春といえばお花見!介護士仲間や家族と訪れたくなる桜スポット特集

お出かけ 2019/04/04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
春はお花見のシーズン♪桜の開花宣言を聞くと、気持ちがウキウキしてしまう介護士さんも多いと思います。そこで今回は、ブロガーさんたちがおすすめする全国の桜スポットを取り上げることにしました!仕事仲間や家族とのお花見予定のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。


(1)【北海道の桜】優駿さくらロード 北海道浦河町



しげのざcom
『しげのざ.com』は、北海道十勝に移住し、十勝ライフを楽しんでいるしげのざさんが運営するブログ。
北海道十勝や帯広を中心に、グルメ・観光・暮らしの情報など、現地にいるからこそわかるローカル情報が掲載されています。

今回は、そんなブログの中からこちらの記事、《【北海道の桜】優駿さくらロード 北海道浦河町》に注目してみたいと思います。
ここには、しげのざさんが「私が見た中で一番と言える場所」と語る、桜の名所"優駿さくらロード"が紹介されていました。

"優駿さくらロード"は、北海道浦河郡浦河町にある桜の名所です。
道路の両側に延々と桜の木が並んでおり、"桜のトンネル"として地元では親しまれています。
記事には、実際の写真と動画がアップされており、桜のトンネルの中を車で走る様子を見ることもできますよ。
広大な草原の中を通る道路に、ぎっしりと満開の桜が続く様子はまさに絶景!
ぜひ、しげのざさんの現地レポートに目を通して、桜の美しさを確かめてみてくださいね。

また、"優駿さくらロード"は、競走馬の育成牧場の中にあり、桜を見ながら馬たちの様子を眺めることもできるのだそうです。
延々と続く桜のトンネルと馬の姿を同時に楽しめる場所は滅多にないので、気になる方は一度足を運んでみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://shigenoza.com/archives/urakawasakura.html



\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)



(2)北海道の松前公園の桜は長期間楽しめておすすめ!【注意点あり】



かたてまに読むブログ
おりょうさんが運営する『かたてまに読むブログ』には、北海道に関する情報をはじめ、四国お遍路やブログ運営など、さまざまな記事がラインナップしています。
その中には、長期間にわたって桜を楽しめるスポットを紹介している記事もありました!

そのスポットとは、おりょうさんが住む北海道にある"松前公園"。
公園内には250品種の桜が1万本も植えられており、見応え十分なのだとか。
一括りに桜として見るだけではなく、それぞれの品種の違いを見比べることもできそうですよ。

また、桜の見頃に合わせて"松前さくらまつり"も行われ、武者軍団パレードや物産展、夜のライトアップも楽しめるとのこと。
出店の数も多く、桜を見ながら食べ歩きもできるようです。
ただし、長期間にわたって楽しめるだけに、桜の開花に関する注意点があるとおりょうさんは言います。

こちらの記事《北海道の松前公園の桜は長い期間楽しめておすすめ!松前さくらまつりに行ってきた!【注意点あり!】》には、その注意点やアクセス方法、お祭り期間中の公園内の様子などが詳細に書かれているので、訪問予定のある介護士さんは、参考にしてみてくださいね。

【参照元】
https://xn--28ja8db.net/matumae-sakuramaturi/



(3)北海道で桜が咲きました!ロシアには桜も花見もない!?



ロシア人彼女と日本人彼氏の遠距離恋愛ブログ
『ロシア人彼女と日本人彼氏の遠距離恋愛ブログ』は、北海道に住むロシア人のリューさんと日本人のショーゴさんが、それぞれの視点を交えながら、2人の日々の発見や感動を発信しているブログです。
ロシア文化に興味を持つ方や国際恋愛と結婚に興味がある方は、興味深い記事と出会うことができますよ。

たとえば、《北海道で桜が咲きました!ロシアには桜も花見もない!?》には、2人が暮らす北海道岩内郡共和町でのお花見について書かれていますが、リューさんによるとロシアにはお花見をする習慣がないのだとか。
しかし、共和町の桜スポットは、冬から春へと季節が変わる様子を感じやすく、その美しさは格別だったとリューさんは語っています。
記事には、その様子を垣間見ることができる写真もアップされていますが、山肌を覆う残雪とピンクの桜並木が一緒に収まっている様子はインパクトがあり、確かに心に残るような光景です。
リューさんが感動したのも頷けますよ。

ちなみに、開花時期によりますが、共和町ではGW前後でもお花見ができるとのこと。
北海道にお出かけ予定のある方は、連休中のスケジュールにお花見を組み込むと、良い思い出が増えるのではないでしょうか。

【参照元】
http://jpn-rus.com/?p=2513



(4)枝垂れ桜のライトアップ!角館 武家屋敷の夜桜(秋田県仙北市)



スナログ
『スナログ』は、写真と自然を感じる散策路が好きなスナさんが運営しているブログです。
その中には、美しい風景を切り取った写真が数多く掲載されています。
まるで旅行に行ったかのような気分にさせてくれる素敵な写真は、「自然の景色に癒やされたいけど、足を運ぶ時間がない」というときに見たくなるものばかり。

《枝垂れ桜のライトアップ!角館 武家屋敷の夜桜(秋田県仙北市)【春の秋田 花めぐり旅行1】》の記事にも、そんな素敵な写真が数多くアップされていました。
ここで取り上げられているのは、日本さくら名所100選にも選ばれている"角館 武家屋敷"で、時間ごとに違った魅力を放つ桜たちの美しい姿には感動させられます。

昼の桜も夜の桜も、本当に見事ですよ!
特に、枝垂れ桜の絢爛さは見る人すべての心を魅了すると言っても過言ではないほど。

「幻想的な桜風景を見てみたい」「春をトコトン感じられる場所を探している」という介護士さんは、ぜひ記事をチェックして、"角館 武家屋敷"の桜の素晴らしさに触れてみてくださいね。

【参照元】
https://sunalog.net/yozakura-bukeyashiki-kakunodate/



(5)上野公園のお花見、想像以上にすごかった!



ムクッといこう
毎年多くの人で賑わう桜の名所は全国各地に存在しますが、その中でもマスコミによく取り上げられているのは、東京の"上野公園"ではないでしょうか?

そんな"上野公園"に実際に足を運んでみて「人の数が想像以上だった」と話すのは、『ムクッといこう』の運営者であるゆーすけさん。
その時のことが、《上野公園のお花見、想像以上にすごかった!》という記事に語られていました!

ゆーすけさんが"上野公園"へお花見に出かけたのは、雨上がりの昼間でしたが、上野駅から"上野公園"までの道はすでに大混雑。
もちろん公園内も例に漏れず、多くのお花見客で一帯は埋め尽くされていたと言います。
しかし、そんな状況をものともせず、指定されたスペース内にシートを広げてお花見を楽しむ人たちは、各々が工夫を凝らしてお花見を満喫していたとのこと。
ゆーすけさんはその姿に目を奪われたそうです。
記事には、ゆーすけさんが目にした印象的なお花見客の姿も紹介されているので、興味がある方は本文を熟読してみてくださいね!

混雑具合は気になるものの、多くの人を魅了する"上野公園"の桜は、一度は足を運んでみるだけの価値はありそうですよ。

【参照元】
https://mukutto.com/ohanami-ueno/



(6)最古の桜、樹齢2000年の山高神代桜を見てきました!



ソライロノヲト
「自分が食べるものは自分で作りたい!」という方にとって読み応えのあるブログ『ソライロノヲト』
このブログには、これまでに運営者さんが手作りした発酵食品や保存食のレシピが数多く公開されています。
また、運営者さんは登山好きでもあるため、山にまつわる記事も発信中☆
アウトドア好きの方の興味を惹く記事もエントリーしてます。

そしてもう一つ、ブログ内で目を引くのが風景写真を中心とした素敵な写真たち。
《最古の桜、樹齢2000年の山高神代桜(やまたかじんだいざくら)を見てきました!》の記事に載っている写真もその一つです。
樹齢2000年という長い長い年月を生きてきた山高神代桜が、青空の下に咲き誇る様子が収められていますが、歴史を感じるよじれた主幹や折れた幹、支柱に支えられやっとのことで姿勢を保っている枝、その一つ一つから強い生命力が感じられます。
さらに、圧倒的な存在感を鼓舞するかのような桜は心を奪われそうなほど美しく、桜好きなら一度は目に焼きつけておきたい景色です。

この記事によると、山梨県北杜市にある実相寺でその姿を見ることができるのだとか。
お近くにお住まいの介護士さんはもちろん、遠方にお住まいの方も、ぜひ時間を見つけて足を運んでみてはいかがでしょうか。

【参照元】
http://www.soraironote.com/archives/4839



(7)龍巌淵の桜と富士山



地球の撮り方
自身の旅の楽しみは 「写真×コミュニケーションにある」と語る糸氏雄一郎さんが運営する『地球の撮り方』には、国内外で撮影された美しい写真と撮影スポットを紹介した記事が盛りだくさん。
「カレンダーや雑誌に載ってるような絶景スポットが知りたい」「リミテッド絶景に興味がある!」という介護士さんは、興味をそそられる記事と出会えることでしょう。

今回紹介するこちらの《龍巌淵の桜と富士山 (Ryuganbuchi and Mt.Fuji)》も、まさにそんな記事の一つ。
ここには、富士山と桜が同時に見られる龍巌淵(りゅうがんぶち)の桜スポットが取り上げられています。
龍巌淵は全国的にはマイナーな桜スポットですが、潤井川の橋の上や川原は写真撮影にはもってこいなのだとか。
ただし、富士山がハッキリと見られる時間帯は限られているので、桜と富士山を同時に見るためにはタイミングが重要になるそうです。

しかし、糸氏さんの記事には青空の中に浮かぶようにそびえる富士山と、潤井川に沿うように咲き誇るピンクの桜が見事に収められており、その様子はうっとりするほどの美しさ。
お祭りムードが漂う賑やかなスポットではありませんが、じっくりと桜を鑑賞したい方にはおすすめですよ!
糸氏さんの記事には、龍巌淵で桜と富士山が一緒に楽しめる時間帯や、見物の際に注意したいことが書かれているので、詳細が気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

【参照元】
http://www.chikyudori.com/japan/ryuganbuchi/



(8)姫路城と桜がおすすめ!ライトアップは?アクセスは?



しゅんさんぽ
ブログ『しゅんさんぽ』には、お出かけ情報やカメラに関する記事が多数エントリーしています。
その中には、もちろん春の風物詩である桜鑑賞に関する記事もありました!
こちらの《【桜2018】姫路城と桜がおすすめ!ライトアップは?アクセスは?【兵庫県姫路市】》という記事です。

この記事の舞台は、日本の3大名城の一つ姫路城。
1年を通して国内外からたくさんの観光客が押し寄せる人気スポットですが、実は桜の名所としても有名なのだとか。
そのため、しゅんさんぽさんも姫路城へ足を運び、お城を囲むように咲き誇る桜を撮影し、上記の記事にお気に入りのショットをアップしています。
お城の美しさはもちろんのこと、満開の桜には迫力と儚さが感じられるので、その独特の世界観には圧倒されそうですよ。

なお、お城と桜が一度に見られるお花見シーズンは、夜になるとライトアップもされるため、昼間とはまた一味違った趣も味わえるとのこと。
インスタ映えが狙えるうえに、会話のネタにもなるので、近郊にお住まいの方やお出かけ予定のある方は、ぜひ姫路城に足を延ばしてみてはいかがでしょう?

【参照元】
https://shunsanpo.com/cherry-blossoms-himejicastle-2018



(9)広島造幣局「花のまわりみち」豪華な八重桜が限定公開!



あんきにしとるかの
《広島造幣局「花のまわりみち」豪華な八重桜が限定公開!》の記事には、筆者の仲枝さんが八重桜を鑑賞しに出かけた時のことが綴られていました。

仲枝さんが訪れたのは、広島造幣局。
こちらのスポットは、"花のまわりみち"という名で、毎年4月の中頃に1週間のみ八重桜の一般公開を行っているそうです。
植えられている八重桜の種類は、なんと60品種以上!
しかも、200本を超える見事な八重桜を鑑賞できるので、贅沢なお花見ができますよ♪

実際に八重桜を鑑賞した仲枝さんは、ボリューム満点の八重桜の華やかさに感動したと語っています。
また、初めて見る種類の八重桜が多く、どの花も個性的で飽きずに楽しめるとのこと。
記事には八重桜の写真とともに、"花のまわりみち"へのアクセスや駐車場情報についても記されているので、広島方面へお出かけ予定がある方は、ぜひ本文の情報を参考にしてみてはいかがでしょう。

今回紹介した記事が掲載されているのは、仲枝さんが運営している『あんきにしとるかの?』というブログ。
広島の情報を網羅している記事が多数ラインナップしているので、他の記事も併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】
https://nakaeno.com/nature/2290/



(10)広島県府中市を代表する桜スポットと言えばここ【府中公園の桜】



備後カメラ部
『備後カメラ部』を運営しているのは、かつて「備後の国」と呼ばれた広島県東部に在住しているYusuke Minamiさん。
Yusuke Minamiさんは備後在住カメラマンとして、広島エリアを中心とした絶景を撮影し、ブログにアップしています。
四季折々の美しい自然や幻想的な花火、イルミネーションなど、美麗な写真はどれも見応えがあるので、スキマ時間の読みものとしておすすめですよ。

さて、そんなYusuke Minamiさんのブログの中から、今回お花見スポットの記事として注目したのはこちらの《【府中公園の桜】広島県府中市を代表する桜スポットと言えばここ、春は備後国府さくらまつりも開催!!/広島県府中市》
ここには、広島県府中市を代表する桜スポット"府中公園"の満開の桜の写真と現地の様子がアップされています。

府中公園に咲き誇るのは約200本の桜たち。
園内の池の周りには桜並木が続いており、桜と噴水のコラボを楽しめるのだそうです♪
記事には、噴水でできた虹と桜を捉えたレアなショットも添付されています。

また、園内では、温かい光に包まれた夕暮れ時の桜やぼんぼりに照らされた夜桜など、昼夜で変わる桜の表情を楽しめるのも魅力なのだとか。
上記の記事には、こうした府中公園の桜の見どころがくまなく記されているので、ぜひじっくり読んでみてくださいね。

【参照元】
http://bingo-fukuyama.com/archives/8840



(11)福岡の桜の名所、西公園と舞鶴公園をはしご花見してきた(写真多め)



tsutachico
「福岡のお花見スポットを知りたい」という方には、贅沢なお花見体験が綴られた記事《福岡の桜の名所、西公園と舞鶴公園をはしご花見してきた(写真多め)》がおすすめです。

筆者のつたちこさんは、桜の開花シーズンになると、毎日のように桜散策をしているとのこと。
しかし、ご近所だけではなく「有名どころも見てみたい!」という気持ちになり、福岡県にある西公園と舞鶴公園に足を運んだと言います。

まず最初につたちこさんが訪れたのは、福岡で唯一さくら名所100選に選ばれたという"西公園"。
約1300本の桜が咲き誇る公園の入口では、桜並木がお出迎えをしてくれるそうですよ。
"西公園"の見どころは、こんもりと盛り上がった山全体に桜がある点で、桜に覆われた山がとても美しかったのだとか。

そして次に訪れたのは、"舞鶴公園"。
ここには、桜を見下ろせるスポットがあり、桜の絨毯のような美しい写真が添付されています。
福岡の街並みと桜とが融合した景色は絶景ですよ!

こちらの記事は、つたちこさんのブログ『tsutachi.co』の中に掲載されていました。
つたちこさんは東京で過ごした後、福岡県糸島市に移住したため、ブログには福岡移住についての記事が多数掲載されています。
田舎への移住に興味を持つ介護士さんは、ぜひアクセスしてみてくださいね。

【参照元】
https://tsutachi.co/blog/2018/03/cherry-blossoms-3/



(12)【SAKURA WEEK】佐賀県武雄市にある「御船山楽園」の夜桜ライトアップを見てきました。



starnote
『starnote*』は、筆者のみけめろさんが気になったことを自由に書き綴っているブログです。
Apple製品中心のガジェットネタやカメラ、車、旅のレポートなど、多岐にわたる記事が掲載されていますよ。
どの記事も素敵な写真が添えられた読み応えある内容なので、興味あるテーマを検索すると、思わぬ情報をキャッチできるのではないでしょうか?

今回は、そんなみけめろさんのブログの中から、桜スポットについて書かれた《【SAKURA WEEK】佐賀県武雄市にある「御船山楽園」の夜桜ライトアップを見てきました。》という記事にスポットを当ててみることにします。

この記事には、暗闇に浮かび上がる夜桜の写真が多数アップされており、しっとりとした幻想的な雰囲気が伝わってくるようです。
また、夜だからこそ見られる月と桜のコラボショットも美しく、桜の上には夜空が広がり、園内の池には桜が映り…と、"御船山楽園"の夜桜の魅力が詳しく紹介されています。

「夜の桜を存分に楽しみたい」という介護士さんは、ぜひ本文を読んでみてくださいね。
自然豊かな"御船山楽園"の夜桜は、昼間とはひと味もふた味も違った美しさを見せてくれることがわかりますよ。

【参照元】
https://starrrrr.com/entry/sakura-mifuneyama



(13)長崎 桜の名所 琴海の桜のお花見でリフレッシュしました。



優しい雨
心身を元気に保つヒンや楽しい日常を過ごすための情報が綴られているPINOさんのブログ『優しい雨』には、長崎県を流れる琴海戸根川沿いにある2kmもの桜並木を紹介した記事が載っていました。
タイトル《長崎 桜の名所 琴海の桜のお花見でリフレッシュしました。 のどかで最高! 》という記事です。

琴海戸根川の桜スポットは、長崎市内から佐世保方面へ国道206号線を約50分ほど進んだところにあり、ソメイヨシノが川の両岸に咲き乱れているのだとか。
PINOさんが訪れた日は晴天だったので、淡いピンクの桜の花が青空に映えて、とても見応えがあったと言います。
しかも、桜の木をなぞるようにピンクのぼんぼりが設置されており、夜になるとライトアップされた夜桜を楽しむこともできるとのこと。
仕事帰りに介護士仲間とドライブがてら出かけてみても楽しそうですよ♪
長崎でお花見を計画中の方は、ぜひ候補地の一つに加えてみてはいかがでしょう?

また、今回は桜見物について書かれた記事を紹介しましたが、PINOさんのブログ内には、ブーゲンビリアや梅、紅葉の名所をはじめ、観光で立ち寄りたくなる場所にフォーカスした記事もエントリーしています。
出歩くことが好きな方は、ぜひ他の記事も読んでみてくださいね!

【参照元】
https://pino330.com/archives/3312



(14)春爛漫 鹿児島県立吉野公園~春の鹿児島観光イチオシスポット~



地元人おすすめ鹿児島観光ガイド
『地元人おすすめ!鹿児島観光ガイド』は、ショウさんとララさん夫婦が運営しているブログです。
生まれも育ちも鹿児島県の2人が発信する情報は、定番のものからレアなものまで幅広く、地元の方ならではの鹿児島情報が網羅されています。
鹿児島観光の際の情報収集にはうってつけのブログですよ!

その中から今回注目したのは、《春爛漫 鹿児島県立吉野公園~桜と桜島を愛でる♪春の鹿児島観光イチオシスポット!~》という記事。
鹿児島県立吉野公園へ、ララさんがお子さんと一緒にお花見に出かけた時の様子が綴られています。
こちらの公園は鹿児島市の方には定番のお花見スポットの1つで、小さなお子さんからご高齢の方にまで親しまれているとのこと。
敷地面積は31ヘクタールもあり、そこには多くの桜が植えられているそうです。

中でも、児童広場エリアは注目の場所で、そこにはピンクのアーチを描いた桜並木が続いているのだとか。
ララさんが訪れた日は天気も良く、青空と桜のコントラストを楽しむ中、桜吹雪にも遭遇し、存分に桜を愛でることができたと言います。
この公園には、遊具やイベントスペースもあるので、家族連れでのお花見に良さそうですね♪

ちなみに、記事内には、鹿児島の代名詞である桜島を一望できるイチオシの場所も紹介されていました。
桜とともに鹿児島の絶景を満喫できるスポットは、地元の人でなくても行ってみたくなるのではないでしょうか。

【参照元】
https://kagoshimalove.com/yoshino-park

関連ジャンル: お出かけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お出かけ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧