九州工業大学 大学院情報工学研究院・准教授の齊藤剛史先生にインタビューしました!

ニュース 2019/11/13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP

『介護・福祉の現場で働く方に、いつもとは違った視点でその分野を研究している人を知ってもらいたい』という想いで始まったこちらの大学の研究室紹介。
第15回目は九州工業大学大学院情報工学研究院で『読唇技術』を研究している齊藤剛史先生にお伺いしました。

「研究の概要について教えてください」


私たちの研究室では画像処理技術、パターン認識技術を用いた研究に取り組んでいます。具体的には、音声情報を用いずに映像情報のみを用いて発話内容を推定する読唇技術、人が見ている場所を推定する注視点推定技術、手話認識などの人を対象とした福祉支援に関するテーマや、樹木の葉や樹皮、魚などの自然物を対象としたテーマなどに取り組んでいます。

これらの中で中心的に取り組んでいるテーマは読唇技術です。障害や加齢により、私たちにとって最も身近なコミュニケーション手段である音声コミュニケーションが困難な人を支援することを目的としています。近年、音声認識技術が実用化されていますが、騒音の影響を受ける問題や秘匿性がない問題などが残っています。また病院においては咽頭部を摘出した患者や気管を切開した患者、さらには筋萎縮性索硬化症や筋ジストロフィー症など重度運動機能障害をはじめとする神経難病により発声ができない患者がいますが、これらの患者は音声認識技術を利用することができません。読唇技術はこれらの問題を解決できる手段のため、次世代インタフェースの一つとして注目されています。本テーマでは、福祉施設などの協力を得て読唇技術の実用化を意識して研究を進めています。読唇技術の詳細は次に項目で説明します。

読唇技術はサイレント音声認識技術の一つのアプローチです。他のアプローチには、磁気センサ、画像(一般的なカラーカメラの画像だけでなく距離センサやサーモグラフィ、超音波センサ)、非可聴つぶやきマイク、振動センサ、表面筋電図、脳波などがあります。私たちは2014年度より他大学の研究者と共同で、サイレント音声認識に関するすべての領域の研究者やエンジニアが一堂に会し、交流、情報交換、相互啓発を行う場として、サイレント音声認識ワークショップを企画・開催し、同分野の活性化にも取り組んでいます。

「研究の詳細について教えてください」


本研究室では、読唇技術の実用化を目指し、日本語の発話シーンデータベースSSSDを構築し、機械学習の最新技術である深層学習を用いた読唇手法を提案しました。深層学習を用いるためには大規模なデータが必要です。海外ではニュース映像を利用した大規模なデータベースが構築・公開されていますが、日本語のデータベースは十分ではありません。そこで私たちの研究室では、本学学生を中心に協力者を募り、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを用いて撮影された発話シーンを収集し、読唇研究向けのデータデータベースSSSDを構築し、2018年4月より研究用に公開しています。SSSDに収録されている発話シーンは日本語25単語(10数字と15挨拶文)で、2019年5月からは72名分のデータを公開しています。SSSDを用いて認識精度を競うコンペティションも実施しています。

提供1

さらに読唇技術を社会に紹介するために、上図に示すスマートデバイスで利用可能な読唇WebアプリLiP25wを開発し、2018年12月から公開しています。これまで学術集会だけでなく、イノベーション・ジャパン2019やクロスヘルスEXPO2019、オープンキャンパスや高校生向けのイベントなどで紹介しています。Webアプリのため、専用アプリのインストールは不要で、誰でも簡単に体験できます。下記QRコード、あるいはこちらにアクセスしてLiP25wをお試し下さい(不適切な操作を防ぐためにユーザ登録をお願いしています。きらッコノート読者の皆様は kiracare をご利用ください)。
QR

その他に、筋萎縮性索硬化症や筋ジストロフィー症など重度運動機能障害をはじめとする神経難病患者が利用している口文字コミュニケーションを支援する研究にも取り組んでいます。2018年度より国立障害者リハビリテーションセンター研究者や施設の患者、家族、スタッフに協力していただき、患者の口形データを収集して解析に取り組んでいます。

LiP25wで認識可能な言葉は日本語25単語です。限られた言葉しか認識できず、また連続文章の認識もできません。口形解析も基礎研究の段階です。現時点は基礎研究レベルであり実用化に至っていませんが、私たちは読唇技術を実用化し、音声コミュニケーションが困難な障害者や高齢者のコミュニケーションを支援するシステムの開発を目指しています。研究成果が生活の質の改善につながるよう日々取り組んでいます。

「今後の研究の展望を教えてください!」


今後の研究の展望として挙げられることは、まずは読唇技術の実用化です。読唇技術には多くの課題が残っていますが、着実に問題を解決しコミュニケーションを支援したいです。他人とのコミュニケーションは私たちが生きていくために大切なことです。しかしながら障害などによりコミュニケーションが困難な人がいます。私たちの研究が障害者のコミュニケーションを支援し、生活の質を改善できるようにしたいと思っています。スムーズなコミュニケーションが可能になることで生活支援だけでなく、就労支援にもつながります。また個々で障害の要因・程度が異なりますので、様々な入力手段を用意する必要があります。読唇技術だけでなく、その他のアプローチのサイレント音声認識技術や、注視点推定、手話認識なども引き続き研究を進めます。

2

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

◆九州工業大学の基本情報



齊藤剛史先生、お話ありがとうございました!

最後に、九州工業大学の基本情報を記載します。

九州工業大学
https://www.kyutech.ac.jp/

九州工業大学情報工学部
https://www.iizuka.kyutech.ac.jp/
https://www.kyutech.ac.jp/department/csse-graduate.html
------------------------------------

【参考URL】


齊藤剛史研究室
http://www.slab.ces.kyutech.ac.jp/ja/index.html



高齢者の方とお話するのが好きという方や、介護ケアに関心をお持ちの方は、実際に介護の現場で働いてみませんか?きらケアは、そんなあなたを応援する介護系に特化した就職・転職支援サービスです。週2,3日から働ける介護求人もご用意しておりますので、自分のライフスタイルを大切にした働き方も叶います。自分らしく輝ける介護の職場をお探しなら、ぜひ『きらケア』にご相談ください。
https://job.kiracare.jp/feature/jf13/

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニュース」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧