介護支援専門員

「介護支援専門員」とは

介護支援専門員は介護保険法が制定されたのと同時にできた職業で、別名ケアマネジャーと呼ばれています。介護を必要としている方が適切な介護サービスを受けられるように、サポートするのが主な仕事です。介護保険サービスを受けるには自治体の要介護認定を受ける必要があり、その際に書類を提出しなければなりません。介護支援専門員は、ご家族やお年寄りの方に代わって書類の作成や申請の代行をします。また、ケアプランの作成をしたり、見直しをしたりするのも介護支援専門員の役割です。その他、介護保険の給付請求などの業務も任されます。介護サービスを普及した影の立役者も言えるでしょう。

「介護支援専門員」を取得するメリット

介護支援専門員は介護職の中では専門性の高い職業なので、より深いところで介護に携わりながらやりがいを持って働けます。介護保険施設や指定居宅介護支援事業所、指定小規模多機能型居宅介護事業所などの施設は、介護支援専門員の配置が義務付けられており、一定の需要があります。近年では先に挙げた施設だけではなく、介護施設が全般的に増えてきているので、様々な職場で資格を活かすことができるでしょう。また、介護を必要としている方に対して、申請書類の作成やケアプランの作成などを通してお力添えできるため、人の役に立っているという実感ができるのもメリットの1つです。

「介護支援専門員」はこんな人に向いています

介護支援専門員は介護を必要としている方やそのご家族の方から介護についての相談を受ける機会が多いです。正確な返答をするためにも、コミュニケーション能力がある方に向いています。ケアプランを作成する際は、医療・福祉・保険分野への理解が求められます。医療や保険に対しての知識をより深めたい方にも良いでしょう。また、介護支援専門員の業務は、書類作成をはじめとして多岐にわたります。数多くの業務を効率良くこなしていく必要があるので、セルフマネジメントしながら働ける方にピッタリです。

「介護支援専門員」の取得方法

受験資格を有する方が介護支援専門員実務研修受講試験を受験し、介護支援分野と保健医療福祉サービス分野において合格基準点に達した方が、介護支援専門員実務研修を受講した後に取得できます。

「介護支援専門員」の受験資格

・国家資格(法定資格)を有し、 実務経験5年以上、かつその業務に従事した日数が900日以上 ・相談援助業務の実務経験5年以上、かつその業務に従事した日数が900日以上 ・介護業務に従事し実務経験5年以上、かつその業務に従事した日数が900日以上、あるいは、実務経験10年以上かつその業務に従事した日数が1,800日以上 ※2017年までは改定前の受験資格で受けられます。

介護支援専門員の資格を活かせる求人をお探しの方はこちら