東京都三宅島三宅村の介護求人/転職/仕事

東京都の村である三宅島三宅村は、若者の島外就職や少子化から、過疎化および高齢化が進んでいる地域です。自然と共存して生きていくために、人口増加・経済の活性化、医療・福祉環境の向上などが求められています。自然の中で作られた安全な農産物が豊富で、特に「オオブサ」は三宅島ブランド特産品として全国的に有名です。
高齢化と人口減少を抱えている三宅島三宅村では、「地域支えあいの支援」として介護施設の運営支援や、高齢者専用住宅の整備などを行っています。そのため、施設に勤務する介護福祉士等の資格取得者が人材として求められています。きらケア介護求人は各地域に特化した介護業界情報や求人探しも徹底的にサポート!まずはお気軽にご相談ください。

この地域の希望通りの求人を紹介してもらう(無料)

東京都の主要エリアから探す

三宅島三宅村の介護求人一覧

  • 1
  • 1
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
  • 1
  • 1
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
希望の求人が見つからない そんな時はサポート登録がおすすめ! おすすめの求人をご紹介します

かんたん1分!会員登録フォーム

STEP%{ activeIndex } %{ activeTitle }

  • STEP%{ step_num }

必須ご希望の働き方

必須ご希望の転職時期

必須お持ちの資格

必須氏名(ふりがな)

必須誕生年

必須電話番号

任意メールアドレス

任意自由記入欄

東京都のその他の市区町村から探す

その他の条件から探す

三宅島三宅村は伊豆諸島の北部の東京都の村です。昭和21年に伊豆村、神着村、伊ヶ谷村が合併し三宅村が成立しました。その後昭和31年に三宅村、阿古村、坪田村が合併し新三宅村が誕生しました。人口は約2千人で周りは海に囲まれているため多くの漁業やくさやの製造、明日葉の栽培、焼酎の製造が活発です。三宅村の木椎、花はガクアジサイデ、シンボルはアカコッコという鳥です。アカコッコと触れあえる三宅村自然ふれあいセンターもあります。交通機関に鉄道はなく、村民はバスやタクシーを利用しています。航空の便では、エアーニッポンが羽田から三宅島を結んでいて、船の便では東海汽船のかめりあ丸とさびある丸が東京竹芝浅橋を一日1往復運航しています。

  

メガネ岩は、6月と10月の土日と祭日に解禁される期間限定スポットです。初心者から上級者までが安心して自然を楽しめるダイビングとして注目を集めています。幾度なる火山活動が行われてつくり上げた海底や幻想的なアーチはまさに言葉を失うほどの美しさです。黒潮が生んだ多種多様な海中の生物と遭遇でき、限られた期間のみが潜る事ができるレアスポットです。また、三宅村のシンボルともなっているアカコッコを見ることのできるアカコッコ館もおすすめのスポットです。アカコッコは三宅村でしか見られない上に国の天然記念物に指定されている貴重な鳥です。双眼鏡も貸し出ししているので、身近で観察することもできます。

キープリストに追加しました。

キープリストに追加しました。ページ最上部のボタンから確認ができます。