誰もが行きたい場所へ行けるように【特定非営利活動法人 全国移動サービスネットワーク】

仕事 2020/02/27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

◆はじめに


特定非営利活動法人 全国移動サービスネットワーク(以下、全国移動サービスネットワーク)は、移動サービスの推進とサポートをすることで、どのような人でも自由に移動しやすい社会の実現を目指す団体です。この記事では、同団体の概要と活動内容を紹介します。

\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
求人を紹介してもらう(無料)

◆全国移動サービスネットワークについて


まずは、全国移動サービスネットワークの概要を見ていきましょう。

【全国移動サービスネットワークとは】


全国移動サービスネットワークは、移動サービスを提供する団体が相互に連携しながら問題を解決し、人々がいつでも場所を問わず外出できる社会の実現を目的として発足しました。

団体名にある「移動」には、自らの意思で動く主体性・自立した生き方を応援するという意味を込めています。自由に移動することを基本的人権の構成要素の一つとみなし、すべての人が享受できる交通システムを提言することが同団体の目標です。

【移動サービスとは】


公共交通機関の利用が困難な方を対象に外出支援を行うのが、移動サービスです。移送サービス、送迎サービスといった名称もあります。基本的なサービス内容は、利用者さんのご自宅と目的地を行き来すること。乗降時の介助もサービスに含まれるのが特色といえます。非営利団体の移動サービスは、ボランティア活動者が提供するケースが多いようです。

◆全国移動サービスネットワークの活動内容


続いて、全国移動サービスネットワークの活動をいくつか挙げて紹介します。

【調査研究および政策提言】


・道路運送法改正を求める要請書を提出
各地域の事情に見合った法制度への改正を求めるべく、国土交通省に要請書を提出しました。この文書には、自家用有償旅客運送を始める際に必要な登録手続きに要する「関係者による合意」要件を撤廃すること、更新期限を延長することなどが盛り込まれています。

・「高齢者の移動手段の確保に関する検討会」への委員派遣
高齢運転者による事故の対策の一環で開かれた国土交通省の「高齢者の移動手段の確保に関する検討会」において、地域住民が自ら移動手段の確保に取り組んでいる状況や制度的課題を発信しました。その結果、「中間とりまとめ」では、自家用有償旅客運送および互助輸送において移動手段を確保する重要性が示され、国土交通省・厚生労働省から状況改善に向けた通知が発出される運びとなりました。

1

【移動サービスに関する相談と情報提供】


「よろず電話相談」を受けつけています。対象者は、移動サービスの立ち上げを考えている方、利用してみたい方、携わっている方など。全国の移動サービスの取組事例や会員団体の情報を元に、様々なお問合せに答えます。

【移動サービスの運転者研修】


国土交通大臣認定講習機関として福祉有償運送運転者の育成にも力を入れています。講座形式は、次の2種類です。

・定期開催型
2カ月に1回開催しています。1日で福祉有償運送に従事するための全課程を修了することができます。

・出張開催型
受講希望者がまとまっている場合は、ご依頼に応じて出張講習を行います。大臣認定講習のほか、任意のカリキュラムによる講習もあります。

2

◆詳細情報


全国移動サービスネットワークのさらなる情報については、下記URLをご覧ください。
http://zenkoku-ido.net/

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧