京都教育大学教育学部教授の杉井潤子先生にインタビューしました!

ニュース 2019/09/25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

『介護・福祉の現場で働く方に、いつもとは違った視点でその分野を研究している人を知ってもらいたい』という想いで始まったこちらの大学の研究室紹介。
第12回目は京都教育大学教育学部で『家庭経営学』を研究している杉井潤子先生にお伺いしました。

「研究の概要について教えてください」


ネイティブアメリカンの口伝に、「あなたが生まれたとき、あなたは泣いていて周りの人々は笑っていたでしょう。だから、あなたが死ぬときは、あなたは笑い周りの人々は泣いているような人生を送りなさい」という言葉があるという。超高齢・大衆長寿社会を生きるわたしたちは、どのように年を重ね、老いていくのだろうか。また、死ぬときに周りの人々はいるのだろうか。いるとすれば、いったいそれは誰を指すのであろうか。

当研究室では、小学校や中・高等学校の家庭科教員養成における「家庭生活と家族」に関する領域を研究指導しています。生涯設計の観点からヒトを対象にして、衣・食・住をつなぎ、ライフ(Life)を考えます。ライフ(Life)とは命であり、人生であり、さらに自らの生きがいや、人とのかかわりのなかでの生き方を意味します。

家族関係学・家族社会学・家族福祉学を軸に、現代社会における家族の変容と、虐待や暴力などの家族問題に焦点をあて、社会調査に基づいた実証的研究を進め、「家族とは何か」、「人を育み育てることやケアしあうこと、さらに生きること」の意味を問い直しています。

対比(横)
【資料:離乳食と介護食の対比】

「研究の詳細について教えてください」


人生100年時代を迎え、長生きすることが誰にとってもあたりまえになりました。人口減少も加速するなかで、いまだ生き方や老い方、死に方について確固たるモデルが成立しているわけではありません。大衆長寿化は、慶寿である一方、不安も増大します。生きることや老いることの意味を一人ひとりが考え、誰もが安心して高齢期を迎え、誰一人をも切り捨てず、支え合い、老いてもなお堂々と生き抜くことができる社会をつくることが求められています。

そこで、人生100年を見通し、「個人の長寿の人生設計力、超高齢社会のデザイン力を養う」ジェロントロジー教育の探究は急務の課題です。次世代の新たな価値形成に学術的示唆を提供し、貢献することを目的として、日本のほか韓国や台湾の小中高の教科書分析をしたり、高齢者や介護者の方々にインタビュー調査をしたり、エイジズム(年齢差別)についての調査をしたり、研究を積み重ねています。

02国立ソウル大学で開催された「高齢者の社会的地位の変容と年齢差別(エイジズム)の検討」国際シンポジウム
【写真:国立ソウル大学で開催された「高齢者の社会的地位の変容と年齢差別(エイジズム)の検討」国際シンポジウム】

研究では、どのように子どもに「加齢とともに老いて高齢者になること」をどのように理解させ教えるのか、さらに高齢者自身が「要介護となり、死に向かうこと」をいかに理解し学ぶのか、その双方をテーマとして、生老病死における「成長」と「老化」、「自立」と「依存」の二極対立の価値観を統合させて、ライフコースを生き抜くことを想定しました。

介護場面では、「まだ(なお)、できること」のみに焦点が当てられています。一人でもできるようにするにはどうすればよいかという工夫が考えられています。しかし、子どもの時から続く「できるようになることを学ぶ」という正の学習だけでは限界があります。わたしたちには、「できなくなることを学ぶ」という負の学習も合わせて必要であり、「できなくなってもよい」、「誰かの助けを借りればよい」と考えられるようになることが大切なのではないでしょうか。また、家族がいるから安心だと考えられる時代は終わりました。家族が家族らしくなくなったとも言われますが、近年では、児童虐待、DV、高齢者虐待などさまざまな家族問題が噴出し、家族は血縁や制度にのみ依拠する所与のものではなく、個人が日々の生活のなかで育み、維持し、創る新たな関係性へと徐々に変化してきました。

高齢者の主観的幸福感は夫婦や子どものみに固執せずに、近隣や友人、さらにはさまざまな専門的支援サービスを活用しているほうが高まることも明らかとなりました。これからは、家族を越えて、周囲の人々と支え合うネットワークを形成していくことがますます重要になると言えます。
2

「今後の研究の展望を教えてください!」


わたしの研究の成果は即応的ではありません。介護の現場においては、日々、目の前に起こっている事態に対応するスキルと判断が求められていることを考えると、残念ながらすぐにお役に立つわけではないかもしれません。

しかし、高齢者の尊厳、さらにこれから高齢者になる私たち一人ひとりの尊厳を考えたときに、孤独死の終末、誰かの世話になることを遠慮してなかなか受け入れられない現状や、また若者たちが年をとりたくないという気持ちを少しでも変えられるように価値観の転換をはかり、学校教育を通して、2050年、さらには2100年に高齢期を迎えるであろう、次世代を担う子どもたちの生き方に寄与できるようにつながればと願っています。
3

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

◆京都教育大学の基本情報



杉井潤子先生、お話ありがとうございました!

最後に、京都教育大学の基本情報を記載します。

京都教育大学
http://www.kyokyo-u.ac.jp/

教育学部
http://www.kyokyo-u.ac.jp/sk_ss/gakubu/
------------------------------------

【参考URL】


杉井研究室
http://www.kyokyo-u.ac.jp/sk_kateika/lab/sugii.html


高齢者にとって良い介護をしたい!そうお考えのあなた、きらケアに登録してみませんか。豊富な求人情報の中からあなたにあった働き先を見つけることができますよ。資格を活かしながら自分らしく働いてみませんか?
https://job.kiracare.jp/feature/jt1/

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニュース」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧