目指せ、ミニマリスト!モノも心もスッキリしたい介護士さんに断捨離のコツを教えます☆

エンタメ 2019/07/03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
「物が多すぎて、何がどこにあるかわからない!」という介護士さんはいませんか?そういうときこそ断捨離のチャンス!片付けの方法やコツについて書かれている記事を参考にしながら、身の回りをスッキリさせていきましょう。整理整頓することで気持ちもスッキリできますよ。

(1)古着宅配買取サービス「フクウロ」の感想をレビュー


MaisonGaikotsu
「着なくなった服を整理したい」そんな方にピッタリな内容を発見しました!
それがこちらの《古着宅配買取サービス「フクウロ」を実際に利用して見た。その査定結果、口コミや評判、利用してみての感想をレビュー》という記事。

執筆したのは、アパレル会社に勤めた経歴、さらに買取サイトのバイヤー査定員の経験もあるオカダさん。
ここではファッションに精通したオカダさんが、古着宅配買取サービス"フクウロ"を使った感想を語ってくれています。

"フクウロ"とは、ブランド物の古着を査定して買い取りしてくれるサービスのこと。"フクウロ"に宅配便で古着を送ると査定結果がメールで届き、こちらが承認すると買い取りしてもらえます。
買い取りキットの手数料・振込手数料・キャンセル料・返送料などは一切かからず、完全無料で古着を売れるのが大きな魅力です♪

記事には、オカダさんが実際に"フクウロ"に出した商品と査定後の結果が記載されています。
アイテム4つの内、1つが査定対象外になりましたが、結果的に4000円の買い取りとなり、オカダさんは「かなり満足」とコメントしています。
どんな服がどんな値段で売れたのか、気になる方は確認してみてくださいね。

いらない服を処分しながらお小遣いをゲットできれば、より整理整頓が進みそうですね♪
服の断捨離を進めたい方は、こちらのサービスを検討してみてはいかがでしょう?

また、オカダさんのブログ『Maison Gaikotsu』には、複数の古着宅配買取サービスを比較した内容もアップされています。宅配買取に興味を持った方は、こちらもお見逃しなく!

【参照元】
http://maison-okada.tokyo/2018/10/14/kaitori-fukuro/

\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)



(2)H&Mの古着回収サービスで服をリサイクルし、クーポンを貰う


Debriefing
オシャレが好きな介護士さんにとって、着なくなった服の処分は悩みのタネではないでしょうか?
洋服は捨てる以外に、状態の良いものはリサイクルショップに持ち込んだり、フリマアプリを利用して売ったりする方法がありますが、あまり手間暇をかけたくない方は、《H&Mの古着回収サービスで、服をリサイクルしながら500円クーポンを貰う方法》という記事を参考にしてみてください。

この記事によると、ファストファッションブランドのH&Mでは、古着の回収サービスを行っており、古着を引き取ってくれるそうです。
しかも、回収品は洋服だけでなく、靴下やタオルなど、布製品であればなんなでもOK。
袋に入れて店舗に持ち込むと、500円のクーポン券と交換してくれるのでお得感も感じられますよ。

ちなみに、H&Mで回収された古着は、REWEAR(リウェア)・REUSE(リユース)・RECYCLE(リサイクル)・ENERGY(エネルギー)の4つの用途に分けられて再利用されるので、エコ活動にもつながります♪
「フリマで売ると手間暇がかかる」「リサイクルショップの査定待ちが苦手」という方は、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

今回紹介した記事は、『Debriefing』というサイトに掲載されていました。
ここには、Web制作に関することをはじめ、仕事や生活のお役立ち情報がアップされているので、アクセスすると他にも耳寄りな情報と出会えることでしょう。
スキマ時間の読み物としてもおすすめです!

【参照元】
https://www.debriefing-web.com/entry/tips/hm

(3)【断捨離】服を減らすだけでおしゃれになれる?!


ラクするシンプル
「服を減らすとおしゃれになれる」そう語るのは、『ラクする×シンプル』を運営するかおりさん。
こちらの《【断捨離】服を減らすだけでおしゃれになれる?!クローゼットをシンプルにする方法》の記事では、服を減らしておしゃれになれる理由と、クローゼットを片付けるコツが書かれています。

まず言及しているのが、服を減らしておしゃれになれる理由。
ここでかおりさんは、断捨離でクローゼットの空間にゆとりができれば、シワやほつれのないキレイな状態で服を着ることができ、結果的に「品のよいちゃんとした人」に見えるのだと述べています。さらに、本当に自分に似合う服だけがクローゼットに残ることで、確実におしゃれになれるのだそうです。
実際にかおりさん自身、服を断捨離したことで友人から「おしゃれになったね」と声を掛けられるようになったそうですよ!

そして記事後半では、クローゼットをシンプルにする方法として、以下の3つのステップを挙げています。

1.服を断捨離する
2.のこした服を点検する
3.新しく服を買う

ステップの中では、捨てるべき服のボーダーライン、新しい服の選び方など、服を増やさないための大事なアドバイスが語られています。
本当に着たい服がわからないほどクローゼットがギュウギュウ詰めになっている方は、この3ステップを押さえて服の断捨離を検討してみてはどうでしょう?

またサイトには、上記以外にも断捨離に役立つヒントが掲載されていたので、一緒にチェックしてみてくださいね♪

【参照元】
https://www.kurashisukoyaka-simplelife.com/entry/2018/11/18/171822

(4)子どもの思い出の品を断捨離するコツ。執着を手放すポイントとは


シンプルライフ物語
「自分のものを断捨離するときはスムーズに進むけど、こどものものを片付けようとするとなかなか作業が進まない」
というママさんヘルパーは多いのではないでしょうか?
お子さんに「捨てたくない」と言われたら、処分するのは難しいですもんね。
いったいどうすれば、気持ちよく断捨離することができるのでしょう。

解決のヒントをお探しの方は、『シンプルライフ物語』というブログに掲載してある《子どもの思い出の品を断捨離するコツ。「捨てない」「捨てられない」の執着を手放すポイントとは?》の記事が参考になりますよ。

ブログを運営しているのは、シンプルなくらしを実践中の粟山花美さん。
粟山さんは、中学生の娘さんと一緒に小学校時代の思い出の品を断捨離することにしました。

まずは、思い出の品を一箇所に全部出すところからスタート!
それから、「使うもの」と「使わないもの」に仕分けしていきます。
次は、「使わないもの」を「取っておくもの」と「処分するもの」に仕分け。
このように順を追っていくことにより、作業はスムーズに進んでいったそうですよ。
「取っておかなくてもいいけど、捨てるのはもったいない」といったものに関しては、「誰かに寄付する」というクッションを用意することで、気持ちよく手放すことができたのだとか。

この手順で行けば、これまで捨てることのできなかった思い出の品を断捨離できるかもしれませんね。

さらに、記事ではお子さんの「捨てる力」を育むためのある方法が紹介されています。
思い出の品を断捨離する前にトライしてほしい内容なので、ぜひ読んでみてくださいね。

【参照元】
https://aouei.hatenablog.jp/entry/kodomonoomoidedansyari

(5)子供のおもちゃの断捨離。捨てられないおもちゃも捨てる方法!


ゆるミニマリスト主婦の片づけとシンプルライフ
『ゆるミニマリスト主婦の片づけとシンプルライフ』を運営しているのは、シンプルで丁寧なくらしを実践しているナミさん。
ブログには、「断捨離」「掃除術」「時短家事」など、魅力的なキーワードが並んでいます。

「不要なものに囲まれた生活から脱却したい!」
という介護士さんをサポートしてくれる記事が満載ですので、断捨離に取り掛かる前にぜひ目を通してみてくださいね。

今回ピックアップするのは、《子供のおもちゃの断捨離のコツ。捨てられないおもちゃも捨てる方法!片付けられない子供が片付けやすい子供部屋に。》の記事です。
断捨離しようとする際にママさんヘルパーがもっとも手こずる場所といえば、こども部屋ではないでしょうか?
こどもの意思を尊重しながらの片付けは、必要以上に時間がかかってしまいますよね。

そこでナミさんが紹介しているのは、タイマーを活用した片付け法。
例えば、
「いるものといらないものを10分で決めよう!」
と目標を設定することで、こどもたちは集中して断捨離に取り組むことができるようになるのだそうです。
これは実践してみる価値ありですね!

記事の後半では、こども部屋の収納スペースの写真が公開されています。
「断捨離したのに部屋がすっきりしない」
とお困りの方は、収納スペースの作り方も併せて参考にされてみてはいかがでしょう?
憧れのシンプルライフに近づくためのヒントが得られるはずですよ♪

【参照元】
https://simplelife-white.com/post-4434

(6)【断捨理】写真や思い出の品も整理。断捨理を続けて気づいたこと


雑記帳
「自分と向き合う断捨理」をしたことを綴ってくれている《【断捨理】写真や思い出の品も整理。断捨理を続けて気づいたこと》という記事に注目してみましょう。

筆者は家の片付けの際に、衣類や本、その他の不用品などをひたすら断捨理したということですが、最後に最も難しい断捨理をしました。
それがアルバムや手紙、色紙といった"思い出のもの"。
衣類や小物などは"使う"か"使わないか"を基準に考え断捨理をするのですが、こういった思い出が詰まったものは、心の支えになっていたり、懐かしく感じたりするもので、実用的ではないものの、捨てるのに躊躇してしまいがちですよね。

しかし、分厚いアルバムや嵩張った手紙などがクローゼットを占領して耐えられない、ということで断捨理を決めた筆者。
思い出の写真や手紙を断捨理するコツとしては、過去の苦い思い出もの、見ていて良い気持ちにならないものは思い切って断捨理したとのことです。
筆者は、見ていて楽しい思い出が思い出される写真だけを吟味。そうして残った写真をひとつのアルバムにしたのだとか。

過去の苦い思い出も今となっては良い思い出、となることもあるかもしれませんが、未来のスペースを確保すると考えれば、より気持ちよく断捨理することができそうですね♪

記事は『雑記帳』というブログの中にあるので、スキマ時間にアクセスしてみてはいかがでしょう?

【参照元】
http://www.sawakane.com/写真や思い出の品も整理。断捨離を続けて気づい

(7)断捨離した食器をリサイクル 無料でする方法


ちょいよみExpress
《断捨離した食器をリサイクル 無料でする方法》は、「断捨離したものの、捨てるのがもったいない!」という介護士さんにおすすめの記事です。
筆者のpolestarさんは、断捨離した食器類のその後について紹介してくれました。
必要のない食器と判断した食器類たちですが、もの自体はまだ使えるため「もったいない」という考えになったpolestarさん。
捨てるつもりのものなら、「少しでもお金に変えて高く手放したい」とのことで考えたのが"フリマやオークションサイト"への出品です。

ここで利用したのがメルカリやヤフオク。
特にブランド物やマニアックでお店でなかなか見かけるものがないもの、などは売れやすいと言います。
メルカリですと、同じブランド物を検索し、他の出品者より少し安く値段設定をすることで売れやすくなるのだとか!

ネットで売れなかったものは、リサイクルショップへ買い取りしてもらうのですが、ここでも値がつかないものがあり、その食器は不燃ごみに行きます。

が、ここでもどうにかリサイクルしたいという気持ちのpolestarさん。
次に考えたリサイクル方法が、とても素敵でしたよ。
続きはぜひ記事で確認してみてくださいね♪

『ちょいよみExpress』には、生活に役立つ記事が満載です。
身近な悩みが解消されるかもしれませんよ☆

【参照元】
https://riechabin.com/87.html

(8)冷蔵庫が調味料だらけなら断捨離するとスッキリ解決するという件


片付け嫌いの断捨離シンプルに捨てる生活を始めたらこうなった
調味料だらけだった冷蔵庫の中身を断捨離する工程と、その気付きを綴ってくれている《冷蔵庫が調味料だらけなら、断捨離するとスッキリ解決するという件》という記事をご紹介します。

筆者のななおさんは、冷蔵庫のドアポケットにある調味料を一旦すべて取り出すことからはじめました。
それから、残すものと捨てるものを判断。この時、以下のような基準を設けたと言います。
・賞味期限が切れているものは捨てる
・開封後1ヶ月以上経ったものは捨てる

記事によると、ほとんどの調味料は開封後2週間~1ヶ月経ったら劣化するのだとか!
出番の少ない調味料だと、気づかないうちに1ヶ月以上は経っているかもしれませんよね。
このように判断し、残ったものを冷蔵庫に戻す訳ですが、この時もしっかりと配置を考えながら片付けをしたとのこと。
また今回はドアポケットの拭き掃除もしたので、気分的にもすごくスッキリしたと言います。

『片付け嫌いの断捨離☆シンプルに捨てる生活を始めたらこうなった』の管理人であるななおさんは、7人という大所帯でくつろげる空間を、上手な断捨離術で作り上げてきました。
彼女は、断捨離に励んでからというもの、家中全てがお気に入りの空間になり、家族や自身の笑顔が増えたと言います。
「うまく断捨離できない」「めんどくさがりで片付けが進まない」という介護士さんはこちらのブログにアクセスしてみてくださいね☆

【参照元】
https://ぎふっこ.com/dansyari/seasoning/

(9)【書類捨て方・残す判断法】給料明細や通帳はこうやって捨てる


実家断捨離ブログ捨てられない母とミニマリスト娘の攻防戦
片付けられない人に読んでほしいのが、ケイさんが運営する『実家断捨離ブログ・捨てられない母とミニマリスト娘の攻防戦』

ケイさんは元々、物を捨てることも片付けることも苦手だったそうですが、バックパック旅行をキッカケにミニマリストへ転身しています。
その後ケイさんは、物を捨てられない母親の状況を見兼ね、一緒にサポートしながら実家の片付けに奮闘することに。
ブログ内には、断捨離のビフォー・アフターや片付けのコツが掲載されていますよ♪
「なるほど」と頷ける豆知識と心構えが満載なので、一読されることをおすすめします。

そこで今回、断捨離における大事な知識として取り上げたのが《【書類捨て方・残す判断法】給料明細(年金問題)や通帳はこうやって捨てる》という記事。契約書・証明書・税の領収書など、捨てる基準が曖昧になりがちな書類の断捨離の仕方が紹介されています。

文中では、溜めがちな書類を3つにカテゴリ分けしています。
・残すべき書類
・メモをして捨てる書類
・捨てていい書類

書類が溜まってしまう介護士さんは、ぜひ参考にしてみては?常日頃から取捨選択ができれば、大事な書類の管理もしやすくなるはずですよ♪

【参照元】
https://suterarenai.com/how-to-throw-document/

(10)ポイントカードを断捨離!お得なのだけ厳選して増やさない方法!


まあくんのなんでも体験記
買い物をするたびに溜まっていく"ポイントカード"。
あまり利用しないお店でも、「無料ですぐに作れる」というのに魅力を感じて「一応、持っておくと良いかも」と思う人も多いのではないでしょうか?
ですが、これが蓄積されると、お財布の中の大半を占めているのが「お金ではなくポイントカード」なんてことに…。
良い意味でお財布をスッキリさせることは、財布にお金を呼び込むためにも大切です。そこで今回紹介するのは《ポイントカードを断捨離!本当にお得なのだけ厳選して増やさない方法!》という記事。

筆者のまあくんさんは、ポイントカードの断捨離を実践したところ、お財布だけでなく、心もすっきりさせることができたと言います。
まあくんさんが教えてくれている断捨離すべきポイントカードは以下のようなもの。
・ 還元率が恐ろしいほど低い
・使用頻度が極端に低い
・有効期限が短くて使う見込みがない
・ 維持に手間がかかりすぎる
また、"使うための条件を満たせるか考える事"も大切なポイントだと言います。
例えば、ポイントが貯まりやすいカードを残し、そのサービスを受けることを考えたとしても、自身で必要性を感じられれないものだったら意味がありません。自身のニーズをしっかり把握した上で、断捨離していくと良いですね。
記事では、お得かどうかの判断基準についても分かりやすく例を挙げて教えてくれているので、最後までじっくり読んでみてくださいね。

まあくんさんが運営している『まあくんのなんでも体験記。』というブログには、水耕栽培や新緑・紅葉・自転車旅、ヘルシーフード・運動といった幅広いジャンルの記事がリリースされています。
なかでも新緑・紅葉・自転車旅のカテゴリには、目の保養になるような美しい写真がたくさん添付されているので、介護士さんも和やかな気持ちになるでしょう。

【参照元】
https://まあくん.com/danshari-point-card/


整理整頓で気持ちをスッキリさせたら、毎日の荷物も最小限に抑えて気持ちよく通勤しませんか?制服貸与の職場なら、職場で着る服を持っていくことも何を着ていくか悩むこともありません。きらケアでは、制服貸与のあるお仕事もご紹介しています。専任のアドバイザーが丁寧にヒアリングするので、転職が不安な方もご安心ください。「まずは相談だけしてみたい」という方も歓迎です。自分らしく働きたい方は、ぜひきらケアにご登録を。
https://job.kiracare.jp/feature/jf18/

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧