価値創造に向けた研究と細やかな配慮で、高齢者の動作をサポートする企業

介護のアイデア 2021年12月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者の中には、身体機能の衰えにより日常の動作が困難になったり、家事をするのが難しくなったりする人もいます。超高齢社会となった我が国では、そうした高齢者へのサポート需要や身体機能維持の重要性がますます高まっているといえるでしょう。本記事では、価値創造に向けた研究と細やかな配慮で、高齢者の動作をサポートする企業を紹介します。

目次

株式会社ベアーズ

株式会社ベアーズは1999年に、国内初の家事代行会社として設立された企業です。同社では、利害や損得のない純粋な気持ちで人に接し、感動してもらうことを「真のホスピタリティ」と考えてきました。家事代行とともに暮らしのお困りごとの解決や育児サポートやハウスクリーニング、高齢者支援などにも注力しています。

高齢者ご本人のライフスタイルに合わせた支援サービス

▲画像提供:株式会社ベアーズ

同社の高齢者支援サービスでは、掃除や洗濯、料理といった家事をご本人に代わって行います。人と向き合う仕事だからこそ大切にしているのが、ご本人と家政婦の相性です。対面でのヒアリング後、顧客ごとのニーズが満たせる家政婦をマッチングします。突発的なリクエストに臨機応変に対応しつつ、サービス改善にも真摯に取り組むのが同社の高齢者サービスの特徴です。

60歳以上向け「アクティブシニアサポート」

▲画像提供:株式会社ベアーズ

アクティブシニアサポートの定期プランは、サイクルを決めてサービスを利用したい高齢者に向きます。定期的に家政婦が訪問し、ご本人の要望に合わせたオーダーメイドのサービスを提供します。

定期プランであれば、鍵を預かり、ご本人不在時に対応することも可能です。また、クオリティチェックを希望する人の元にはトレーナーが同行し、サービスの品質チェックを実施します。

アクティブシニアサポートには、1日だけの単発利用もできるスポットプランもあります。必要なときだけピンポイントでサービスを受けられるのが、スポットプランのメリットです。引っ越しや年末の大掃除など、特別な機会に利用するのに適しているでしょう。

詳細情報

ベアーズのシニア生活サポートサービス

株式会社田邊金属工業所/和合商事株式会社

株式会社田邊金属工業所は、タンク類や散水用器具類、DIY関連商品などの製造と販売を手がける企業です。介護製品を含む自社ブランド「TANNER」は、ユーザー目線を重視した設計で好評を博しています。

「TANNER」は、和合商事株式会社との共同開発により誕生しました。株式会社田邊金属工業所が工場部門の役割を担っているのに対し、和合商事株式会社は商社の機能を持つのが特色です。田邊金属工業所の技術力を活かし、高品質の日本製品を海外向けの価格で提供しています。

「TANNER」の介護シリーズ

ここでは、TANNERシリーズの中から、高齢者介護に役立つ製品を見ていきましょう。

▲画像提供:株式会社田邊金属工業所/和合商事株式会社

折りたたみ手すり「じゃません!とって」は、折りたたんだ状態で設置できる手すりです。手で握る部分は必要に応じて展開し、普段は折りたたんでおくため、スペースを圧迫しません。玄関やトイレのような狭い場所、空間を有効活用したい廊下などへの設置が適しています。

▲画像提供:株式会社田邊金属工業所/和合商事株式会社

「じゃませんでイ~スッ」は、玄関用に開発された折りたたみ式の椅子です。玄関に設置すれば、座って楽に靴を履くことができます。同製品も「じゃません!とって」と同じく、普段はたたんだ状態にしておけるため、出入りの邪魔になりません。

補助手すり「頼っとって」は、流通科学大学との産学協同プロジェクトにより開発されました。2通りの使い方ができるのが、同製品の利点です。ネジで階段の手すりに取りつければ、上り下りの際に足にかかる負担が軽減されます。また、付属のアジャスターをつけることで、縦向きのミニ手すりとしても使用できます。

詳細情報

株式会社田邊金属工業所/和合商事株式会社

LOCOBOT株式会社

LOCOBOT株式会社は、宮崎大学バイオメカニクス研究室から生まれた新感覚ロボットシステム「ロコボット®️」を社会実装する宮崎大学発ベンチャー企業です。人々の健康寿命延伸に寄与すべくロコボットを展開し、ロコモティブシンドローム予防、運動能力の向上、ロボットとシンクロする面白さなど、多様な価値を提供しています。

※ロコモティブシンドローム…運動器障害により、立つ、歩くといった運動機能が低下した状態

新感覚ロボットテクノロジー「ロコボット」

▲画像提供:LOCOBOT株式会社

ロコボットは、体重移動によってロボットを自由に操作するシステムです。ロボットとの不思議な一体感「シンクロ」を楽しみながら、運動機能と認知機能の向上を図ることができます。セットアップは1分程度で完了するため、忙しい介護施設にも導入しやすいでしょう。

ロコボットは、ロボット・ボード・パソコンの3つの要素で構成されています。ボードには荷重センサーが内蔵され、体の重心を感知する仕組みになっているのがポイント。ボード上で体を動かせば、重心移動に合わせて球体のロボットが前後左右に動きます。その際、パソコンは、重心位置の方向に動くようロボットに指令を出します。

ロコボットにより得られる効果

▲画像提供:LOCOBOT株式会社

宮崎大学バイオメカニクス研究室と宮崎大学医学部整形外科はこれまで、ロコボットの効果を科学的に証明するバイオメカニクス研究・臨床研究に注力してきました。

ロコボット操作には足関節背屈筋を刺激する効果があるため、高齢者のバランス能力向上と転倒防止が期待できるでしょう。バランスパッド、バランスボールやバランスディスクなどを併用するのも良い方法だといえます。一方で、椅子に座りながらでも遊べるため、転倒リスクが高い高齢者の安全も確保できるのがメリットです。

詳細情報

LOCOBOT株式会社

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連ジャンル: 介護のアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護のアイデア」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧