訪問介護員養成研修

「訪問介護員養成研修」とは

訪問介護員養成研修は、訪問介護において身体介助や家事援助などを行うために必要な認定資格でした。訪問介護員はヘルパーまたはホームヘルパーの通称で知られています。かつては都道府県知事の指定する過程を修了すると取得できましたが、研修体系の見直しにより、訪問介護員養成研修1級・2級は2013年に廃止され、この資格は介護職員初任者研修に移行されました。そのため、今後新たに訪問介護員を目指す方は、介護職員初任者研修を修了する必要がありますが、2013年4月の時点でにホームヘルパー2級の資格を持っている方であれば、介護職員初任者研修と同等の知識と技術を身に付けているとされ、同資格の修了者としてみなされます。

「訪問介護員養成研修」を取得するメリット

訪問介護員(ホームヘルパー)は、訪問介護において、食事、排泄、入浴などの身体介助や生活援助、相談などを行う介護職員です。訪問介護員は介護福祉士と同様、専門知識と技術を習得している介護専門職として、介護の現場で幅広く活躍することができます。そのため、介訪問介護員養成研修は、介護職を目指す方にとって最初に目指す入門的な資格でしたが、2013年の制度改正により、この資格は介護職員初任者研修に移行されました。ホームヘルパー2級に代わる資格として注目される介護職員初任者研修は、未経験・短期間でも挑戦できるため、今後介護や福祉の仕事に携わりたいと考えるすべての方におすすめの資格といえるでしょう。

訪問介護員養成研修の資格を活かせる求人をお探しの方はこちら