特集気になる条件で介護派遣求人を探す
初任者研修(ヘルパー2級)の介護求人

派遣求人を紹介してもらう(無料)

きらケアの派遣/初任者研修(ヘルパー2級)求人をご紹介!!

訪問介護に関心がある方に最適な資格!密接なケアを実践可能

介護職員初任者研修とは、今まで介護業界に入る際に必要だったホームヘルパーの資格がなくなり、介護職員初任者研修という資格に変更されました。派遣においても介護職員初任者研修の資格が必要な求人は多いです。また、以前ホームヘルパー2級の資格を持っている方は初任者研修過程修了者として認定され、新たに資格を取り直さなくても転職が可能になります。ホームヘルパーの資格と明らかに違うところは実習がなく、筆記試験があるところ。実習がない分、賛否両論あるようです。きらケアでは介護職員初任者研修の資格を持っている方に有利な情報が満載!専任のコンサルタントがあなたに合った勤務先をご紹介いたします。

都道府県で初任者研修(ヘルパー2級)の派遣求人を絞り込む

北海道・東北

関東

東海

関西

中国・四国

九州・沖縄

人気の初任者研修(ヘルパー2級)の派遣求人ページ

初任者研修(ヘルパー2級)の派遣求人の特徴

介護職における土台を学ぶことのできる、以前のホームヘルパー2級に相当する入門資格です。

介護職員初任者研修とは、入浴介助や食事補助をはじめとする、介護に必要となる技術や知識を全般的に学ぶことのできる資格。2013年から開始され、以前のホームヘルパー2級に相当します。従ってホームヘルパー2級を修了している方は、自動的に介護職員初任者研修を修了しているとみなされます。資格の取得には、各都道府県が指定する事業者が実施している研修を130時間受講することが必須。通信講座でも受講は可能ですが、自宅学習が認められているのは合計で40.5時間まで。残りは講座を受講しなければなりません。介護職員初任者研修を取得していれば派遣先の施設の選択の幅も広がるので、介護業界では必須の資格と言えるでしょう。

介護に従事する方の多くが取得している資格。訪問介護業務では介護職員初任者研修の修了が必須です。

介護職員初任者研修は、介護のあり方や老化・認知症への理解、高齢者とのコミュニケーション技術までを学ぶ、すべての介護関連の資格における基礎となる資格です。介護職員初任者研修を修了していれば、次のステップにあたる介護職員実務者研修の研修時間が免除されるので、ステップアップを目指す方は必ず修了しておきたいですね。多くの介護施設では無資格でも活躍することが可能ですが、訪問介護では介護職員初任者研修が必須。派遣ヘルパーとして就業を考えている方は取得しておくと良さそうです。その他の介護施設でも、介護職員初任者研修を修了していると優遇される場合があります。

介護の現場における即戦力として期待。多くの介護施設で高齢者のサポート役として活躍が可能です

介護の基礎となる介護職員初任者研修を修了している方は、ほとんどの介護施設で活躍することが可能です。派遣先の施設形態によって業務内容に差はありますが、ご利用者・ご入居者の身の回りのサポートが基本。介護職員初任者研修を修了しているということは、介護における基礎知識を習得しているとみなされるので、大多数の介護施設で即戦力として期待されることでしょう。現場未経験でも有資格者であれば採用している、という施設もあるようです。訪問介護においては、入浴補助といった身体介護に加え、洗濯や食事の用意などの生活援助を行う必要があるので、双方をこなす技術が求められます。

すべての介護資格の基礎となる介護職員初任者研修。介護業界でのキャリアアップには必須です

介護資格の全ての基礎と言える、介護職員初任者研修。資格を持っていなくても次のステップへ進むことは可能ですが、介護職員初任者研修を修了していれば、実務者研修の研修時間が130時間免除となります。介護福祉士の国家試験受験には実務者研修が必須なので、介護福祉士を目指す方は修了しておいて損はないでしょう。実務経験を活かし、サービス提供責任者や管理者などのポストに就く際にも活用できる資格です。また、パートでとして入職し、正職員へとステップアップする際に必要となる場合もあるようです。派遣先に関わらず、介護業界でのキャリアアップには必須の資格といえるでしょう。

まだまだあります!おすすめの介護派遣求人特集