福祉用具専門相談員

「福祉用具専門相談員」とは

福祉用具専門相談員は福祉用具のエキスパート。主に介護保険制度の居宅サービスの一つ「福祉用具貸与・特定福祉用具販売」の提供に携わります。ご利用者の心身状況や生活環境のアセスメントをもとに「福祉用具サービス計画」を策定し、定期的なモニタリングを実施。お一人お一人に合った福祉用具の選定および使用のサポート、福祉用具の機能・安全性・衛生状態などに関する点検や調整を行います。福祉用具専門相談員のしごとは、福祉用具をとおしてご利用者の快適な自立生活を支援・促進するとともに、ご家族など介護者の負担軽減にも役立っています。

「福祉用具専門相談員」を取得するメリット

介護福祉介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所においては、福祉用具専門相談員2人以上の配置が義務付けられているため、一定の需要があります。他にも福祉用具メーカー・販売を行なう福祉系企業や事業所などでも資格を活かすことができ、プライベートとも両立しやすい日勤が一般的。また、介護保険制度の重点が「介護予防」「地域支援に基づく居宅介護」にシフトするなか、要介護者の自立生活に不可欠な福祉用具の果たす役割は大きく、福祉用具専門相談員の将来性は十分にあると言えます。

「福祉用具専門相談員」はこんな人に向いています

福祉用具の選定相談や取扱説明を行うさいには、ご利用者の話に耳を傾け、平易なことばで分かりやすく説明することが大切。サービス計画の策定やモニタリングにおいては、ケアマネージャー等他職種との連携が求められます。福祉用具専門相談員はこうした傾聴力、論理的説明能力、必要な情報を引き出す話術といった高いコミュニケーション力を活かすことができる職種です。また、福祉用具は目覚ましい進歩を遂げており、「国際福祉機器展」をはじめさまざまな展示会やイベントが開催されています。最新トレンドに敏感な方や家電などの機器類が好きな方は、楽しみながら福祉用具専門相談員に必要な知識を深めることができるでしょう。

「福祉用具専門相談員」の取得方法

「福祉用具専門相談員指定講習」(講習50時間+筆記試験による修了評価1時間程度)を修了する必要があります。講習は都道府県知事が指定する研修機関により全国で実施されます。

「福祉用具専門相談員」の受験資格

受講資格の規定は特になく、どなたでも指定講習を修了すれば取得することができます。なお、福祉用具に関して知識のある国家資格(保健師・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・義肢装具士)をお持ちの方は指定講習が免除され、介護保険の指定福祉用具貸与・販売事業所において福祉用具専門相談員の業務に従事することができます。