きらケア転職/派遣 成功体験談

きらケアを利用して転職を成功された方、派遣社員として働き始めた介護士の方々にインタビュー。
リアルな体験談をレポートします。

2019-08-27

派遣を通して様々な施設を経験、自分で作る理想の介護士への道

きらケア介護の転職/派遣 成功体験談 - 吉田 遥香さん写真TOP

吉田 遥香 26歳 介護職経験あり

  • 前職
  • ヘルパー・介護職
  • 派遣
  • 有料老人ホーム
  • 現職
  • ヘルパー・介護職
  • 派遣
  • 有料老人ホーム

この体験談の
ポイント

  • 19歳の頃に新卒、未経験で介護職に就いた
  • 自分にあった所を探しながら経験が積める派遣を選択
  • 働く中でスキルが磨かれ、介護ならではのやりがいも感じている

介護職に就いたきっかけを教えて下さい。

アパレルなどで働いていたのですが、合わないと感じたからです。高校で社会福祉や看護を少し勉強していて、介護は専門の学校に行かずに資格が取れるし自分に合えば働いてみたいと思い転職しました。

正社員で働いてから派遣で働き始めたのはいつ頃からですか。

22,3歳からです。

正社員より派遣が良いと思われた理由は何ですか。

有料と特養を経験しましたが、施設によって利用者さんの介助レベルや仕事の流れが違うと感じていました。派遣だと自分に合った所を探しながら経験も積めると思ったからです。

派遣の場所を変えられたきっかけは何ですか。

職員との人間関係で難しい部分が出てきたからです。すぐに社員になりたい気持ちはなかったので違う施設も見てから、自分に合う所で社員になりたいと思いました。

働いて合わないと感じたらまた仕事を探せる所が派遣のメリットですね。

社員を辞めて次も社員となると移りにくいですが、派遣は条件を出して探してもらって見つけてもらえるので、自分で探すよりもっと視野を広げて探せますよね。

年齢を重ねると出産のことなど悩みはありましたか。

年齢が上がると下の年齢の方が入ってくるので不安感はあります。それと結婚や出産を考えた時に安定した社員が良いかなと。でも子供を産んで復職する時に居心地が良くて復職しやすいことが大事だと思いました。

きらケア介護の転職/派遣 成功体験談 - 吉田 遥香さん写真6

きらケアのサービスを使っていただいたのはいつ頃からですか。

約2年5ヶ月前からです。

きらケアのサービスを使われるようになったきっかけはありますか。

他の派遣会社も登録していましたが、職場でトラブルがあった時に対応が遅いことがあったんです。求人が多く、しっかりサポートしてくれたのがきらケアさんでした。

きらケアのエージェントとのやりとりで覚えているエピソードなどはありますか。

トラブルや分からないことがあった時に相談すると電話やメールで素早く返事がきたのでありがたいと思いましたね。

仕事探しで悩んだことや大変だったことはありますか。

平日・日勤のみの求人が少ないというのはありましたね。その条件で採ってくれたのが今の施設でした。今は環境が変わったので土日も含めて週休2日に変えてもらいました。

今働かれている施設の決め手は条件が合致したことですか。

そうですね。合う・合わないは働いたらわかるかなと。社員だから頑張らなきゃという気負いがないので、ダメだったら次また探そうという気持ちの余裕ができて探しやすかったですね。

未経験で始められたんですよね。始めてみていかがでしたか?

ヘルパー二級と介護事務の資格を取って未経験から入りました。ただ、自分から人に話しかけるのが苦手なので話のきっかけを作れませんでした。利用者さんが自分の祖父母に近い年齢の方が多いので、接するのにもどうしていいか分からなかったです。だけど少しずつ話すことにも慣れてコミュニケーションを取るのも楽になりました。人と人が関わる部分が密で、常に誰かと話をしてお手伝いをさせてもらう仕事なので人としてのスキルも上がっていると思います。

きらケア介護の転職/派遣 成功体験談 - 吉田 遥香さん写真12

大変なことはありますか。

認知症や精神疾患をお持ちの方の対応を間違えた時に「怒っているな」「難しい人なんだな」と感じると距離感が分からなくなることがあります。普段接することがない部分なのでそこは難しく感じます。未経験なので時間がかかることもありましたが、そこは既存のスタッフに教えてもらい慣れていきました。派遣だと即戦力だとかスキルが高いと見られてしまうので早く仕事を覚えて早く慣れないと、という部分はあります。でも、仕事をこなして職員さんとコミュニケーションを取りながら上手く回していけるようになると気にならなくなりました。

介護は世間からはしんどいイメージがあると思うのですが、そういう部分は特に感じませんでしたか。

思ったより身体面や精神面、排せつや入浴の介助も全然苦痛ではなくてすんなり入り込めました。

今の仕事内容を具体的にお聞かせ下さい。

利用者さんに配膳して食事介助が必要な方には介助させて頂くのと配薬です。それから入浴やお手洗いのお手伝い。オムツで寝ている状態の方はオムツ交換をします。他にも洗濯物を部屋に返しに行ってお話をします。日常の会話にもいろいろな応えがあるので、利用者さんとお話をしてコミュニケーションを取っていくのも一つの仕事・役割だと思っていますね。

前職と違って長く続けていられるのは人間関係が大きいですか。

そうですね。職員さんも「分からないことがあればすぐ聞いてね」と気にかけてくれます。派遣でもう少しやろうか悩んでいると「いてくれた方が助かるから」「私達は一緒に仕事してて凄く楽しいよ」と言ってもらえるので頑張ろうと思えます。

きらケア介護の転職/派遣 成功体験談 - 吉田 遥香さん写真16

今の仕事の中でやりがいを感じる部分や魅力を伺ってもよろしいですか。

日々感謝されることが多いと感じます。嫌なことがあっても「今日は利用者さんにああ言ってもらえたからそれで良いや」と前向きになれます。皆さんお風呂に入る前は「めんどくさいからヤダ」「疲れるから嫌だ」とおっしゃいます。でも終わったら「やっぱり入って良かったわ」「いつもありがとね」と言ってくれるので、「頑張って声を掛けて良かったな」「お誘いして来てもらえて良かったな」と思うんです。直接、こんなに感謝の言葉を聞ける仕事はあまりないので楽しいしやりがいはありますね。

これからのキャリアややってみたいことはありますか。

今の所でも長く働かせてもらっているので介護福祉士やその上の資格を取りたいと思っています。あと年齢を重ねてからの転職は難しい部分もあるので、働いたことのない施設形態や色々な所を経験して、自分に合う所を見つけて社員になっても良いのかなと思っています。

介護の仕事をしようと思っている方や派遣で働こうとしている方にアドバイスをお願いします。

介護を始める前は、普段接することのない世界でやっていけるのかと漠然とした大きな不安しかありませんでした。入ってみると不安もありましたが、やりやすい仕事で周りのサポートもしっかりしていました。いま、介護業界は若い方が少ないので皆さん優しく迎えてくれるはずです。しっかり教えてくれて、長く一緒に働きたいと言ってくれる方が多い環境です。身体的には慣れるまでは辛い部分はありますが、どんどんスキルが付いて自分でこういう時はこうした方が良いと考えながら仕事もできるようになります。介護は良いイメージが無いので一回考えてしまう部分はあると思いますが、せっかく興味を持っているならば派遣からでも少し経験していただければ、思ってたのと違うな、これならやってみてもいいかなと思ってもらえるのではないでしょうか。

編集部より

様々な職場に挑戦できるという理由で派遣を選んだ吉田さん。狙い通りどんな施設が自分に合っているのか気づき、それを次に活かすことができていましたね。たくさん経験したことで見極める力も養われているんだと思います。私もたまたま介護職の経験があり、そこから得たものが今このメディアでのお仕事にも活かされています。いつどんな経験が活きてくるかわからないものですね。筆者も吉田さんのように様々な経験を通じてバージョンアップしていきたいと思いました。