特集気になる条件で介護派遣求人を探す
訪問介護の介護求人

派遣求人を紹介してもらう(無料)

きらケアの派遣/訪問介護求人をご紹介!!

資格を最大限に発揮しながら、利用者の生活をサポートするお仕事

介護保険制度が導入されて以来、訪問介護は身近な介護形態として一般に浸透し、業務の担い手である訪問介護員(ホームヘルパー)も「ヘルパーさん」という呼称で親しまれる存在となりました。訪問介護とはその名のとおり、要支援・介護者の「自宅に訪問して」身体介助・生活援助を施すことを意味します。介護保険に基づく訪問介護に従事するためには、サービスの質を担保するという観点から、介護職員初任者研修修了者または介護福祉士等の資格保有者であり、かつ各自治体の指定を受けた事業者・施設に所属している必要があります。きらケア介護派遣は豊富な求人情報に基づいて、訪問介護に携わりたいあなたを総合的にサポートします。

都道府県で訪問介護の派遣求人を絞り込む

北海道・東北

関東

東海

関西

九州・沖縄

人気の訪問介護の派遣求人ページ

訪問介護の派遣求人の特徴

利用者の方の自宅に訪問し、日常生活に必要な援助を行うサービスです

訪問介護は、利用者の方が在宅で受ける介護サービスの中の一つ。利用者の方の自宅を訪問介護員や介護福祉士が訪問し、日常生活に必要な援助を行います。また、訪問介護の目的は、利用者の方ができる限り自立した生活を送れるようサポートすること。そのため、ただ単に手伝いをするというわけではなく、利用者の方の心身の状態を把握し、自立心や生活への意欲を高める働きかけも行います。利用者の方にとっても、住みなれた自宅での介護になるため、大きなストレスになる心配がないのが特徴の一つです。なお、訪問介護の仕事は、派遣という雇用形態でも働くことができますが、介護職員初任者研修以上の資格を所持している必要があります。

身体介護・生活援助・通院介助が主な仕事内容です。事業所によっては自費サービスに対応しているところも

訪問介護のサービス内容は主に3つに分けられています。1つは、食事介助や入浴介助、排泄介助などヘルパーが直接利用者の方に触れて行う身体介護です。2つめは掃除や洗濯、調理、買い出しなどを代行する生活援助。3つめは、福祉車両や介護タクシーなどを利用する際の乗降を手助けする通院等乗降介助です。ほかにも、利用者の方やそのご家族の話を聞き、生活や介護に関する相談に応じてアドバイスを行うのも大切な仕事となっています。また、派遣先の事業所によっては、自費負担の庭掃除といったサービスに対応しているところも。利用者の方の暮らしを総合的に支援しています。

非常勤であれば柔軟な働き方が可能。コミュニケーション能力を活かせる仕事です

訪問介護を行うヘルパーは基本的に1人で訪問しサービスを行うため、介護職員初任者研修以上の資格を有している必要があります。非常勤の雇用形態で、1日に数件回ったり、予定のある日には1件だけにしたりといった自由度の高い働き方を実現させている方もいます。派遣として働く場合でも、勤務時間の希望を伝え、プライベートを大切にした柔軟な働き方を目指せそうです。また、訪問介護のヘルパーは、利用者の方やそのご家族との信頼関係の構築が大切になってくるため、相手の話をじっくり聞きコミュニケーションをしっかり取れる方が活躍されています。

利用するのは自宅での生活を継続したいという方。要介護1から5までと幅広く対応しています

訪問介護のサービスを利用している方は、住みなれた環境や自宅で生活を続けていきたいと考えている方が多く、夜間にも介護が必要な方は「夜間対応型訪問介護」といったサービスを利用されています。訪問介護の対象となるのは、要介護1から5までの認定を受けた高齢者の方。派遣先によっては、ハンディキャップのある方の介護に携わることもあります。介護度の幅が広いため、訪問介護を行うヘルパーはさまざまなスキルを身につけることができるでしょう。また、要支援1・2の認定を受けた方を対象に、要介護状態にならないよう自立支援を行う「介護予防訪問介護」サービスもあります。

まだまだあります!おすすめの介護派遣求人特集