健康と認知症予防のための朗読を【有限会社げんごろう(言語朗)】

仕事 2020/03/17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

◆はじめに


有限会社げんごろう(言語朗)は、言語に関するプログラムの制作や企画、教材作成などを手がける企業です。本記事では、指導者育成・研究活動を行う関連NPO法人とともに、同社の事業内容を紹介します。

\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
求人を紹介してもらう(無料)

◆有限会社げんごろう(言語朗)とは


有限会社げんごろう(言語朗)は、健康朗読や朗読教室など、言葉に関わる事業を行う企業です。社名にある「げんごろう」は、「言語」「朗読」を組み合わせた造語。日本で唯一、言葉と朗読をテーマとした専門誌を発刊しています。

2014年には、新事業として、「健康朗読」と「認知症予防朗読プログラム」を開始しました。また、NPO法人声とことばの力を設立し、活き活きと声を出して生きる「声出し活き生きプロジェクト」の普及にも注力しています。

◆有限会社げんごろう(言語朗)の事業内容


続いて、各事業の詳細を見ていきます。

【認知症予防朗読プログラム】


認知症講座写真3
自治体や法人、団体に認知症予防朗読プログラムを提供しています。声と言葉の両方を鍛え、健康寿命を伸ばすのが同プログラムの狙い。(地方独立行政法人)東京都健康長寿医療センター研究所と共同で開発しました。平成26年の実証実験では、次の4点における有効性が確認されました。

・言語機能の向上
・記憶機能の向上
・肺活量の向上
・精神的健康の向上

現在同プログラムは、自治体主導の介護予防普及啓発事業やフレイル予防事業、法人・団体が主催する健康教室に導入されています。

【健康朗読指導士の養成講座】


認知症予防朗読プログラム普及および人材育成の目的で、専門の指導者「健康朗読指導士」を養成する講座を設けています。研修内容は、以下の通りです。

・入門コース


声と言葉が健康・認知症予防とどのように関わっているか、加齢に伴う声と言葉の変化について学びます。

・アシスタントコース


健康的に発声するための基礎トレーニング、滑舌の訓練などを習得します。本コース修了により、アシスタント資格取得が可能に。講師やインストラクターを補助します。

・インストラクターコース


入門・アシスタント両コースを修了後、希望する方は実地研修が受けられます。研修後は認定試験に合格することで、健康朗読指導士免許が取得可能に。免許取得後は、講座で講師の補助をしたり、自主活動グループや高齢者施設で指導を担当したりします。

・講師養成コース


インストラクターが講師を目指す場合は、本コースを受講。講師免許取得後は、自身の教室の運営・開催が許可されます。また、月に1度の技術指導講座に出席し、スキルの維持と向上に努めます。

【朗読アンサンブルれもんの会教室】


朗読アンサンブルれもんの会は、舞台公演を目指す教室です。作品は、すべて独自の台本を使用。創立以来、30年以上活動を続けてきました。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の各教室で、生徒さんを募集中です。

【公演企画・制作】


民話・伝説・史話を地域の無形文化財と位置づけ、その魅力を語りで発信する「東京フォークロア・プロジェクト」に取り組んでいます。
暑い夏、お寺の本堂でその土地ゆかりの民話と怪談を聞く「お寺で怪談の夕べ」は人気企画。毎年JTBやはとバス等の観光ツアーとして上演されています。

【教材制作・著作権管理】


・健康朗読教材
健康と認知症予防のために、『思い出す劇場』というテキストを作成しました。これは、誰もが知る昔話を題材にしたオリジナル教材です。回想法を取り入れ、参加者間のコミュニケーションを促しながら言語機能向上を図るのが特色。健康朗読教室、介護予防普及啓発事業はもちろん、高齢者施設でのレクリエーションにも利用されています。

口腔・言語ケア用の教材には、『パタカラ早口ことば』があります。裏と表でそれぞれ異なる文が印刷されており、用途に応じて使い分けられるのがメリット。こちらも各事業・施設での活用されています。

◆NPO法人声とことばの力「声出し活き生きプロジェクト」


有限会社げんごろう(言語朗)の関連団体であるNPO法人声とことばの力も紹介します。

【NPO法人声とことばの力とは】


声とことばの力写真
NPO法人声とことばの力は、「声だし活き生きプロジェクト」の研究や開発、普及、そして人材育成を行う専門機関。事業の種類は、「介護予防」「介護・福祉」「指導者養成」の3つです。

高齢化率の高まりを受け、同法人は声出し・朗読による認知症予防、および健康増進に役立つ新しい取り組みを実践してきました。引き続き研究を重ね、健康寿命延伸に欠かせない「話す」能力の維持・向上に適したプログラム提供と人材育成に従事していくのが目標です。

【事業内容】


・インストラクターの育成、派遣
認知症予防朗読プログラムのさらなる普及のため、インストラクター養成講座を開いています。認知症予防と同時に、受講生の生きがい醸成にもつながるのが同プログラムの特長。インストラクター派遣にも対応しています。

・社会参加と自主活動支援
これからの介護予防は「継続と社会参加」が最重要ポイント。介護予防事業修了生の自主グループ化を積極的に支援し、定期的に地域の児童館や高齢者施設等で朗読発表などの活動を継続できる場を作り、生きがいづくりにつなげています。

・「声と健康」に関する研究
「声と健康」をテーマに研究グループを発足させました。はじめに「声年齢の評定尺度化」の基礎研究を行い、次いで朗読現場で検証を実施。研究会は定期的に開催され、活発な議論が交わされています。

◆詳細情報


有限会社げんごろう(言語朗)やNPO法人声とことばの力についてさらに知りたい方は、下記URLをご覧ください。

【有限会社げんごろう(言語朗)】


https://www.gengoro.net/index.html

【NPO法人声とことばの力】


https://www.koetokotoba.org/index.html

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧