプラスしながら、ユーザーが抱える困りごとや課題を解決に導くための商品開発に注力しています。

ゴミポケット付きウエストポーチ

▲画像提供:株式会社カウネット

作業中ゴミが出ても近くにゴミ箱がない場合、仕方なくユニフォームのポケットや作業用ポーチに入れているという介護士さんは多いのではないでしょうか。ポケットにゴミを入れると衛生面で気になったり、誤ってそのまま洗濯してしまったりすることも。そんな介護士さんの困ったを解決するのが、「ゴミポケット付きウエストポーチ」です。

同製品は、ビニール袋をセッティングできる大ポケットをはじめ、ペンやメモ帳などの小物類を入れられる2段オープンポケット、携帯用消毒液ボトルの収納にぴったりのポケットなどが備わっており、業務に必要なものをひとまとめにして携帯できます。

▲画像提供:株式会社カウネット

衛生を保ちながら作業効率アップ

同製品の特徴は、大ポケットの内側にポリ袋をセットするだけでポーチを簡易ゴミ入れとして活用できることです。ポーチにゴミを入れて持ち歩けるため、その都度ゴミを捨てに行く手間が省けて時間短縮につながります。また、作業終わりにポリ袋ごと捨てられるので衛生面でも安心です。

なお、ポーチのサイドには鍵などを装着できるDカンも付いています。バッグの中で分からなくなりがちな鍵もすぐに取り出せるので、訪問介護などで車を使う機会が多い介護士さんのストレスも軽減できるでしょう。

詳細情報

ゴミポケット付きウエストポーチ

株式会社京都科学

株式会社京都科学は、標本模型事業を手掛ける企業として1948年に設立されました。現在は、模型・標本の製造販売に加え、医学・看護・介護教育実習モデルおよび医療画像用ファントムの開発、製造販売事業を展開しています。

設立以来、長きにわたり医学・看護教育教材のパイオニアとして、日本の医療に貢献する同社。「ものづくりで教育に感動を」をモットーに、シミュレータや実習モデル分野を通して、医療・介護従事者と学生の学びを支えています。

介護実習モデル 「ケイコ」

▲画像提供:株式会社京都科学

同社が提供する介護実習モデル「ケイコ」は、介護を受ける高齢者のケアを習得できる全身型トレーニングモデル。独立して座位をとったり、かつらの取り外しや性器交換で高齢者の性別を設定したりとリアルな介護実習を行えます。
介護系の学校ではもちろん、利用者のケアやシフトの関係でスタッフ同士練習台になる場合が難しい介護施設でも役立ちます。

また、介護だけでなく医療的ケアの実習を行えるのも同製品の特徴。模擬痰での口腔内吸引の実習をしたり、経管栄養の手順を確認したりと高度かつ応用的な介護スキルを習得できます。

介護実習モデル 「ケイコ」でできる実習

▲画像提供:株式会社京都科学

同製品は、ストーマケアやCVポート留置時ケアなどの医療処置を受ける高齢者のケアから、口腔ケア、陰部洗浄、褥瘡ケアといった日常生活介助まで、幅広い実習が可能です。そのため、自身が持つ技術・知識を確認しながら、さらなるスキルアップを目指すことができます。また、実践経験が浅い新人介護士さんは、気を使うことなく安心して介護技術を学べるのもポイントです。利用者へのケアに不安がある方は、何度も繰り返してトレーニングを行うことで自信を持って業務に取り組めるでしょう。

1体であらゆる介護技術を習得できる同製品。興味のある方は、公式サイトにアクセスしてみてください。

詳細情報

介護実習モデル  ケイコ

株式会社歩っとけあplus

▲画像提供:株式会社歩っとけあplus

株式会社歩っとけあplusは、介護施設・個人宅向けのフットケア出張サービスやフットケアサロンの運営といった事業を展開するフットケアに特化した企業です。

高齢者が歩けなくなる原因の多くに転倒があげられます。その要因は、骨折や筋力低下だけでなく、足のケアが十分にできていないことも。足は体を支える大切な基盤です。爪が分厚かったり、タコやウオノメといったトラブルがあると足に力を込めることができません。足に力が入らないとバランスが取れず、不安定になります。足や爪のケアをすることで、足の機能が改善され転倒防止につながります。

同社は、様々な足の問題に悩む高齢者一人ひとりに耳を傾けながら、個々に合わせた安心・安全なサービスを提供。「年齢を重ねても自分の足でしっかり歩きたい」「いつまでも元気に過ごしたい」という高齢者の思いに寄り添っています。

高齢者向け出張フットケア

フットケア出張サービスでは、高齢者を対象に足と爪のケア、足の冷え・むくみを緩和するフットトリートメントといった施術を提供しています。出張対象となるのは、高齢者施設および高齢者が居住する個人宅。施術にあたって、その方が出来るだけ快適な状態でケアを受けられるように、徹底したカウンセリングを行っています。

さらに、足浴や保湿トリートメントも施術の一環として行うのも見逃せないポイント。豊富な経験と実力を持つ同社独自の歩っとけあ認定セラピストが、足・爪のケアとフットトリートメントを組み合わせたトータルフットケアを実践します。

高齢者向けフットケアセミナー

▲画像提供:株式会社歩っとけあplus

同社では、フットケア未経験者や介護従事者向けに足浴方法や足の洗い方、保湿トリートメントのセミナー、正しい爪の切り方のセミナー等を定期的に開催しています。
フットケアのノウハウや即実践で活かせる内容が学べるので、介護資格にプラスアルファのスキルを身に付けたい介護士さんにマッチします。

また、基本的なフットケアスキルを有する方を対象に、実践セミナーも受付中です。こちらのセミナーの特徴は、実際に施設の利用者を足モデルにフットケアを実践できること。利用者の足をモデルにすることで、高齢者が抱えるさまざまな足トラブルをリアルに実感できます。
いずれのセミナーも、長年実績を積んだ経験豊富なインストラクターが、マンツーマンもしくは少人数制でわかりやすく丁寧にレクチャーするのも特筆すべき点です。
セミナーの日程は、お問合せください。

詳細情報

高齢者向け出張フットケア・フットケアセミナー

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連ジャンル: 介護のアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護のアイデア」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧