ケアワークをもっと快適に!介護者の作業効率向上をもたらす介護用具を開発する企業

介護のアイデア 2021年11月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安心かつ安全な質の高いサービスの提供を求められる介護業務。中でも慎重にならなければならないのが、服薬介助、入浴介助、移動・移乗介助ではないでしょうか?誤薬事故が起こらないよう服薬をお手伝いしたり、自分より体重が重い人を持ち上げたりと、介護者にとって心身ともに負担がかかるものです。当記事では、これらの介助業務の負担を軽減と作業効率化を図るための介護用具を開発する企業を紹介します。

目次

株式会社モリモト医薬

服薬補助ゼリーの製造販売をはじめ、ゼリー技術を応用した新剤型や錠剤新包装の開発を手掛るほか、最新では独自の連続凍結乾燥技術による、新型コロナ感染症用の粉末ワクチン開発事業に取り組んでいる企業です。

2005年の設立以来、「薬剤を如何に確実に容易に服用できるか」を徹底して探求し続ける同社の強みは、医療・福祉に携わる人々のリアルな声と情報を製品に反映させていることです。医師や薬剤師、介護士といった医療・福祉従事者と連携を図りながら、安心安全な製品づくりに尽力するとともに、医療機関を受診する患者や介護施設の利用者など、関わるすべての人に喜ばれる企業を目指しています。

薬の飲みづらさを解決する服薬補助ゼリー「eジュレ」

▲画像提供:株式会社モリモト医薬

服薬を必要とする高齢者が多い介護施設において、服薬介助は介護士にとって重要な業務の一つです。中には、錠剤をうまく飲み込めなかったり粉薬でむせてしまったりと、苦手意識から服薬拒否をする利用者も少なくありません。そんな服薬の悩みを解消するのが、同社が開発・製造・販売をする服薬補助ゼリー「eジュレ」です。

同製品の特徴は、錠剤はもちろん、カプセルや顆粒、粉末など、あらゆる飲み薬に対応していること。そのため、これまで薬を粉砕して食事と一緒に飲んでいたという人は、薬を粉砕することなくそのまま飲むことができます。さらに、「離水なし」と「食塊」に重点を置いて開発された同製品は、離水の少なさがポイントです。薬とゼリーがひとかたまりとなってスムーズに胃まで流れるため、服薬が原因で引き起こす誤嚥性肺炎やむせを防ぎます。

「eジュレ」はこんな人におすすめ

▲画像提供:株式会社モリモト医薬

嚥下困難の人はもちろん、薬を飲むのが苦手な人や薬嫌いな人など、幅広く活用できる同製品は、高齢者だけでなく子どもの服薬にもおすすめです。そのため、介護施設から放課後デイサービスまで、多くの福祉施設で使用されています。実際に利用した人からは、「服薬介助の時間が短縮されて、ほかの業務も捗った」「寝たきりの利用者に薬を飲ませやすい」といった声が届いています。

また、水が不要なので頻尿や体のむくみを気にして水分摂取を控えようとする人や、持病による水分摂取制限を受けている人も安心です。ちなみに、同製品は災害時ライフラインが使えない緊急時でも場所を選ばず服薬できるため、被災地への支援物資としても活用されています。

使い方や保存もラクラク

同製品の使い方は簡単です。容器に出す場合は薬を容器に入れ、開封前のゼリーをよく揉みます。あとは薬の入った容器にゼリーを入れ、薬をゼリーで包みこむようにスプーンで混ぜたら完成です。スプーンでそのまま飲む場合は、よく揉んだゼリーをまずは半量スプーンに出します。その上に薬をのせ、薬を挟むようにさらにゼリーを出し、ゼリーが薬全体を覆ったら器なしでも手軽に服薬できます。

なお、同製品は個包装になっているので、コンパクトかつ衛生的に保存することが可能です。また、一部製品をのぞき賞味期限も3年と長く設定されてされているので、防災備蓄品の1つとして備えておくと良いでしょう。

詳細情報

株式会社モリモト医薬

株式会社アマノ

株式会社アマノは、日本初の介護浴槽である天野式特殊浴槽を世に生み出した老舗メーカーです。企画からアフターサービスまで一貫したサービスを提供する同社は、クライアントやユーザーの声と最新の技術を最大限に活かしながら、細部までこだわった機能性とデザインを備えたモノづくりに取り組んでいます。

介護浴槽において業界トップクラスの実績を誇る同社では、ジェルマットなどの周辺機器や、除菌・防カビ・消臭剤の「3off」、入浴装置用配管洗浄剤といった衛生管理製品の開発・製造も手掛けています。これらの製品を通して、介護をする人の「清潔な浴槽で入浴を楽しんでほしい」という思いと、介護を受ける人の「お風呂でゆっくり寛ぎたい」という両方の思いをカタチにすることが同社の特徴です。

毎日の入浴介助を楽にする寝位入浴「マリンコートリモ」

▲画像提供:株式会社アマノ

寝位入浴「マリンコートリモ」は、介助者目線で開発されたハイスペック浴槽です。たとえば、介助者が自然な姿勢を保ちながら入浴介助ができるよう、浴槽の高さを93cmに設定しています。これにより、無理な姿勢をとることなく、ストレスフリーな入浴介助を実現。浴槽が上昇し担架が下降するWアクション機能が備わっており、介護現場で問題となっている介助作業での腰痛を軽減します。また、介助者と入浴者の距離を一定に保てるコンパクトストレッチャーを採用しているため、常にコミュニケーションを図りながらの介助が可能です。ふれあったり談笑したりと、入浴者が安心できる介助を実践できるでしょう。

こちらの製品は、入浴毎に薬液を自動注入する薬液タイプと、薬液自動注入プラス常時ろ過フィルターで浴槽のお湯をきれいにするろ過タイプの2種類があります。

1台で2つの入浴スタイルを実現

同製品の魅力は、シャワーチェアスタイルとフラット担架+各種ストレッチャースタイルの2パターンから入浴スタイルを選べることです。シャワーチェアは昇降式になっているので、一般的なチェアと比較すると身体を洗う際のかがむ動作が少なくなります。1日に複数人の入浴介助を行わなければならない介助者にとって、かがむ動作を繰り返すのは身体に大きな負担となるものです。同製品を活用することで介助業務が楽になるだけでなく、腰痛や疲労といった心身的負担も軽減します。

また、入浴者一人ひとりの身体状況に合わせた介助を実践できるのも大きなポイントです。入浴サービスを提供する施設や事業所の中には、座位保持ができる入浴者でもチェア浴をできる設備が整っていないため、寝台浴を行っているというところもあるのではないでしょうか?同製品は、1台で寝台浴もチェア浴も叶います。

▲画像提供:株式会社アマノ

安全性と機能性を両立

同製品は、スイッチから指を離すとすぐに浴槽が停止する非保持型スイッチや、お湯の温度を管理する全温度管理システム、停電時でもスイッチを押すと浴槽が下降する停電時下降スイッチといった安全管理機能が搭載されています。
担架は、全面マットで枕位置は約40cmの調整が出来るため、適切な入浴ポジションをとる事が可能です。入浴者はいつでも気持ちよく寛げるとともに、高齢者に多い入浴中の事故も未然に防ぐことができます。

その他、操作がわからない場合に音声と文字でサポートする音声ガイダンス機能や、浴槽の使用状況、洗浄時間などを知らせる情報表示画面といった安心機能も備わっているので、介助者もしっかり業務に集中できるでしょう。

詳細情報

株式会社アマノ

株式会社エナジーフロント

株式会社エナジーフロントは、岡山県岡山市にオフィスを構える企業です。医療福祉やITといった異業種間連携プロジェクトをはじめ、再生可能エネルギーの開発および普及活動、情報提供・教育活動における人材育成などの事業を展開しています。

また、「若年層から高齢者層まで年齢に関係なく、同じ空間で毎日をポジティブに過ごしてほしい」という同社の願いから、ブランド「AUN(あうん)~Action for UNiversal Design~」を創設。これまでのプロジェクトで培ってきた人材力とアイデアに、岡山が誇る名産品倉敷帆布・岡山デニムをプラスして、使い心地の良さと機能性にこだわったものづくりに邁進しています。

コンパクトなのに細やかな工夫を施したクッションリフト「リフティ・ピーヴォ」

同社の主力製品「リフティ・ピーヴォ」は、てこの原理を用いて小さい力で人を移動させるための補助具です。腰を支えながら引き上げるクッション「リフティ」と、ひざをまとめるベルト「ピーヴォ」の2つを組み合わせて使うことで、筋力を使うことなく重心移動で要介護者を楽に持ち上げることができます。起立介助や移乗介助に大いに役立つため、介護者の腰痛対策や身体の負担軽減にもつながります。

▲画像提供:株式会社エナジーフロント

その他、リフティ内部クッションは体圧分散と抗菌性に優れた天然ラテックスフォーム、ピーヴォにはマイクロファイバーでできた特殊な面ファスナーが採用されるなど、シンプルながらも多彩な工夫が施されているのも見逃せないポイントです。

機能性だけでなくおしゃれさにもこだわりあり

同製品の特徴は、ユニバーサルデザインのコンセプトに基づいて開発・製作されていることです。素材には、同社の地元倉敷帆布や岡山デニムと同じ国産の良質な素材を使用し、丁寧に縫製されています。なお、同製品には日本人にとって馴染み深い畳のデザインを採用した「リフティタタミ」もラインナップされています。こちらは防水タタミが使われており、入浴やシャワー時にも利用することが可能です。

同製品は、おしゃれさ・快適さ・ワクワク感を取り入れ、機能性重視の福祉用具のイメージを払拭させる「普段使い」にぴったりのアイテムです。

リフティ・ピーヴォをお得にレンタルできる「AUNレンタル」

▲画像提供:株式会社エナジーフロント

同社では、「商品を試してみたい」という方を対象に、リフティ・ピーヴォをはじめとする同社製品を月額で借りれる「AUNレンタル」というサービスを展開しています。このサービスのユーザーは、自宅で家族の介護をしている個人の方からデイサービスや介護付き有料老人ホームといった法人までさまざまです。実際に同製品をレンタルした方からは、「一人でも介助ができるようになった」「苦労していた車椅子の移乗が楽になって手放せなくなった」という声が寄せられています。

サイト内には、AUNレンタルの詳細や同製品の使い方などがわかりやすく記載されているので、興味のある方は参考にしてみてはいかがでしょう。

詳細情報

株式会社エナジーフロント

登録は1分で終わります!

アドバイザーに相談する(無料)

関連ジャンル: 介護のアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護のアイデア」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧