高齢者の健康管理や介護業務の効率化を図る企業特集

その他 2021年1月8日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP高齢者の健康管理や介護業務の効率化を図る企業

目次

◆はじめに

高齢者ケアでは、介護の質を高めるだけでなく、健康状態を適切に管理したり、現場の負担を軽減したりする取り組みも効果的であると考えられます。本記事では、高齢者の健康管理、介護事業所における業務効率化に便利な製品やサービスを提供する企業を紹介します。

\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
求人を紹介してもらう(無料)

◆株式会社ベスプラ

高齢化社会に伴い、国内で取りざたされる機会が多い認知症。1社目は、予防に役立つツールを開発した株式会社ベスプラです。

【脳の健康維持アプリ「脳にいいアプリ」】

ここでは、脳の健康維持を目的としたアプリを取り上げ、その概要とご家族が安心できる機能を見ていきましょう。

・アプリの概要

「脳にいいアプリ」は、脳の健康維持が期待できる活動を楽しく実施するためのスマホアプリです。認知症予防に有効とされる要素は、大きく分けて5つ。食事・運動・脳への刺激・ストレス緩和・社会参加です。同アプリには、これら5要素がすべて組み込まれています。

同社の遠山陽介代表は、ご家族が認知症にかかることの悲しみや困難を経験され、課題解決の一助になればという思いからアプリ開発を開始しました。最新技術を駆使し、認知症予防と健康維持のためのサービス提供に真摯に取り組んでいます。

脳とスマホイメージ

・家族が安心する機能

ご家族に安心感を持ってもらえるよう、「家族サイト」というサービスも運営しています。家族サイトでは、利用者さんの健康状態や活動状況、写真の共有が可能です。利用者さんの認知症リスクが増加した際にはアラートが発せられるため、認知症の早期発見にもつながるでしょう。

高齢者と家族のイメージ

【株式会社ベスプラとは】

同アプリの開発元である株式会社ベスプラは、社会課題解決のためのサービス事業を行う企業です。健康分野では、上に紹介したアプリに代表される認知症予防サービスの開発に注力しています。

同社のサービスの特色は、「テクノロジー」と「サイエンス」を掛け合わせていること。世界進出も視野に入れ、多くの人たちを救えるサービスの開発を目指しています。

【詳細情報】

株式会社ベスプラ
https://www.braincure.jp/

◆株式会社トライフ

続いては、口腔ケア製品を扱う株式会社トライフを紹介します。

【高齢者にも優しいオーラルケアアイテム「オーラルピース」】

高齢化社会における口腔ケアの大切さ、および同社の製品「オーラルピース」を紹介します。

・高齢化社会と口腔ケア

高齢化社会における口腔ケアの重要性は、ますます高まっています。歯が維持できている人ほど全身疾患リスクが低下し、健康な状態で長生きできるというデータが多数報告されているためです。また、歯は認知機能の維持とも関連性があることも分かりつつあります。

健康寿命は、介護を受けることなく自立した生活が送れる人生期間のことを指します。健康寿命をできるだけ長く伸ばすには、寝たきり状態や認知機能喪失を予防する努力が大切です。健康に大きく関わる口腔ケアは、個々が自立し、楽しく生きていく上で欠かせない取り組みであるといえるでしょう。

高齢者の健康寿命イメージ

・オーラルピース

株式会社トライフが開発した「オーラルピース」は、人の体と自然環境に優しい口腔ケア製品です。産学官連携の下、安全性と臨床効果の高さを追求することにより開発されました。オーラルピースを使うことで、口腔内の洗浄や保湿、虫歯・口臭予防、誤嚥予防、感染予防といった幅広いケアが可能になります。

K_トライフ商品画像提供:株式会社トライフ

【株式会社トライフとは】

バイオテクノロジーベンチャーである株式会社トライフは、乳酸菌抗菌「ペプチド・バクテリオシン」を医療・ヘルスケア分野で用いた世界初の企業です。飲める成分で作られている口腔ケア製品の提供を通じて全世代の健康を守るとともに、介護・医療従事者の負担を軽くすることも目標としています。

【詳細情報】

株式会社トライフ
https://oralpeace.com/

◆株式会社ケアコネクトジャパン

最後は、介護事業者向けのシステムを開発している企業を紹介します。

【株式会社ケアコネクトジャパンとは】

株式会社ケアコネクトジャパンは、介護業界の業務や制度、働き方などをより良く変えていくことをミッションとしています。1989年(当時は鈴与倉庫株式会社「介護システム部門」)の創立以来、介護・福祉分野の製品を専門とし、国内初の介護記録システムを開発しました。

同社の強みは、介護現場を熟知し、各事業所の総合的な「介護力」を強化できることです。経営理念である「Change the industry ~業界を変える~」を合言葉に、常に努力・研究を怠らず、現場のニーズを汲み取った上でサービス提案することで、業務効率化や他事業所との差別化を図ります。

【CAREKARTE(ケアカルテ)】

CAREKARTEは、モバイルを使って利用者さんの介護記録がつけられるサービスです。計画書の作成や報酬請求、利用者報酬の請求といった幅広い業務に対応しているのが、同サービスのポイント。他のサービスや機器とも連携し、介護業務をトータルで支援します。

K_CAREKARTE概要画像提供:株式会社ケアコネクトジャパン

同サービスを使えば、アセスメントからモニタリングまで一括管理できます。連携機能により自動的に取り込まれるナースコールやセンサーの記録と日々の記録をあわせて確認することで、実態を把握、記録を根拠にモニタリングを行うことが可能。帳票の履歴も管理され、過去のデータが容易に参照できるのもメリットです。その他、情報共有に役立つ一覧・グラフ、重要な記録の自動表示など、便利な機能が充実しています。

同サービスのユーザーは、現在1万事業所に上るそうです。モバイル入力という手軽さ、施設ごとの規模や業務内容に合わせられる柔軟性、導入後の手厚いサポートなどが、選ばれ続ける理由であると考えられるでしょう。

使用写真3画像提供:株式会社ケアコネクトジャパン

【詳細情報】

株式会社ケアコネクトジャパン
https://www.carekarte.jp/

関連ジャンル: その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「その他」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧