愛知県一宮市の介護求人/転職/仕事

一宮市の人口は約38万人。そのうち高齢者の人口は9,000人を超え、高齢化率は約24%です。市内には、高速道路の一宮ジャンクションと4つのインターチェンジがあり、東名・名神高速道路と東海北陸自動車道をつなぐ重要な位置にあります。また、市の北側から西側へとおよそ18kmにわたって木曽川と接しており、豊かな自然が特徴です。
一宮市では、高齢者の健康維持や介護予防をはじめ、介護を必要とする方に適切なサービスを提供することに注力しています。市内には多くの介護施設が点在しており、介護職の求人は増加傾向にあります。きらケアでは、便利な条件検索や、アドバイザーへの相談ができるので自分に合う求人を探すことができます。

この地域の希望通りの求人を紹介してもらう(無料)

愛知県の主要エリアから探す

一宮市の介護求人一覧

  • 1
  • 1
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
  • 1
  • 1
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・
希望の求人が見つからない そんな時はサポート登録がおすすめ! おすすめの求人をご紹介します

かんたん1分!会員登録フォーム

STEP%{ activeIndex } %{ activeTitle }

  • STEP%{ step_num }

必須ご希望の働き方

必須ご希望の転職時期

必須お持ちの資格

必須氏名(ふりがな)

必須誕生年

必須電話番号

任意メールアドレス

任意自由記入欄

愛知県のその他の市区町村から探す

その他の条件から探す

一宮市は、平成17年に木曽川町と尾西市とが併合され、木曽川地域が加わりました。人口は29万人を超え、東西南北にほぼ均一に広がる土地です。鉄道は、JR東海道本線では『尾張一宮駅』と『木曽川駅』の2駅が敷設されています。名古屋鉄道は、名古屋本線の『名鉄一宮駅』や『新木曽駅』をはじめ、尾西線も通っています。 また、JR東海道新幹線の線路が縦断しています。名神高速道路は『一宮インターチェンジ』から利用できます。また、東海北陸自動車道の一宮西・尾西・一宮木曽川インターチェンジの3カ所の出入り口があります。市内の一宮ジャンクションで両高速道路が分岐しています。主要産業は織物で、特に毛織物に力を入れています。

  

『真清田神社』はかつて尾張の国で一番初めに参拝する神社という意味で『一宮』と呼ばれており、これが地名の由来になっているそうです。一宮市には一宮城跡をはじめ、小牧、長久手合戦で秀吉側が使用した城である『大野城跡』など多くの城跡があります。『国営木曽三川公園』に属する『138タワーパーク』は、家族連れが訪れるレジャースポットです。芝生の広場や大型の木製遊具で子供たちと遊ぶことが可能です。公園内で自転車をレンタルすれば、木曽川周辺までサイクリングに行くこともできます。『木曽川緑地公園』でも木曽川の自然に触れる事ができます。『株式会社今賢』『木玉毛織株式会社』では、マフラーなど毛織物の製品を購入することができます。

キープリストに追加しました。

キープリストに追加しました。ページ最上部のボタンから確認ができます。