新しい環境で心機一転!介護士さんに教えたい引っ越しを成功させるための情報まとめ

エンタメ 2020/01/09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
top
引っ越しの際には、段取りをはじめ、荷造りや運搬などに悩む方も多いのではないでしょうか?新しい環境でスタートするからには、やっぱり失敗はしたくないですよね。そこでピックアップしたのが、引っ越しを成功に導くための情報が得られる記事。これから引っ越し予定のある介護士さんは必見ですよ!

※尚、こちらの記事はPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事になります。

(1)2児ママが教える子連れ転勤で失敗しない物件探しのポイント!


奥様は転妻
『奥サマは転妻』を運営するなっちさんは、転勤族のご主人と2人のお子さんの4人暮らし。
これまでの6年間で4回の引っ越し経験があるというなっちさんは、ブログの中で転勤族ならではの事情や引っ越し前後のお役立ち情報を発信しています。

その中から、今回は《転妻歴6年で引越回数4回。2児ママが教える子連れ転勤で失敗しない物件探しのポイント!》をピックアップしてみました。
ここで挙げられているテーマは、物件探し。
それも、お子さんのいるご家庭向けの物件探しのポイントが紹介されています。
挙げられているポイントは、以下の5つ。

■部屋までの道のりに段差はないか
■集合住宅の場合、掲示板にどんな内容が書かれているか
■駐輪場でファミリー層や管理体制をチェック
■キッチンの形状はどうなっているか
■浴室暖房はあるか

いずれも、小さなお子さんを持つ方が気になる項目ではないでしょうか?
引っ越した後に失敗したと嘆かないためにも、これらの項目は物件選びの重要ポイントとしてチェックしておく必要がありそうです。
それぞれの項目については、本文で詳しく解説されているので、隅々まで目を通してみてください。

ちなみになっちさんのご家庭の場合、引っ越しの2、3週間前に転勤辞令が降りるそうで、じっくり物件を吟味する時間はないとのこと。
同じような境遇で急いで物件を探す必要がある方は、ここで挙げられているポイントさえ押さえておけば、納得のいく物件を早い段階で決定できるかもしれませんね。

【参照元】
https://nacchi-lifestyle.com/howtochoiceyourhouse/


\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)


(2)賃貸の火災保険は「お部屋を借りるときの保険」がおすすめ!


ひびらいふ
遠方の職場に転職したり、転勤になったりして、賃貸住宅に引っ越しをする介護士さんもいるのではないでしょうか?
そんなときに役立つ情報が、ブログ『ひびらいふ』に綴られていましたよ。
それが、こちらの《賃貸の火災保険は「お部屋を借りるときの保険」がおすすめ!》という記事です。

賃貸物件に引っ越すと、基本的には不動産屋さんが指定する火災保険への加入をすすめられますが、実は加入する保険は借りる側が自由に選んでも問題ないのだとか。
そのため、筆者のこんどーさんは、不動産屋さんが指定した保険ではなく、自らが選んだ日新火災の“お部屋を借りるときの保険”というプランに加入したそうです。
上記の記事には、こんどーさんが掛け金を押さえて安心できる保証を手にするために注目した点や、お部屋を借りるときの保険に加入して便利だと感じた点がわかりやすく紹介されているので、賃貸住宅に引っ越し予定のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

引っ越しには、なにかとお金がかかってしまいます。
少しでもコストを押さえて、ゆとりを持って新生活をスタートさせるためにも、無駄な費用を削る工夫は必要なのかもしれません。

【参照元】
https://hibi-life.com/kasai-hoken-oheyawokariru/

(3)引っ越し業者に頼まない。『自力引っ越し』は得か損か


石の湯
引っ越しをしようとすると、かなりの労力とコストが掛かってしまいます。
そのため、転居予定のある介護士さんの中には、引っ越し業者に依頼すべきか、自力で引っ越しをするべきかで悩んでいる方もいるかもしれませんね。

そこで、ここでは、ブログ『石ノ湯を運営しているCGアニメーターの石野雄さんが書いた、《引っ越し業者に頼まない。『自力引っ越し』は得か損か》に注目してみたいと思います。

こちらの記事によると、マイホームを建てた石野さんは、それまで住んでいた賃貸住宅から引っ越しをする際、コストを浮かせようと自力で引っ越しを行ったそうです。
梱包材を自前で用意したうえで、引っ越し前日は精密機器やかさばるものをあらかじめ運び出し、そして引っ越し当日は、両親や仕事仲間の協力のもと、レンタルトラックで荷物を大移動。
テキパキと作業を進めたため、引っ越しはスムーズに終えられたとのことですが、その一方で疲労は大きく、メリットとデメリットの両方を実感したといいます。

このほかにも、記事には石野さん宅の引っ越しの様子が写真付きで記録されているので、自力引っ越しがどんな感じなのかをチェックしてみてはいかがでしょう。
[業者]と[自力]のどちらが自分にとって得なのか、きちんと判断するための材料になるはずです。

【参照元】
http://ishino-yu.net/jiriki-hikkoshi/

(4)一人暮らしのお引っ越し。荷物の量と費用、ちょっとしたコツ


MyFavoriteThings
『My Favorite Things』は、沖縄にお住まいのマサキさんが運営しています。
ブログにアップされている記事は、文房具や雑貨、生活用品などマサキさんお気に入りのアイテムについて書かれたものが中心。
ミニマリストならではの厳選アイテムが気になる介護士さんは必見です!

さて、その中から今回注目したのが、《一人暮らしのお引っ越し。荷物の量と費用、ちょっとしたコツ》
ここには、引っ越し先まで車で5分という近い距離にありながら、なぜ引っ越し業者を頼ったのか、そしてそれに掛かる実際の費用、引っ越し業者を選ぶ際の決定打が明記されています。

たとえば、マサキさんが引っ越し業者を頼った理由として、抱えることさえ困難に近い冷蔵庫を運んでもらえること、時間が節約できることの2点が挙げられていました。
特に仕事の合間を縫っての引っ越しは、身体的にも精神的にも負担がかかってしまう可能性があります。
そんな負担を軽減させるためにも、引っ越し業者の利用を考えてみるといいのかもしれませんね。

また、上記の記事では、梱包のコツについても触れられていましたよ。
マサキさんによると梱包のコツは2つあり、1つは引き出しに細々したものを詰め込むこと、もう1つは収納グッズを使うことだといいます。
コツ1つひとつに詳しい方法が添えられているので、梱包に苦手意識を抱いている方は熟読してみてはいかがでしょうか?

【参照元】
https://www.27labo.com/mfthing/howto/move

(5)引越し作業員が教える荷造りのコツ|いつから何からどの部屋から


引越しのウラオモテ
中村嘉信さんは、18歳の頃から運送業に従事し、引っ越しに関する業務全般を経験してきた引っ越しのスペシャリスト。
自身のブログ『引越しのウラオモテ』を通して、引っ越しのコツや引っ越し業界の裏話を語ってくれています。
親しみやすいイラストと共に解説されているので、引っ越しについて楽しく学ぶことができますよ♪

豊富な引っ越し情報の中から、今回注目したのは《引越し作業員が教える荷造りのコツ|いつから何からどの部屋からなど》
記事には、荷造りを始めるタイミングから大事なポイント、引っ越し時に役立つサービスまで紹介されています。
たとえば、進め方の要点として以下のポイントが挙げられていました。

■普段使わないものから先に手をつける
■玄関から遠い部屋を先に荷造りする
■軽いものは大きな箱、重いものは小さな箱に入れる

このほかにも、家電の荷造り方法、食器や衣類など荷物に合った梱包方法が詳細にまとめられているので、要チェックですよ!

引っ越しをスムーズに進めるためには、荷造りの正しい知識を知り、計画的に準備に取りかかることが大切です。
引っ越しを考えている介護士さんは、中村さんの記事を熟読して今後に役立ててみてくださいね。

【参照元】
https://hikkoshi-faq.com/pack/pack.html

(6)引っ越しするときにやっておけばよかったこと


くまテックブログ
『くまテックブログ』の管理人であるコウスケさんは、これまで複数回の引っ越しを経験している1人。
経験を通して、「やっておけばよかった」と思うこともいくつかあったそうで、その内容が《引っ越しするときにやっておけばよかったこと》にまとめられています。
ポイントは、以下の5つ。

■引越し業者の見積もり比較
■ネット回線の事前申し込み
■不用品の処分
■荷物搬入前の部屋撮影
■荷造りの工夫

引っ越しの見積もり比較は、費用を抑えるためにもぜひ検討したいところでしょう。
引越し前は忙しくて、なかなか手が回らないかもしれませんが、そのひと手間が節約につながりますよ。

また、引越し先ですぐにネットを利用したい方は、[ネット回線の申し込み]の項目が参考になります。
特に、引っ越しシーズンは、回線工事の予約がすぐに埋まってしまうため、可能であれば早めにアクションを起こすといいそうです。
そのほかの内容についても知っておきたいものばかりなので、ぜひ目を通してみてくださいね。

ブログには、こちら以外にも、おすすめの本や商品のレビュー記事、生活にまつわるお役立ち情報が綴られています。
引っ越し準備で疲れたときに覗いてみると、いい気分転換になるかもしれません♪

【参照元】
https://kumatechblog.com/lifehack/moving-hack

(7)【段ボール】ゆうパックで引っ越しの荷物をコスパよく送る方法。


派遣社員ですが
元派遣社員の管理人さんが、派遣社員のリアルな実情や暮らしのお役立ち情報を綴っている、『派遣社員ですがリッチな生活しています。』
こちらのブログから、今回タメになる情報として注目したのが、《【段ボール】ゆうパックで引っ越しの荷物をコスパよく送る方法。》という記事です。
ここでは、これまで3回引っ越しを経験してきた管理人さんが、ゆうパックの活用術と引っ越しのポイントをまとめてくれています。

管理人さん曰く、ゆうパックは荷物が少なく、すべての荷物をダンボールで送れる人に最適なサービスとのこと。
ゆうパックで余計な費用を掛けないためには、必要最低限のものだけを送ることが大切だといえます。
もし、家具や冷蔵庫など大きな荷物を送りたい場合は、違うサービスを利用したほうが費用を安く抑えられることもあるそうですよ。

なお、管理人さんは、いらないものは徹底的に処分し、売れそうなものは売却することが一番重要だと語っています。
おすすめの売却方法も併せて紹介されているので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

そのほかにも、粗大ゴミの処分方法やダンボールの荷造りのコツなど、知っておきたい情報が詳しく書かれています。
引っ越しの疑問や不安を解消したい方は、ぜひ最後まで一読してみてくださいね。

【参照元】
https://www.richhaken.net/entry/yupack

(8)東京から福岡へ移住。ネコ3匹と小型犬1匹と一緒に車移動した話


こうじさんブログ
「引越し先にペットをどうやって連れて行こう?」とお悩み中のヘルパーさんはいませんか?
近距離移動ならさほど悩まずに済むものの、遠方への移動となるとそうはいきません。

犬を1匹、猫を3匹飼っている『こうじさんブログ』の管理人さんも、東京から福岡へ移動する際、ペットをどうやって運ぶか悩んだそう。
そのときの様子が、《東京から福岡へ移住。車でネコ3匹と小型犬1匹と一緒に移動した話》に綴られています。

管理人さんは、移動手段として[飛行機][新幹線][車]の3つを候補に挙げました。
そのうち、真っ先に選択肢から外れたのは飛行機。
ペットは貨物扱いとなり、騒音が響く真っ暗な部屋で輸送されることから、ペットへの負担が大きいと考えたためです。
その次に断念したのは新幹線。
一緒に乗車できるものの、移動中のペットの鳴き声に不安を覚えたため、行動に移すことはありませんでした。
結局、最後に残った車での移動を決意した管理人さん。
最初は長距離の移動に不安を感じていたとのことですが、思ったよりもスムーズに移動できたそうですよ!

記事の後半では、ペットを車で運ぶ際の注意点が書かれています。
事前に知っておくことで、しっかりと対策を講じることができますね。

【参照元】
https://koji3.com/fukuoka-moving/

(9)【失敗しない!】賃貸でペットを飼うときの注意点を解説します


あゆのこにこにこブログ
ペット可の賃貸へ引っ越しを考えている方に、ぜひ読んでほしいのがこちらの《【失敗しない!】賃貸でペットを飼うときの注意点を解説します》という記事。

ここでは、ペット可の賃貸で犬を飼った経験があるあゆのこさんが、賃貸でペットを飼う時の注意点と物件選びのコツをまとめてくれています。

まず、賃貸でペットを飼う注意点として挙げられているのが以下のポイント。
■退去時の対応を確認しておく
■入居前に物件の汚れや破損を写真に残す
■フローリング、床、畳の保護をする
■ケージ、ハウス周りの壁の保護をする
■ペットが立ち入れるスペースを制限

上記では、退去時の費用トラブルを未然に防ぐ方法、物件の破損を最低限に抑えるポイントが詳しく書かれているので、じっくり一読されることをおすすめします。

また、物件選びのコツでは、ペットを飼うのに適した水回りの条件、ご近所トラブルを避けるために確認すべき点などに触れています。犬を飼っているあゆのこさんだからこそわかる、具体的なノウハウがまとめられているので、こちらも要チェックですよ!

そのほか、『あゆのこ✽にこにこブログ』の中には、共働きや一人暮らし家庭での犬との生活に役立つ記事もエントリーしています。犬を迎える前の準備、共働きで犬を飼う時に必要なもの、トイレのしつけなどが語られているので、ペットとしてワンちゃんを飼いたい、もしくは飼っている介護士さんは参考にしてみるといいでしょう。

【参照元】
https://ayunoko2525.com/pet-rent-house/

(10)引越し後の片付けのコツはひとつだけ!整理収納の手順公開


すっきりが続く
引っ越しが終わった後、なかなか大変なのが荷物の片付け作業でしょう。
このとき、なんとなくで作業を進めてしまうと「なぜかダンボールが減らない…」といったことになりかねません。
後々面倒な思いをしないためにも、あらかじめ片付けの手順を考えておくことが大切です!

その際に紹介したいのが、整理収納アドバイザーの資格を持つ市村千恵さんが執筆した《引越し後片付かない|片付けのコツはひとつだけ!整理収納の手順公開》

記事によると、整理してから収納することが、片付けのコツとして挙げられています。
つまり、すべての持ち物を把握し、分類した後に収納する手順が重要なのだそうです。

とはいえ、すべての持ち物を一気に把握するのは大変ですよね。
そこで、市村さんが推奨しているのが、一種類ずつ限定して片付ける方法。
記事には例として、洋服を片付ける場合の手順がまとめられているので、しっかり一読することをおすすめします。

市村さんのブログ『すっきりが続く おうちと思考の整理術』には、片付けの方法、インテリア、収納グッズなど、快適な住まいをつくるヒントが詰まっていますよ。
引っ越しして理想的な生活空間を作りたい方は、ぜひ隅々まで目を通してみてくださいね♪

【参照元】
https://t-morning.com/how-to-tidy-up-after-moving/


介護士として専門性を高めるためには、資格の活かせる職場で働くのがオススメです。きらケアを使えば、自分に合った職場を見つけることも可能。自分らしい働き方ができる職場で、より専門性の高い介護をしませんか?介護福祉士(介護士)の求人検索は、ぜひきらケアをご利用ください。
https://job.kiracare.jp/feature/qf14/

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧