介護職員実務者研修

「介護職員実務者研修」とは

介護職員実務者研修は、幅広い利用者の方に対する基本的な介護提供能力の修得を目的としています。 2013年度、介護人材のキャリアパスを明確にするために、介護職員基礎研修とホームヘルパー1級を一本化。この2つの資格が介護職員実務者研修に統合されました。2016年度に介護福祉士の国家試験受験資格に組み込まれたことから「介護福祉士実務者研修」の呼称も。介護福祉士養成施設における到達目標と同等の水準に当たるとされていて、介護福祉士の資格を実務経験ルートで取得する場合に必要な資格となっています。

「介護職員実務者研修」を取得するメリット

介護職員実務者研修修了は、実務経験ルートで介護福祉士の資格を取る場合必須の条件。基礎研修後に実地研修を受ければ医療的ケア(たんの吸引、経管栄養等)が可能になるので、施設での活躍の場が増えるというメリットもあります。さらに、介護職員実務者研修を修了していれば、サービス提供責任者として働くことができます。サービス提供責任者は訪問介護事業所において配置が義務づけられているので、常に一定の需要があるポジション。初任者研修修了者もサービス提供責任者になることはできますが、実務経験が3年以上必要な上に介護報酬が減算されてしまいます。サービス提供責任者を目指すなら、実務者研修以上の資格があることが望ましいでしょう。

「介護職員実務者研修」はこんな人に向いています

介護職員実務者研修の資格取得は、国家資格である介護福祉士を志す人にとってマストな条件です。介護福祉士になりたい人、長期的に介護に従事しスキルアップを狙いたいという人に向いています。初任者研修修了後、さらに介護の知識を増やしたいという場合も、上位資格である介護職員実務者研修の受講が最適でしょう。実地研修を受ければ医療的ケアができるようになるので、仕事の領域を広げたいという時にも役立つ資格になっています。また、サービス提供責任者として働きたいという人にもおすすめです。

「介護職員実務者研修」の取得方法

450時間(無資格の場合)の研修を経て修了となります。研修は、通信と通学を組み合わせて受講することが多いようです。介護職員基礎研修やホームヘルパーの資格を取得済みの方は受講科目が免除されます。

「介護職員実務者研修」の受験資格

受験資格は特にありません。実務経験がない方も研修を受けることができます。下位資格である介護職員初任者研修を修了していない場合も受講可能です。

介護職員実務者研修の資格を活かせる求人をお探しの方はこちら