精神保健福祉士

「精神保健福祉士」とは

精神保健福祉士は、精神に障害を持つ方に対する社会福祉業務に携わる専門職の国家資格です。1997年、精神保健福祉法の施行と共に誕生し、「精神科ソーシャルワーカー(Psychiatric Social Worker)」…PSWと呼称されています。精神保健福祉士の仕事は、対象となる方への相談援助や、日常生活のための訓練や援助、社会参加支援、作業指導やレクリエーションの参加などです。名称独占資格ですが、精神保健福祉センターや保健所、精神障害者福祉施設などにおいては必置資格となっています。また、精神科病院では、作業療法士と並び診療報酬業務が発生し、多くの精神科病院やクリニックに配置されています。

「精神保健福祉士」を取得するメリット

2005年に「障害者自立支援法」が制定されたことにより、精神保健福祉士(PSW)の活躍の場は年々広がっています。精神科病院やクリニックなどの医療機関から、相談支援事業所や地域活動支援センター、グループホーム、ケアホーム、児童養護施設といった生活支援サービス、保健所や福祉事務所、精神保健福祉センターなどの福祉行政機関まで、医療、保健、福祉にまたがる幅広い領域での就職を見込むことができます。また、企業や介護保険関連施設、教育機関などでの相談業務など、医療・福祉以外の分野で必要とされるケースも多く、ストレス社会の現代において精神保健福祉士の役割は大きく、やりがいのある仕事といえるでしょう。

「精神保健福祉士」はこんな人に向いています

精神保健福祉士の主要な仕事は、精神に障害を持つ方に対する相談やサポート業務です。そのため、じっくり人の話を聴いたり、思いやりを持って穏やかに接することのできる方に向いています。また、相談相手との適切な距離を保ちつつ冷静に物事を判断し、問題解決に向けた提案を辛抱強く続けることも大切です。ほかにも、関係機関へのパイプ役となって連絡・調整を行うことも精神保健福祉士の重要な役割であるため、コミュニケーション力の高い方に特に向いている職業といえるでしょう。

「精神保健福祉士」の取得方法

精神保健福祉士になるためには、精神保健福祉士国家試験に合格する必要があります。その後、財団法人社会福祉振興・試験センターに精神保健福祉士として登録することにより、名称の使用を許可されます。

「精神保健福祉士」の受験資格

・社会福祉士の資格保有者である場合、養成施設で6ヶ月以上学んだ後、一部科目免除で国家試験を受験可能 ・保健福祉系の4年制大学で指定科目を履修する ・保健福祉系の短大で指定科目を履修後、2年以上の実務経験がある ・一般4年制大学を卒業後、一般養成施設に1年以上通学する ・一般短期大学を卒業後、2年以上の実務経験がある ・実務経験が5年以上ある ・通新制大学で学位を取得後、養成施設を卒業する