福祉住環境コーディネーター

「福祉住環境コーディネーター」とは

福祉住環境コーディネーターのしごとは住宅の改修・生活環境のあり方への提案をとおして、高齢者や障害者の方々の自立支援に貢献すること。医療・福祉・建築分野の専門家と連携 “co-ordinate” しながら、ご利用者お一人お一人のニーズに見合った住宅改修プランや福祉用具・家具の選び方についてのアドバイスを行ないます。福祉住環境コーディネーターの資格は民間の認定資格で、3級から1級までの3階級制。福祉住環境コーディネーター2級の取得者には、介護保険サービスの一つ「住宅改修」の事前申請手続きに必要な「住宅改修が必要な理由書」を作成することが認められています。

「福祉住環境コーディネーター」を取得するメリット

超高齢化社会を迎える日本では、老朽化した住宅のバリアフリー化などの改修・改築の増加が見込まれるため、福祉住環境コーディネーターは有望な資格と言えます。2001年度以降、福祉住環境コーディネーター2級の合格者はケアマネージャー、作業療法士と並び住宅改修に関する専門知識を有する職種として位置づけられています。このため、1・2級を取得すると資格手当などが支給される場合が多く、給与面でのメリットが期待できます。また、在宅介護を重視した福祉政策の展開やシニアビジネス市場の拡大など、医療・福祉・建築について総合的な知見のある福祉住環境コーディネーターへのニーズは今後ますます高まると言えるでしょう。

「福祉住環境コーディネーター」はこんな人に向いています

より住みやすい住環境整備のためには、住まいに関する情報はもちろんご利用者の身体状況・生活習慣・家族構成といったプライベートな情報が不可欠。そのため、福祉住環境コーディネーターにはコミュニケーション能力だけでなく、ご利用者やご家族から「この人なら安心してお話できる」と思っていただけるような誠実さが求められます。また、福祉住環境コーディネーターは医療、介護、建築など複数の専門領域にまたがる情報を分析し、住宅改修などのプランに適切に反映させます。こうした意味では、現在これらの分野で活躍されている方がより多角的なサービス提供のために「プラスアルファの資格」として取得されるのもおすすめです。

「福祉住環境コーディネーター」の取得方法

東京商工会議所主催の検定試験に合格して取得します。試験はマークシート式(1級のみマークシート式と記述式)、合格ラインは正解率7割以上です。1級は年1回、2・3級は年2回全国の主要都市で実施されます。

「福祉住環境コーディネーター」の受験資格

受験資格は特になく、学歴・年齢・性別・国籍による制限もありません。ただし、1級は2級合格者のみ受験することができます。