趣味があるって憧れる!趣味を見つけたい介護士さんの参考にしたい記事特集

エンタメ 2019/07/22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
時間を忘れるくらい夢中になれる趣味があると、マンネリ化した生活にメリハリが生まれたり、リフレッシュを図ったりすることができます。しかし、介護ワークに追われていると、なかなか趣味と呼べるものに出会えない方もいるかもしれませんね。今回は、そんな介護士さんのために、趣味探しの参考になる記事を特集します!仕事だけの毎日から潤いのある暮らしにシフトするためにも、ぜひ参考にしてください☆

【目次】


(1)無趣味から多趣味になる為に始めた4つのこと
(2)管理人の盆栽
(3)夏の収穫祭!
(4)野鳥観察の魅力3つ!【主な野鳥観察の楽しみ方も紹介】
(5)乗馬のススメ
(6)編み物って楽しい!アクリルたわしハンドメイドしてみたら・・・
(7)美術館巡りを趣味にする3つのステップとコツ!
(8)【超簡単】初めてでも失敗しない丸パンのレシピ
(9)読書は孤独な趣味か

(1)無趣味から多趣味になる為に始めた4つのこと


人形は四畳半で夢をみる
「何らかの趣味を持ちたいものの、思うように見つけられない…」という介護士さんにぜひ読んでほしいのが、『人形は四畳半で夢をみる』に掲載中の《無趣味から多趣味になる為に始めた4つのこと》という記事。

今でこそ多趣味だという筆者の藤依ひなさんは、以前は無趣味で、やりたいと思えることが一つもなかったといいます。
その理由は、自分自身に興味がなかったり、諦め癖がついていたり、周囲が望む普通でいることを選んでいたりしてたから。
しかし、藤依さんには何をするときでも楽しそうにする友人がおり、その姿を見ているうちに憧れを抱いていきました。
そして、友人の「何でもいいから、趣味をつくってみれば?」との言葉が胸に刺さり、趣味を見つけるために以下の4つのことを行ったそうです。

・好きなことを書き出してみる
・片っ端から試してみる
・常に何事にも興味を持つようにする
・好きなことを見つけたら、人に伝えてみる

まず、自分が興味を持てそうなものや楽しいと感じたものはすぐメモを取り、情報を集めることからスタートします。
それから、ピックアップしたものを片っ端から試していき、「没頭したい!」と感じられたら、それを趣味にするのだとか。
また、好奇心のアンテナを張ったり、好きなことを誰かに向けて発信したりすることで、自分の中の好きという認識を高められるとも綴られています。

このように、いろんなものに目を向けて視野を広げるようにすると、自分が楽しいと思えることも見つけやすくなるそうですよ。
本文には、これらのことがより詳しく紹介されているので、無趣味を卒業するためにも熟読してみてくださいね!

【参照元】
https://stelladia.club/雑記/musyumi-tasyumi/


▲目次へ戻る

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは

(2)管理人の盆栽


癒やしの陸亀リクガメの飼い方
『癒やしの陸亀 リクガメの飼い方』というサイトの運営者さんは、ロシアリクガメを愛する一方で、写真や登山、盆栽などの趣味も満喫しています。
そのため、サイト内には、ロシアリクガメの飼い方だけでなく、趣味について書かれた記事も多数エントリー中。

そこで今回は、趣味のカテゴリーの中から、一人でも十分に楽しめる趣味について書かれた《管理人の盆栽》という記事にスポットを当ててみたいと思います!
この記事によると、盆栽は中国から日本にやってきたのがはじまりで、日本文化に溶け込むことで今の形に定着したのだとか。
サイトの運営者さんは、現在、山もみじや黒松、桜、梅、赤松などの苗を入手し、幹を好みの形に曲げたり、葉を剪定したりして樹形を整え、その育成過程を見守っているそうです。
そして、コストがかからず、四季の移り変わりを身近に感じられる点が盆栽の魅力だと語っています。

「趣味を持ちたいけど、大金をかけられない…」「何かを創造したり、育てたりする楽しみを感じたい」という方は、じっくり本文をチェックしてみると、盆栽に興味を持てるかもしれませんよ♪
盆栽は地味で初心者には手が出しにくい趣味だと思われがちですが、老若男女を問わず愛好家がいます。
介護施設を利用している高齢者の中にも盆栽を嗜む方がいる可能性は高いので、趣味にすると会話のネタにもなるのではないでしょうか。

【参照元】
https://www.rikugame.club/archives/7325


▲目次へ戻る

(3)夏の収穫祭!


hiwajun趣味ブログ
ドライブや畑作業をはじめ、ランニングにサイクリング、音楽鑑賞etc…、バラエティに富んだ趣味を持っているのは、『hiwajun.「趣味」ブログ』を運営しているhiwajunさん。
ブログには、それらの趣味について綴った記事がたくさん公開されています。
もしかしたら、介護士さんが挑戦したいと思えるような趣味も、このブログの中で語られているかもしれませんよ。

たとえば、《夏の収穫祭!》は、土いじりを趣味にしたい方にピッタリの記事です。
hiwajunさんは一年前から畑作業をはじめたそうですが、その収穫量はビギナーとは思えないほど!
大量のミニトマトに丸々と太ったナス、光沢のあるピーマンなど、たくさんの収穫された夏野菜が紹介されています。
草むしりや虫との格闘など、大変なこともあったようですが、丹精込めて育てた野菜を収穫し、食べるときの喜びは格別だったことでしょう。
畑がない方も、庭の省スペースを使ったり、プランターを用いたりしての野菜づくりなら、チャレンジできるかもしれませんよ。

土いじりは自然との触れ合いにもなるため、癒やし効果も期待できます。
また、無事に収穫にこぎつけられると家計の助けにもなるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
https://hiwajunblog.com/harvest-festival-of-summer


▲目次へ戻る

(4)野鳥観察の魅力3つ!【主な野鳥観察の楽しみ方も紹介】


ネイチャーエンジニア いきものブログ
都会の活気ある雰囲気よりも、緑豊かで静かな環境のほうが落ち着くという介護士さんは、自然の中に身を置いてできる趣味を探してみてはいかがでしょう?
たとえば、バードウォッチングは、自然とシンクロできるような趣味の一つ。
研ぎ澄まされた空間の中で野鳥の姿を探し、そのさえずりを耳にしたときには、心が弾むかもしれませんよ。

『ネイチャーエンジニア いきものブログ』を運営する亀田恭平さんも、バードウォッチングに心奪われた一人です。
これまで、なんと300種類以上もの野鳥に出会ってきたのだとか。
そんな亀田さんが執筆した《野鳥観察(バードウォッチング)の魅力3つ!【主な野鳥観察の楽しみ方も紹介】》には、バードウォッチングの魅力が綴られていました。

亀田さんによると、野鳥は山だけでなく、田んぼや公園など、ごくごく身近な場所でも探すことができるのだとか。
しかも、野鳥を撮影するための高性能なカメラがなくても、目や耳で観察するだけで、十分に楽しめるといいます。
上記の記事には、野鳥観察のいろいろな楽しみ方を紹介されている他、野鳥と愛玩鳥の違いについても言及。
バードウォッチングに少しでも興味のある方は、本文を読んで、より楽しめる方法を探ってみてくださいね!

ブログには、今回紹介した記事以外にも、亀田さんが魅了された動植物の記事が豊富にエントリーしています。
自然が好きな方は、他の記事もぜひお見逃しなく!

【参照元】
https://www.nature-engineer.com/entry/2018/06/04/231905


▲目次へ戻る

(5)乗馬のススメ


人生はこれから
愛妻家のどさんこPさんは夫婦で乗馬を楽しんでいるミドル世代。
ブログ『人生はこれから!』に、愛馬や乗馬に関する記事を綴られていますが、どの記事からも馬への想いが滲み出ています。

「馬は大きくて怖そう…」「乗馬ってセレブだけの趣味なんじゃない?」という方は、掲載中の記事を読むと、乗馬に対するイメージが変わるかもしれませんよ。
今回はそんなブログの中から、スポーツを趣味にしたい介護士さんのために《乗馬のススメ》という記事をピックアップしました!
ここには、乗馬の面白さが綴られていますが、優雅なイメージに反して、意外と体のいろんな部分を使うハードなスポーツであることがうかがえますよ。

どさんこPさんによると、馬に跨ったら体幹のバランスを取ったり、両手両足を動かして自分の意志を馬に伝えたりしなければならないため、全身運動になるのだとか。
また、馬との触れ合いで癒やし効果を得ることもできるので、リフレッシュ効果が期待できるそうです。
乗馬クラブでは、年齢や体力、個人のスキルに応じて指導を受けられるので、興味のある方はぜひ体験乗馬からはじめてみてはいかがでしょう。

馬上で過ごす非日常的な時間は、平凡な毎日に潤いを与えてくれるかもしれませんよ♪

【参照元】
https://hidakakonbu.net/kangae/jyouba-179/


▲目次へ戻る

(6)編み物って楽しい!アクリルたわしハンドメイドしてみたら・・・


アオゾラシコウ
「趣味につながるような新しいことをはじめたいけど、家計の負担になるようなことには手が出せない…」と思うと、なかなか一歩を踏み出せない介護士さんは、こちらの記事《編み物って楽しい!おすすめのアクリルたわしハンドメイドしてみたら・・・》に注目してみてはいかがでしょう?

筆者のhanaさんは、こどもの頃から編み物にハマっており、今でも時間を見つけては作品作りに熱中されているのだとか。
そんなhanaさんが、編み物ビギナーの方でも挑戦しやすいアクリルたわし作りを紹介してくれています。
アクリルたわしは簡単に作れるうえに、必要な道具はかぎ針とアクリル毛糸だけなので、コストがかからず、ビギナーにはうってつけですよ。
しかも、作ったアクリルたわしは食器洗いに使えるので、お得さ倍増♡
編み物という新しい趣味を楽しみながら、生活に役立つものが作れるなんて、まさに一石二鳥です!

上記の記事には、アクリルたわしのさらなる用途や、編み物を趣味にすることで得られるメリットなども記されています。
読めば今すぐにでも、アクリルたわしを作ってみたくなるかもしれませんよ。
ぜひ、チェックしてみてくださいね♪

ちなみに、hanaさんのブログ『アオゾラシコウ』には、商品レビューや生活シーンに役立つ情報なども数多く掲載されています。
主婦や会社員の顔を持ち、ブロガーとしても活動するhanaさんの記事は、スキマ時間を埋める読み物としてもおすすめですよ。

【参照元】
https://aozorashikou.com/acrylic-scrubbing-brush/


▲目次へ戻る

(7)美術館巡りを趣味にする3つのステップとコツ!


まどかの暮らし方
知的なことを趣味にしたい方は、「20歳を過ぎてから、美術館巡りにハマった」という、まどかさんが綴る《美術館を趣味にする3つのステップとコツ!初心者でも絵画鑑賞が好きになる♪》という記事を読んでみてはいかがでしょう。
筆者のまどかさんは、以下の3つのステップを踏み、美術館巡りを趣味として楽しめるようになったそうです。

・自分が興味のある芸術のジャンルを把握する
・本物を観に行く
・興味を持った作品のストーリーを調べてみる

まず、どのジャンルの美術館に行くと楽しむことができるのかを自身で把握するために、興味のあるジャンルの本を手に取ってみるのだとか。
このとき、斜め読みでも構わないので、西洋美術や現代美術など、どんなジャンルに興味があるのかを自身で知ることがポイントになるとまどかさんはいいます。
そして、自身の好きなジャンルがわかったら、実際に美術館に足を運びますが、「○○展」というような美術のイベントに行ってみるのもおすすめとのこと。
各美術館では、ルーヴル美術館の作品ばかりを展示した「ルーヴル美術館展」や印象派の画家の作品を集めた「印象派展」など、さまざまなイベントも行われているようですよ。

興味のあるジャンルの作品を実際に目の当たりにすると、さらなる興味が湧いてくるかも♪
記事には、初心者が美術館巡りを趣味にするときに知っておきたいポイントについても触れているので、くまなくチェックしておきましょう。

なお、まどかさんは『まどかの暮らし方』というブログを運営しています。
簡単スイーツレシピやお金のこと、断捨離、育児など、仕事と家庭を両立する介護士さんにとって役立つ記事も数多くエントリーしているので、他の記事も併せて読んでみてくださいね。

【参照元】
https://madoka1228y.com/time/trip-outdoor/kaiga-tanosshimu/


▲目次へ戻る

(8)【超簡単】初めてでも失敗しない丸パンのレシピ


ふくともパンブログ
グルメな介護士さんにおすすめしたいのは、調理系の趣味!
調理系の趣味といえば、創作料理やお菓子作り、コーヒーの焙煎などがありますが、今回はパン作りに注目してみましょう。

自宅で焼きたてパンを食べるため、独学でパン作りを習得したふくともさんが運営している『ふくともパンブログ』には、自家製パン作りのノウハウが公開されていました。
こちらの記事、《【超簡単】初めてでも失敗しない丸パンのレシピ》はその中の一つで、初心者でも簡単に作れる丸パンのレシピと、気をつけたいポイントが写真付きで書かれています。
記事を熟読すれば、発酵作業やグルテンチェック、ガス抜きなど、パン作りならではの奥深い世界も知ることができますよ。
自家製パン作りに興味が湧いた方は、まずは手始めに丸パン作りに挑戦してみてはいかがでしょう。

また、ふくともさんのブログには、パンが上手く焼けないときの対処法やパン作りに必要な道具、パン作りを楽しむための心得など、初心者必見の豆知識もエントリーしています。
手作りパンに挑戦する前に、ぜひそれらの記事も併せて読んでおくこと良いかもしれませんよ。

【参照元】
https://fukutomo-pan.com/first-roundbread/


▲目次へ戻る

(9)読書は孤独な趣味か


本好きサラリーマンつみれのすきま時間読書ブログ
「良い本に出会いたい」「大勢の人と、本の魅力を分かち合いたい」
1人で静かに本を楽しむ介護士さんの中に、実はこんな気持ちになったことがある方もいるのではないでしょうか?
もちろん、ゆったりと1人で読書の時間を持つことも素敵ですが、大勢で楽しむ方法を知ることで、より楽しみの幅が広がりますよ♪

《読書は孤独な趣味か》を執筆したつみれさんは、「本を読むことだけが読書の楽しみではない」と言います。「本を読む」という行為自体はもちろん1人なのですが、「読書コミュニティサイト」を利用することで、Web上で本好きな人とコミュニケーションを取ることができるようになったとのこと。
「読書メーター」は、利用開始から約5年経過しているそうですが、生活の一部になっていて、今やつみれさんの読書ライフに欠かせないツールとなっています。

読書メーターとは、読書記録や国内の読書家たちと交流ができるツールです。つみれさんは、読んだ本の感想をアップロードしていくうちに、徐々にWeb上でお友達ができたとのこと。
自分の感想を読んでもらう嬉しさや、気になる本の感想を見られるというメリットに魅了されたようですよ♪

気軽に大勢で楽しめるWeb上でのツールのほか、読書好きな人とリアルにコミュニケーションが取れるといったイベントもあると言います。記事では、そちらも紹介してくれているので、お見逃しなく!

『本好きサラリーマンつみれのすきま時間読書ブログ』には、ミステリーやサスペンス、歴史、自己啓発、SFといった多様なジャンルの本の書評をエントリーしています。
読書が趣味という介護士さんの、本の楽しみ方が変わるかもしれませんよ。

【参照元】
https://tsumitsumi.com/kodoku


読書やハンドメイドなどリフレッシュできる時間が持てると、介護のお仕事にも新鮮な気持ちで向き合えそうですね。「趣味を見つけたけれど、なかなか時間を作れない」とお悩みの方は、きらケアにご相談ください。きらケアでは、完全週休2日の介護求人もご紹介しています。完全週休2日のお仕事なら、メリハリのあるライフスタイルを確立しやすいですよ。そのほか、ご希望の施設形態や勤務形態などもアドバイザーがしっかりヒアリングいたします。職場の雰囲気や評判などもお伝え可能です。自分らしく輝ける職場をお探しの方は、ぜひきらケアをご利用ください。

きらケアのご紹介



介護の求人、転職、派遣のエージェントサービス「きらケア」のサイトTOP

求人を探しているとき、待遇や業務内容、施設の運営方針や人間関係などなど…実際入ってみないとわからないけど気になることってたくさんありますよね。自分のやりたいことや譲れない条件が合わないまま入職すると、自信を失ってしまったりすぐに辞めてしまったり、というのはよくある話。
せっかく介護のお仕事にやりがいを感じているのに、「こんなはずじゃなかった!」と思って諦めてしまうなんて絶対にもったいないですよね。
きらケアの登録はこちら

Q4.あなたにとって仕事のモチベーションは何ですか?(2つまでお選びください)
出典:https://job.kiracare.jp

きらケアの調査によると、介護職の仕事のモチベーションは「仕事そのものの楽しさ」や「同僚やご利用者、ご家族からの感謝」「給与・昇進」など。介護のお仕事を楽しく続けるためには自分の譲れない条件や、やりたいケアなど、施設や事業所との「ミスマッチ」を防ぐことがとっても重要です。

きらケア

きらケア』は介護業界専門の求人・転職エージェント。入職してからでないとわからない待遇面や業務内容だけでなく、職場の人間関係や評判といった気になる情報もお知らせ!介護業界に精通したアドバイザーがヒアリングし、あなたのご希望にあった施設をご紹介します。

きらケアの特徴


・介護業界に特化している
・人間関係や施設の状況などの内部情報に詳しい
・書類チェックや面接などのアドバイスも
・求人の応募、年収や待遇などの条件の交渉など全部お任せOK
・入職後もLINEなどで気軽に相談ができる

きらケア利用者の実際の声



私が言わなかった条件の他にも「こういう所がありますよ」と教えてくださったり、こまめに対応してくださって助かりましたね。履歴書の添削でも、「字が綺麗だから大丈夫」と褒めていただいたり、自分では見落としがちな年月日の間違いに気付いていただけたので安心できました。(30代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp

好条件なのと、その時の担当さんと相性が合ったからです。担当さんがかしこまったりせず、フランクに話してくれたので何でも話せました。自分が重要視している時給のことも、他の会社には「そんな金額ないです」と言われていたのに、親身に聞いて探してもらえました。(40代・女性・ヘルパー介護職)
出典:https://job.kiracare.jp


自分らしいケアがしたい!お給料がよいところで働きたい…!プライベートも大事にしたい!
そんな方はぜひお気軽にきらケアのアドバイザーにご相談ください*

※きらッコノートは、介護の求人サービス「きらケア」が運営する介護士さんのための情報サイトです。

\ 介護業界の転職ならきらケア /
アドバイザーに相談(無料)
介護の求人・派遣サービス《きらケア》とは
きらケア転職/派遣 成功体験談はこちら

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧