移動介護従事者

「移動介護従事者」とは

移動介護従事者とは、高齢者の方や障害をお持ちの方の外出をサポートする仕事です。別名ガイドヘルパーと呼ばれ、利用者の方の自立と積極的な社会参加を促すことを目的としています。移動介護従事者の業務は、歩行や車イスなどの移動補助、食事や着替えなどの介助、代読・代筆などのコミュニケーション支援など多岐に渡ります。知的障害者の方だけでなく視覚障害者や全身障害者の方の外出介助も行える点が特徴で、活躍の場には在宅介護や訪問介護、老人ホーム、障害者施設などの福祉施設、病院などが挙げられます。

「移動介護従事者」を取得するメリット

移動介護従事者の資格を取得すると、介護職員初任者研修の資格だけではできなかった、視覚障害者や全身障害者の方の外出介助が可能となります。移動介護従事者は訪問介護や老人ホーム、病院、障害者施設など様々な現場で活躍することができ、介護福祉士などの資格を併せ持つことで更に業務の幅を広げることができます。また資格の保有は専門知識を持っている証となり、利用者の方からの信頼も得られ、外出時のスムーズなコミュニケーションにもつながるでしょう。

「移動介護従事者」はこんな人に向いています

移動介護従事者は、利用者の方のニーズを細かく把握する必要があるため、コミュニケーション能力をお持ちの方に向いている仕事です。ケガやトラブルがないよう安全面に気を配ることはもちろん、利用者の方に安心して外出してもらうための心使いも求められます。移動にはストレッチャーや車イスを使用される方が多いため、移動介護従事者の業務では、体力も重要な要素のひとつとなります。また身体状況はお一人おひとり異なるため、相手の立場をよく理解し、何を必要とされているのかを読み取る力も求められます。

「移動介護従事者」の取得方法

移動介護従事者の資格取得には、試験などを受験する必要はありません。資格要件は地域によって異なり、ほとんどの場合は各都道府県や自治体が実施している養成研修を修了することで、資格を取得することができます。

「移動介護従事者」の受験資格

受験資格の規定は特にありませんが、自治体によっては介護福祉士の資格保有を受験資格と定める場合もあるため、確認が必要です。