特集気になる条件で介護派遣求人を探す
グループホームの介護求人

派遣求人を紹介してもらう(無料)

きらケアの派遣/グループホーム求人をご紹介!!

認知症の高齢者の方が地域の中で自立した生活を目指す施設

グループホームは、要介護度1以上で、認知症の症状がありますが、自分の身の回りのことはできる高齢者が入居している施設です。グループホームは入居している高齢者にとって、地域のなかで共同生活を送る場所として機能しています。部分的な介護ではなく、生活全般を高齢者と一緒におこなうのがグループホームでのお仕事です。高齢者ができることは自分でやってもらい、できないことをお手伝いします。生活全般のお手伝いなので、色々なことを経験でき、将来に役立ちます。きらケアでは、派遣求人を探している求職者にとって有益な情報の提供をおこなっています。入職までのサポートも万全なので、ぜひご応募ください。

都道府県でグループホームの派遣求人を絞り込む

北海道・東北

関東

東海

関西

九州・沖縄

人気のグループホームの派遣求人ページ

グループホームの派遣求人の特徴

自立を目指して、家庭に近い環境を整えた認知症専門の共同生活施設。専門知識を学べる環境です

グループホームは、「認知症対応型老人共同生活援助事業」とも呼ばれる、入居型の介護福祉施設です。入居の対象となる方は、認知症の症状を持っているご高齢者。認知症に関する専門知識を持った介護スタッフによる生活サポートを受けながら、自立を目指して家庭に近い環境での生活を送っているのが特徴です。ホームでは、5人から9人のユニット単位での生活となり、居室は個室が基本。浴室やトイレ、食堂などは共同設備として設置されています。派遣先の施設の特徴にもよりますが、少人数でアットホームな雰囲気の施設が多いので、ご入居者と家族のような距離感で、手厚くサポートを行いたい方に向いている施設です。

調理から入浴介助まで幅広い支援を担当。ご利用者の見守り・できない所のサポートが基本業務です

グループホームでのサービス内容は、生活支援から身体介護まで多岐にわたっています。認知症症状はあるが身の回りのことは自分でできる、というご入居者も多いので、スタッフはご入居者を見守り、できない所のサポートを行うのが一般的です。家庭環境により近づけて自立を支援している施設なので、ご入居者が自宅で行っていた習慣や役割をそのままホームで実施させているという施設も。また、食事はホーム内で手作りしている施設が多く、ご入居者と共に調理を行うのも特徴の一つです。リハビリやレクリエーションを実施している施設も多いので、自分の特性に合わせた派遣先を探すこともできますよ。

介護資格の有資格者が主なスタッフ。ご入居者の生活全般をサポートできる方におすすめです

グループホームで働くスタッフは、主にケアマネージャーや介護福祉士、介護職員初任者研修を修了している方など、介護の有資格者や看護師です。生活相談員や機能訓練指導員を配置している施設もありますが、スタッフは少人数なので兼任していることも。派遣先の職員配置を把握しておくと良いでしょう。特徴的な業務に調理があるので、主婦の方や経験者がパートタイムで勤務している施設も存在します。積極的な介護ではなく、見守り・サポートの役割が大きいので、ご入居者一人ひとりの細やかな変化に気付ける方が向いているといえるでしょう。

認知症の症状のある方限定の施設。身の回りのことは自分で行える方も多くいらっしゃいます

グループホームは、認知症の症状がある方限定の入居施設です。介護度は要支援2以上で、年齢は65歳以上が基本。スタッフの見守りがあれば身の回りのことができる方も多く、他のご入居者とコミュニケーションを図りながら共同生活を送っています。認知症が進行した場合や、医療措置が必要となった場合は退去しなければなりません。地域密着型サービスなので、施設のある地域に住民票があることも条件となります。そのため、地域との結びつきを大切にしている施設も多く、住み慣れた地域で生活できる安心感を感じているご入居者も多いことでしょう。派遣先の地域をよく知ることが、ご入居者のケアに役立つこともありますよ。

まだまだあります!おすすめの介護派遣求人特集