吉備国際大学保健医療福祉学部作業療法学科教授の籔脇健司先生にインタビューしました!

ニュース 2019/07/31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

『介護・福祉の現場で働く方に、いつもとは違った視点でその分野を研究している人を知ってもらいたい』という想いで始まったこちらの大学の研究室紹介。
第9回目は吉備国際大学保健医療福祉学部で高齢者の生活環境を研究している籔脇健司先生にお伺いしました。


「研究の概要について教えてください」


私達の研究室では、高齢者が地域で生きがいをもって暮らせるよう、「作業療法」の観点から支援するためのアセスメントやアプローチの開発に取り組んでいます。作業療法のことをご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、作業療法とは、日々の生活に必要とされる大切な作業(日常生活活動、家事、仕事、趣味、遊びなど)ができるように支援する専門職です。(参考:日本作業療法士協会 http://www.jaot.or.jp

研究内容ですが、具体的には高齢者の環境要因に着目しています。認知症や運動機能の低下などがあっても、本人にとって必要な生活環境を整えることができれば生活の質(QOL)を高めることが可能です。当研究室では、高齢者の支援に携わる方々が効果的な環境支援を行うために利用できる「包括的環境要因調査票(CEQ)」の開発とCEQを用いた多くの研究を実施しています。

吉備国際大学1
※包括的環境要因調査票(CEQ)と執筆書籍


「研究の詳細について教えてください」


包括的環境要因調査票(CEQ)は、作業療法士の山田孝先生(現日本人間作業モデル研究所代表理事)や医師の繁田雅弘先生(現東京慈恵会医科大学精神医学講座主任教授)らと2008年に開発しました。CEQは在宅高齢者の生活の質(QOL)を高めることを目的としたアセスメントツールです。環境要因14項目に関する簡単な質問を通して、ご本人が満足した生活を送るために支援が必要な環境要因を理解することができます。

また、私達は通所サービスを新規に利用する高齢者を対象として、CEQを用いた環境支援の効果を検討しました。この研究では、環境支援を集中的に行う群と施設の標準的なサービスを提供する群に対象者をランダムに振り分け、3か月後の健康関連QOLの変化を比較しました。その結果、環境支援群では健康関連QOLの全スコアが改善し、特に役割に関連するQOLが標準的なサービス群より明らかに向上しました。つまり、CEQを用いた環境支援は非常に有効であることが、この研究からわかりました。

CEQには、「外出しやすい環境」「集まって人と交流しやすい環境」「人の役に立てる環境」など、相互交流に必要な環境を明らかにできるという特徴があります。高齢者のQOLを高めるためには、このような環境の影響が非常に大きいことを理解する必要があります。なお、CEQの見本は研究室のウェブサイト(http://ceq.jp/)からダウンロードすることができます。

吉備国際大学2
※アジア太平洋作業療法学会での発表


「今後の研究の展望を教えてください!」


今後の研究についてですが、2018年に日本学術振興会の科学研究費助成事業に採択され、軽度認知障害(MCI)から正常状態への回復(リバート)を促進する包括的な役割・環境支援プログラムを開発するための研究に取り組んでいます。MCIがある方は、1年で10%前後が認知症に移行するといわれていますが、日本での最新の報告では、MCIがある方の43.7%が4年後の調査でリバートしたことが示されています。つまり、認知症と異なり、MCIは適切な対処をすれば回復が見込まれる障害なのです。

これまで認知症予防には、適度な運動や認知訓練と運動の併用が有効とされてきました。食事因子や余暇活動と社会参加の実施状況も影響することが報告されていますが、認知症疾患診療ガイドラインによって予防法として推奨されるレベルには至っていません。そこで、作業療法の特徴的な視点とされる「役割」や「環境」を支援することで、MCIから認知症への進行を予防するプログラムを開発しようと考えています。

現在、MCIや認知症がある高齢者、さらには健常高齢者を対象として、役割遂行や環境要因、運動量にどのような違いがあるのかを明らかにする調査を進めています。さらには、対象者を追跡調査し、MCIから正常状態にリバートする方と認知症に進行してしまう方でどこが異なるのかも明らかにします。これらの研究成果から、包括的な役割・環境支援プログラムという新しい認知症予防法を提案できるよう、研究室一丸となって取り組んでいきたいと思います。

吉備国際大学3-1-1
※学部学生とのゼミの様子

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

◆吉備国際大学の基本情報


籔脇健司先生、お話ありがとうございました!

最後に、吉備国際大学の基本情報を記載します。

吉備国際大学
http://kiui.jp/

吉備国際大学保健医療福祉学部作業療法学科
http://kiui.jp/pc/gakka/hoken/sagyo/
----------------------------------

【参考URL】


高齢期作業行動科学 籔脇研究室
http://ceq.jp/

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニュース」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧