介護職員初任者研修

「介護職員初任者研修」とは

介護職員初任者研修は、2013年度よりホームヘルパー2級に代わってできた資格です。介護の基礎から学べる資格で、介護に必要な知識や技術、考え方の過程について身につけます。介護職員初任者研修の資格取得後は、日常生活に不自由のある方の食事・排泄・入浴などの身体介護サービス、買い物や洗濯、ゴミ出しなどの生活援助サービスを提供することができます。就業に関しては個人宅を訪問して介護を行う、介護施設等で働くなどのパターンがあり、家族の介護やボランティア活動に生かすために資格取得を目指す方もいます。

「介護職員初任者研修」を取得するメリット

介護職員初任者研修の研修内容は上位資格である介護職員実務者研修と連動しており、介護のプロを目指すための最初のステップとなります。民間のスクールは全日制の通学講座のほか、土日・夜間のスクールや通学・通信を組み合わせた形態の物など様々なので、働きながら介護の基礎が身につくのが魅力です。介護職員初任者研修は派遣会社に登録してパートタイムで働くなど勤務形態を選びやすく、生活スタイルに合わせて就業できるのもメリットです。また、超高齢化社会を迎えた日本で、介護職員初任者研修へのニーズは今後も高まっていくことが予想されます。

「介護職員初任者研修」はこんな人に向いています

介護の基礎から学べる介護職員初任者研修は、介護・福祉関係の職に従事した経験のない人、これから介護の知識・技術を得たいと考えている人にぴったりの資格です。介護職員初任者研修は介護のスペシャリストである介護福祉士を目指す上でも必要となってくるので、この先介護の世界に入っていきたい方、介護士としてのキャリアをスタートさせたいと考えている方にとって欠かせない資格といえます。身体の不自由な方をサポートすることになるので、人の役に立ちたい、困っている人の助けになりたいという思いのある方に向いています。

「介護職員初任者研修」の取得方法

民間のスクールや各自治体の主催する講座を受講、全過程終了後に筆記試験を受け合格基準の点数を満たすと修了認定・資格取得となります。

「介護職員初任者研修」の受験資格

介護職員初任者研修の講座はどなたでも受講できます。なお、介護職員初任者研修では実技研修があるため通信のみでの修了はできません。

介護職員初任者研修の資格を活かせる求人をお探しの方はこちら