イベント好きな介護士さん注目!ワクワクと感動に出会える「◯◯フェス」特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
全国各地では、さまざまなフェスが開催されています。しかも、季節のイベントをはじめ、趣味やペットなどジャンルは多岐にわたり、そのどれもが魅力的。そこで今回は、イベント好きの介護士さんのために、ブロガーさんがおすすめするフェス情報を紹介します!行った人だけが書けるリアルなレポートは読み応えがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね♪


(1)クリエイターの祭典、HMJ 2018 に行ってきました


Dondondog
週末ともなれば、全国各地でさまざまなフェスが開催されますが、ハンドメイド作品が好きな方に絶大な人気を誇るのは"ハンドメイドインジャパンフェス"。
このイベントには全国各地のクリエーター3000人が参加し、作品を直接販売してくれるので、オリジリティー溢れる品を手に入れられるからです。

ブログ『Don don dog』に、犬との暮らしに役立つ情報を綴っているfukuさんも、"ハンドメイドインジャパンフェス"に足を運び、多くのハンドメイド作品と出会ったり、独特な雰囲気を満喫したりした一人。
こちらの記事、《クリエイターの祭典、HMJ 2018 に行ってきました》には、そのときの会場の様子や出展作品が紹介されています。

レポートによると、"ハンドメイドインジャパンフェス"には、インテリアや雑貨をはじめ、アクセサリーや軽食など、多彩なジャンルの販売ブースが所狭しと並んでおり、とても賑やかだったとのこと。
また、ワークショップも開かれていたため、fukuさんは和紙で作るバックチャーム作りにチャレンジして、モノ作りの魅力を体感したと言います。

"ハンドメイドインジャパンフェス"は定期的に開催されているようなので、興味のある方はぜひfukuさんの記事で詳細をチェックしてみてくださいね!
動物モチーフの作品も数多くあるので、ハンドメイドファンだけでなく、愛犬家や愛猫家の介護士さんも楽しめるのではないでしょうか。

【参照元】
https://don-don-dog.com/hmj2018



\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)



(2)【鳥フェスin名古屋】鳥グッズや鳥スイーツを楽しむイベント


睦月とら子のひとりごと
元獣医師の睦月とら子さんのブログ『睦月とら子のひとりごと』には、暮らしに役立つ情報をはじめ、ペットや音楽、マンガに関する記事が数多くエントリーしていますが、その中には愛鳥家必見のフェス情報がありました!
タイトル、《【鳥フェスin名古屋】鳥好きにはたまらないオリジナルな鳥グッズや鳥スイーツを楽しむイベント》という記事です。

この記事で紹介されている”鳥フェス”は、鳥グッズやスイーツのお店が出展するイベントで、愛鳥家に人気のイベントなのだとか。
睦月とら子さんはこのイベントの初日に出かけたそうですが、出店ブースは70近くもあり、たくさんの鳥グッズを見て回りながら、米粉のケーキやステッカー、ポストカードの5点を購入したそうです。
また、会場を巡っている最中には、出店者からもお客さんからも鳥愛を強く感じられ、一人参加でも十分に楽しめたとのこと。
鳥好きの介護士さんはぜひ注目してみてくださいね。

愛鳥家同士でコミュニケーションを図ったり、可愛らしいグッズを買いまわったりしながら、ホッコリするようなひとときを過ごせば、仕事の悩みやストレスも忘れられることでしょう♪

【参照元】
https://www.mutsukitorako.com/entry/torifes-2018



(3)猫グッズの祭典!ニャンフェス8に行ってきた!


SASABLOG
『SASA BLOG』は、千葉県在住のSASA(ササ)さんが運営するブログです。
その中には、写真関連の記事をはじめ、おすすめアイテムやグッズのレビュー、青森県や千葉県にまつわる情報などが掲載されています。
また、「サラリーマンの日常」というカテゴリ内には、日々の出来事に関することも綴られているので、親近感を持って読むことができそうですよ。

今回はそんなブログの中から、《猫グッズの祭典!ニャンフェス8に行ってきた!》という記事に注目してみることにします!
この"ニャンフェス8"は、東京都立産業貿易センターで開催された猫好きさんのためのイベントで、会場では全国のハンドメイド作家の猫グッズが販売されていたとのこと。
出展ブースは、なんと約250ブースもあったそうです。
しかも、猫グッズのバリエーションが豊富で、首輪やおもちゃ、ハンカチ、食器など、さまざまな種類のアイテムがズラリと並んでいたのだとか。

そんな”"ニャンフェス8”に参加したSASAさんは、たくさんの猫グッズの中から、ガーゼハンカチと栓抜き機能が付いたキーリングを購入したと言います。
どちらもオリジナリティ溢れる作品で、SASAさんは大満足のご様子♪
会場の様子や販売されていたグッズについては、本文に写真付きで紹介されているので、熟読するとフェスの内容をイメージしやすいのではないでしょうか。

ちなみに、このイベントでは、グッズ販売だけでなく、フォトコンテストも開催されており、SASAさんの作品が見事グランプリを受賞したのだとか!
その写真はブログにもアップされているので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね♪

【参照元】
https://ryo-san26.com/nyanfes8/



(4)子ども連れで挑戦【JR貨物フェスティバル】に行ってきた。


ドコイク子の今日どこ行く
イク子さんとharuさんご夫婦が運営する『ドコイク子の「今日どこ行く?」』からは、こちらの《子ども連れで挑戦【JR貨物フェスティバル】に行ってきた。》という記事を紹介します!

ここで取り上げられているのは、10月14日の鉄道の日を記念して広島で毎年10月に開催される"JR貨物フェスティバル"。
鉄道ファンの介護士さんには、お馴染みのイベントかもしれませんね。
また、乗り物好きのお子さんがいる方は、ぜひ一度は訪れてほしいフェスでもあります。

この"JR貨物フェスティバル"の様子ですが、上記の記事によると機関車撮影会や機関車つり上げ実演、鉄道ジオラマ体験など、普段は体験できないことが実施されるようで、鉄道ファンにとっては夢のような時間を過ごせそうです♪
なかでも、お子さんが大好きな貨物電車「桃太郎」の運転席試乗体験は大人気で、かなり長い行列ができるとのこと。
1時間から1時間半は待つ覚悟が必要ですが、時間が許せば体験してみたくなります。
記事には、各コーナーの様子や実際に体験した感想と併せて、注意点や耳寄りな情報も記されているので、興味がある方は記事をくまなく読んでみてくださいね!

ちなみに、今回紹介した記事は、ブログに掲載されている記事のほんの一部にすぎません。
ブログ内には、子ども向けのイベントやお出かけ情報、遊び場など、子育て中の方に役立つ情報が満載なので、他の記事も必見ですよ。

【参照元】
https://dokoikuko.com/event_experience/kamotsu_fes



(5)佐倉チューリップフェスタ2019に行ってきた。


ちばろぐCHIBALOG
千葉県で生まれ育ったしばさんは、地元が大好きなブロガー♪
自身が運営する『ちばろぐ – CHIBA LOG –』を通して、千葉県のおすすめスポットに関する情報を写真付きで発信しています。
千葉近郊にお住まいの方や、お出かけ予定のある介護士さんは、アクセスすると気になる情報と出会えるかもしれませんよ。

今回はそんなしばさんのブログの中から、季節感溢れるフェスについて書かれた《佐倉チューリップフェスタ2019に行ってきた。オランダ風車とチューリップの共演が最高!》という記事をピックアップしてみたいと思います。

会場となった千葉県佐倉市の佐倉ふるさと広場では、季節を通して各種イベントが開催されるそうですが、中でも"佐倉チューリップフェスタ"は人気が高いイベントなのだとか。
なぜなら、100種類72万本ものチューリップが咲き誇る様子は圧巻で、常設のオランダ風車との相性も抜群だからです。
しかも、イベント中は露店や地域色が感じられる出し物も充実!
しばさんと一緒にこのフェスを訪れた息子さんは、印旛沼に関する学習コーナーで自然環境を学んだり、チューリップの掘り取り販売を体験したりして、楽しいひとときを満喫したそうですよ♪

上記の記事には、"佐倉チューリップフェスタ"の情報とともに、そのときしばさんが撮影した写真もたくさん掲載されているので、ぜひ熟読してみてくださいね。
赤や黄色をはじめ、ピンクや紫など、色鮮やかで可憐なチューリップの祭典は、春のお出かけプランを練るときの参考になりそうですよ。

【参照元】
https://team9648.com/sakura-tulip2019/



(6)最高に映える!佐賀インターナショナルバルーンフェスタがヤバイ


pokutorucom
個性溢れるバルーンが空を浮遊する景色を楽しみに、国内外から多くの人が訪れる”佐賀インターナショナルバルーンフェスタ”。
青空を彩るバルーンや、朝焼けをバックに飛ぶバルーンなど、移りゆく空の表情とマッチするバルーンの景色は圧巻の美しさです。

そんな空とバルーンの融合に魅せられたのが、ブログ『pokutoru.com|「っぽく」撮る?』を運営するDAICHIさん。
《最高に映える!佐賀インターナショナルバルーンフェスタがヤバイ話。【写真多数・開催情報】》という記事を見れば、その熱量が伝わってきますよ。

DAICHIさんが訪れたのは、2018年10月30日~11月5日の7日間。
この期間中には、以下の4つの公式大会が行われました。

・第32回パシフィックカップ
・第35回熱気球日本選手権
・2018熱気球グランプリ
・2018バルーンファンタジア

熱気球日本選手権は、その年の日本一のパイロットを決める大会のことで、1位、2位に入賞すれば2年に一度開催される、熱気球世界選手権の出場権を握ることができるのだとか。
一方、熱気球グランプリは、パイロット単位での競技とは異なり、チームで連携しながらグランプリを競う大会で、熱い戦いが繰り広げられているそうです。
バルーンのデザインや景色はもちろん、競技についても知っておくと、より楽しめるかもしれませんね!

また、会場では、バルーングッズの売場や九州各県の名物を売っている屋台もあると言います。
興味のある方は、記事に添付されているバルーンの写真を楽しみながら、じっくりその様子を読み進めてくださいね。

【参照元】
https://pokutoru.com/saga-balloon-fiesta-2018



(7)やまがた雪フェスティバル イルミネーションと雪像と花火最高!


山形愛
山形県在住の社会人ブロガーるーさんがおすすめするイベントは、寒河江市の最上川ふるさと総合公園で開催される"やまがた雪フェスティバル"。
《やまがた雪フェスティバル イルミネーションと雪像と花火最高!》という記事には、その様子がたくさんの写真とともに綴られていました。

"やまがた雪フェスティバル"は、これまで4回開催されており、年々盛り上がりをみせているイベントなのだとか。
るーさんのレポートによると、会場にはキャラクターを模した手作り感溢れる雪像がたくさん展示されており、夜になるとイルミネーションや花火鑑賞を楽しむこともできるそうです。
また、お祭りの醍醐味である露店も数多く並び、東北で活躍してるアーティストのライブが行われるため、老若男女を問わず雪の祭典を満喫できるとのこと。
記事に添えられた写真を見ると、地域の人たちがこのイベントを存分に楽しんでいることが伝わってきます。
冬の東北を満喫できるイベントをリサーチ中の方や、アットホームな雰囲気のイベントが好きな介護士さんは、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね!

また、今回紹介した記事が掲載されているブログ『山形愛』には、他にもるーさんが自ら足を運んで体験したり、食べたりして得た山形の観光情報やグルメ情報が豊富にラインナップしています。
山形にお住まいの方はもちろん、旅行や研修で山形に訪問予定のある介護士さんも、アクセスすると耳寄りな情報が得られることでしょう。
ぜひ他の記事も一緒に読んでみてくださいね♪

【参照元】
https://yamagataa.com/yamagatayukimaturi/



(8)榛名湖イルミネーションフェスタ2017の見どころと感想


CampLife家族でキャンプに行こう
ブログ『CampLife 家族でキャンプに行こう!』を運営しているのは、30代のyocchinさん。
家族でキャンプにハマっているそうで、ブログには訪れたキャンプ場の様子や便利なアウトドアグッズなどを紹介しています。
記事を眺めていると、アウトドア気分に浸ることができますよ♪

また、このブログには、キャンプ以外のお出かけ情報も盛りだくさん。
ファミリーで楽しめるお出かけ情報をチェックしたいときにも参考になりそうです!
たとえば、これから紹介する《榛名湖イルミネーションフェスタ2017の見どころと行ってみた感想》もその一つ。
”榛名湖イルミネーションフェスタ”は、毎年12月に開催されており、来場者数も年々増えているイベントで、ゴーカートやロープウエイもあるため、子ども連れにはもってこいのスポットなのだそうです♪

もちろんイルミネーションも素晴らしく、その美しさは記事に掲載されている写真を見れば明らか。
まばゆい光が湖に反射する様子はとても幻想的です。
どの風景を切り取っても絵になりますよ。

さらに会場には、たくさんの屋台も出ており、「食べ歩きを楽しみたい」という介護士さんにもおすすめ。
ただし、防寒対策が必要とのことなので、お出かけの際は上記の記事を参考にして、暖かくして出かけるようにしましょう。

【参照元】
https://camplife.tokyo/harunako-illumination/

関連ジャンル: お出かけ エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お出かけ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧