今度の外出レクはどこに行こう?利用者さんとのお出かけの参考になる記事特集☆

お出かけ 2019/06/13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
お出かけレクは介護施設で人気の高いイベントです。季節を感じ、心が弾むような楽しい場所に出かけると、利用者さんは心身に良い刺激を受けられます。また、介護士さんも参加者のステキな笑顔を見られると嬉しくなりますよね♪そこで、ここではお出かけレクの参考になる記事を紹介します!利用者さんが喜びそうなスポットを探すときにぜひ役立ててくださいね♪


(1)あわじ花さじきへ菜の花を見に行ってきた。見頃と周辺の観光は?


気になることを確かめてみよう
気候の良くなる春は、お出かけレクに最適なシーズン。
冬を土の中で過ごした花たちも一斉に咲きだすので、お花見も楽しむことができますね♪
こちらの記事を執筆したかなみさんも、淡路島に家族旅行に出かけた際に"あわじ花さじき"に立ち寄り、菜の花畑を見学したのだとか。

そのときの様子を、『あわじ花さじきへ菜の花を見に行ってきた見頃と周辺のランチと観光は?』という記事にまとめ、ブログ『気になることを確かめてみよう』を介して発信しています。

"あわじ花さじき"とは、パンジーや菜の花、向日葵、コスモスなど、季節の花が咲くフラワースポット。
1年を通してさまざまな花を見ることができる淡路の人気スポットです。
かなみさんたちが訪れたときは菜の花が満開を迎えており、緩やかな斜面には黄色の絨毯を敷き詰めたような光景が広がっていたといいます。
また、隣には牧場があり、草をはんだり、のんびり寝ていたりする牛を間近に見ることもできるため、穏やかな時間を過ごせるとのこと。
ゆっくり散策するのにうってつけの場所なので、高齢者の方とのお出かけ先にも良さそうですよ。

なお、"あわじ花さじき"から少し足をのばすと、"道の駅あわじ"があり、そこでは新鮮な海の幸や淡路牛を使ったグルメを味わうことができます。
本文には"あわじ花さじき"と併せて、周辺情報についても書かれているので、ぜひじっくり読んでみてはいかがでしょう。

【参照元】
https://happiness2525.com/1026.html



\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)



(2)【2019】木曾三川公園のチューリップ祭に行ってきた!


MieHokubu
キレイな花を見たり、コメディアンやアーティストのショーを鑑賞したりすることは、高齢者にとっても良い刺激になります。
そこで、ここでは、愛知県・岐阜県・三重県にまたがる国営公園で開催されるイベントを紹介した《【2019】木曾三川公園のチューリップ祭に行ってきた!混雑・渋滞情報や、咲き具合をレポートするよ♪》という記事にスポットを当ててみましょう。

三重県桑名市に住み、桑名市やその近郊のお出かけ情報や暮らしに役立つことを『MieHokubu』に綴っているりっぴさんによると、国営木曾三川公園では、毎年3月末~4月上旬にかけて"木曽三川公園チューリップまつり"が行われており、地域の人気のイベントになっているそうです。
しかも、このイベントには多くの出店が軒を連ねたり、パフォーマーたちの渾身のステージも繰り広げられたりするとのこと。
可憐なチューリップの花を眺めつつ、ショッピングやショーも満喫できるので、飽きることなく過ごすことができます。

「施設のレクリエーション活動がマンネリ化している…」というときには、ぜひりっぴさんの記事を参考にして、このようなイベントにも目を向けてみると良いかもしれませんね。
非日常が味わえる場所へのお出かけは、利用者さんとの思い出づくりにもなるのではないでしょうか。

【参照元】
https://miehokubu.com/kisosansen-tulip/



(3)天空を彩るポピー2016に行ってポピーに癒されてきたよ


ChichibuLife
ブロガーのたかひろさんが運営している『Chichibu Life』には、キャンプに関することや自然豊な秩父市近郊の情報が盛りだくさん。
埼玉県近郊にお住まいの方やアウトドア派の介護士さんは、どの記事も興味深く読めそうですよ♪

今回はそんなブログの中から、目にも鮮やかなポピー畑を紹介した記事《天空を彩るポピー2016に行ってポピーに癒されてきたよ》を取り上げたいと思います。

このレポートに書かれているのは、秩父郡東秩父村にある"天空のポピー"と呼ばれる標高500メートルの場所。
そこには1,500万本を超えるシャレーポピーが植えられており、満開時に見学に訪れたたかひろさんは、視界いっぱいに広がる花の絨毯に心が癒やされたそうです。
記事にはそのとき撮影した写真も添えられていますが、5ヘクタールもの場所を赤く染めるポピーの花と青空がつくりあげるコントラストは感動ものの美しさ!
お出かけレクでも喜ばれること間違なしの絶景が広がっています。
「外出イベントの行き先に迷っている」「施設の利用者さんに感動体験をしてもらいたい」という介護士さんは、春のお出かけ先の候補に、ぜひ"天空のポピー"を加えてみてはいかがでしょう?

上記の記事には、ポピー畑の様子とともに、訪れる前に知っておきたい注意点もまとめられています。
現地に行ったことがある人ならではの情報は、お出かけプランを練るときの参考になるので、本文も熟読してみてくださいね。

【参照元】
https://blog.chichibu-life.com/entry/2016/05/24/103109



(4)名寄の向日葵に元気を貰いに行こう!


nokotoblog
夏を代表する花といえば、向日葵をイメージする方も多いのではないでしょうか。
太陽に向かって大輪の花を咲かせる向日葵は、見ているだけで元気が出てきますよね。
そこで、ここでは《名寄の向日葵に元気を貰いに行こう!》という記事に注目してみることにしましょう!

筆者のken2 (けんけん)さんによると、北海道の名寄市は向日葵で町おこしをしており、中でも"北海道立サンピラーパーク"と"智恵文地区"は、観光スポットとして人気があるそうです。
しかも、それぞれの場所に植えられている向日葵は種類が異なるため、まったく違う雰囲気が感じられるのだとか。
そのため、両スポットの写真を交えつつ、ken2さんが各所の見どころを紹介してくれています。

向日葵が咲く頃は暑さが厳しく外出が億劫になりますが、"北海道立サンピラーパーク"と"智恵文地区"の向日葵畑は車でのアクセスしやすいので、道北エリアにお勤めの介護士さんは、ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

また、この記事が掲載されている『nokotoblog』には、ken2さんの北海道移住生活や旅行記なども綴られています。
北海道の観光スポットに関する記事も数多くエントリーしているので、他の記事もお見逃しなく♪

【参照元】
https://nokotoblog.com/travel-life/hokkaido-tourism/north/nayoro_sunflower_170810/



(5)【津屋川彼岸花】岐阜県南濃町津屋の彼岸花の名所のススメ


ぎふのススメ
岐阜県の観光や暮らし、グルメなどを発信している『ぎふのススメ』を運営しているのは、ブルーのげんさん。
彼はブログの中で、自ら足を運んだ新しいお店や人気店などをレビューしています。
岐阜について知りたい情報があるときは、アクセスすると興味深い記事と出会えるのではないでしょうか?

今回は、そんなブログの中から《【津屋川彼岸花】岐阜県南濃町津屋の彼岸花の名所のススメ》をピックアップしてみました。

岐阜県南濃町にある津屋川の堤防沿いには、9月中旬~下旬にかけて約10万本もの彼岸花が咲き誇るそうです。
津屋川と堤防一面に広がる真っ赤な彼岸花のコラボレーションは、思わずうっとりしてしまうほどの美しさ。
また、向かい側から見ると、木々や真っ赤に染まった彼岸花が水面に映し出され、その景色もまた素晴らしいとのことですよ。
しかも、赤い彼岸花の絨毯の中には白色の彼岸花もあり、その花言葉は「また会う日を楽しみに」「想うはあなた一人」と、とてもロマンチック。
お年寄りに教えてあげると、青春時代の気持ちが蘇りそうですね♪

津屋川ではこの時期、イベントが開催されていて、海津市漁協による網打ちや和太鼓の演奏などが行われるとのこと。
堤防沿いがとても賑やかになるので、お出かけレクで訪問すると喜ばれるのではないでしょうか。

【参照元】
https://brunogen.com/tsuyagawahiganbana2018



(6)【神代植物公園】 ダリアは10月が見ごろ。大輪の花を楽しんで


チョットnow記
東京都調布市にある"神代植物公園"では、9月~11月にかけて約100種類のダリア200株が見頃を向かえます。
黄色とピンク、白のグラデーションがキレイなミルキーピーチをはじめ、舞妓やまりまり、宇宙など、さまざまな品種のダリアが植えられているとのことですよ。

《【神代植物公園】 ダリアは10月が見ごろ。バラ園、大温室と共に、大輪の花を楽しんで》の記事によると、ダリアはメキシコやグアテマラの熱帯高地が原産とされており、人の手によって品種が増え、その数はなんと3万種を超えるのだとか!
そのため、花の大きさや花びらの形、色など、どれをとっても個性豊かで、ずっと眺めていても飽きることはなさそうです。

また、筆者のチョットnowさんは記事の中で、「ダリアは各品種の生産者の愛情とユーモアが窺い知れる花」だと語っています。
その理由は、ダリアのネーミング。
見た目だけではなく、名前にも恋空や新宿、ピンクマカロンといったユーモアあふれる名前がつけられているので、ぜひ名前にも注目しながらダリア鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか?

このダリアに関する記事は、チョットnowさんが運営する『チョットnow記』に掲載されていました。
各地の旅行記を中心に、実体験をもとにした出産や育児の話、料理レシピなどがブログ内には掲載されています。
介護士さんのプライベートにも役立ちそうな情報が載っているので、他の記事も併せて読み進めてみてくださいね。

【参照元】
https://tyottonow.com/jindai-daria/

関連ジャンル: お出かけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お出かけ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧