社会福祉士

「社会福祉士」とは

社会福祉士は、ソーシャルワーカーの通称で知られる福祉系国家資格の専門職です。身体上・精神上の障害によって日常生活を営むことに支障がある方からの相談に対して、専門知識と技術をもってアドバイスや指導、援助などを行うほか、医療機関との連絡調整や相談援助を行うことが主な業務内容です。社会福祉士は、医師や看護師のように資格を持っていないと職務を行えない「業務独占」の資格ではなく、「名称独占」の資格でしたが、介護保険法の改正により、地域包括支援センターでは、社会福祉士の資格保有者のみが、相談業務や、事業者及び行政との連携業務を行える必置資格となりました。

「社会福祉士」を取得するメリット

社会福祉士は、介護施設や医療機関、福祉施設などの相談員やソーシャルワーカーとして勤務していることが多いようです。そのため、介護や医療、福祉に関するアドバイスや指導を求められることが多く、資格に伴う専門的な知識があることは、介護や医療の現場で大きなメリットとなるでしょう。また、各市町村の地域包括支援センターでは、社会福祉士の資格を持つ職員だけが利用者の方の相談を受けたり、サービス事業者や行政との連絡業務に携わることができる必置資格となっています。いずれの施設で働くにしても福祉の専門家としての国家資格は就職に有利なことが多く、資格手当など収入面においてもメリットがあるでしょう。

「社会福祉士」はこんな人に向いています

社会福祉士は「ソーシャルワーカー」と呼ばれるとおり、多くの人と接する仕事です。介護やその他の福祉サービスを利用される方からの相談を受け、一人ひとりの話に耳を傾け、それぞれのケースに応じた的確なアドバイスを行う必要があります。また、事業所や医療機関、行政など各方面の関係者への橋渡し的な存在でもあるため、連絡・調整においても高いコミュニケーション力が求められます。人と接することが好き、得意だという方に向いている職業といえるでしょう。相談の数だけ解決策も異なるため、物事を柔軟で多角的に考えることができる方も社会福祉士に向いているのではないでしょうか。

「社会福祉士」の取得方法

社会福祉士になるためには、厚生労働大臣が指定した試験機関で実施される「社会福祉国家試験」に合格した後、登録する必要があります。

「社会福祉士」の受験資格

・福祉系4年制大学で指定科目を履修して卒業する ・福祉系4年制大学で基礎科目を履修後、短期養成施設に6ヶ月以上通学する ・福祉系短大で指定科目を履修した後、1~2年の実務経験があること ・一般4年制大学を卒業後、一般養成施設に1年以上通学する ・一般短大を卒業後、1~2年の実務を経験後、一般養成施設に1年以上通学する ・指定施設での実務経験が5年以上ある