「おいしい唐揚げが食べたい!」今日はガッツリ系食事モードという介護士さんへ、リピート必須の唐揚げ店をご紹介♪

エンタメ 2019/01/07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
衣はカリッとしていて中は柔らか&ジューシーな鶏の唐揚げは、ご飯がすすむ人気メニュー。介護士さんの中にも唐揚げファンは多いことでしょう。そこで今回は、全国にある絶品唐揚げのレビューを紹介します!個性豊かな名店の唐揚げに、食欲をそそられること間違いなしですよ♪

※尚、こちらの記事はPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事になります。


(1)静岡県浜松市の”唐揚げ専門店 あがた商店”


MURAKIDS
"あがた商店"は、浜松市中区にある、黄色の看板が目を引く唐揚げ専門店。
そんな"あがた商店"の唐揚げレビューが、月間34万PVを記録するむらきちさんのブログ『MURAKIDS』の中に掲載されていました!

こちらの記事《浜松・船越にからあげ専門店「あがた商店」オープン!想像以上のサクサク感に驚き!》です。

"あがた商店"の店主は、神奈川や沖縄にある唐揚げ専門店で修行をしてきた人物とのこと。
そんな店主の作る唐揚げはボリューミーで、大人でも3個食べれば満足できるほどだといいます。
しかも、外側がとてもサクサクしているのに、中身はジューシーなのだとか。
歯ごたえのいい衣と噛むごとに感じられる肉汁に、お箸が止まらなくなりそうですよ♪

唐揚げのメニューは、醤油唐揚げ・うま塩唐揚げ・ミックス唐揚げの他、手羽先の唐揚げやとんかつ、お弁当類があるそうなので、おかずやお酒のおつまみが欲しいときにも、ご飯付きで欲しいときにも利用しやすそう。

なお、気になるお味のほうは、本文のレビューを読んでみてくださいね。
見ているだけで美味しさが伝わってきそうな写真が添付されているので、近くにお住まいの介護士さんはすぐに買いに走りたくなるかもしれませんよ!

【参照元】
https://www.murakichi.net/agatashoten-hamamatsu



(2)三重県松阪市の”からあげchick”


karaage
『karaage.[からあげ]』を運営するのは、唐揚げが好きだというからあげさん。
ブログ内には、からあげさんが興味を持ったことが取り上げられており、Raspberry Pi・Python・カメラ・お出かけをはじめ、多岐にわたるジャンルの記事がエントリーしています。
今回はその中から、《からあげ氏が2日連続で通い詰めた三重の最高のからあげ屋「からあげchick」をからあげレビューだろうが!》という記事にフォーカスしてみました!

からあげさんが三重に出張したときに発見したという"からあげchick"。
ドアの横には風見鶏が設置され、カウンターや黒板アートがオシャレな店内は、一見カフェのような雰囲気が漂っていたのだとか。
からあげさんは、そんな"からあげchick"で2日間にわたって唐揚げのランチを頼んだといいます。

1日目は、自然薯と唐揚げのランチプレートと追加のホルモン唐揚げ。
自然薯も唐揚げも美味しかったものの、特にホルモン唐揚げは大満足な一品だったようです。
また、2日目に食べたのは、カレーと唐揚げがセットになったランチ。
当初、からあげさんは「カレーと唐揚げの組み合わせは邪道」だと思っていたそうですが、この日をキッカケに、両者を組み合わせても絶品であることに気づいたと述べています。
"からあげchick"のメニューは、美味しいだけじゃなく、新たな発見もできそうですね!

以前から"からあげchick"が気になっていた方や唐揚げが大好きな介護士さんは、この記事を参考にして、一度お店を訪れてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2016/03/31/073000



(3)東京都八王子市の"中津しょうゆ からあげ専門店 鶏笑"


インフォ八王子
からあげグランプリ金賞を受賞したという"鶏笑"の唐揚げについて書かれた《鶏笑(とりしょう)のからあげ|メニューと値段を公開!金賞の味は?》という記事を見つけました!
上記の記事によると、"鶏笑"は全国に約100店舗を展開する唐揚げ専門のチェーン店で、お店には以下のような4つのこだわりがあるといいます。

・100%の国産若鶏を使用
・美味しい秘伝のタレ
・バランスが良いにんにく量
・熱くても、冷めても美味しい

味の決め手となる秘伝のタレは、中津醤油・生姜・にんにく・野菜・果汁・オーガニックハーブ・スパイスを長時間熟成したものなのだとか。
深い味わいの唐揚げを想像して筆者のはちこさんは、チキン南蛮とからあげ(もも3個・むね2個)を注文しましたが、チキン南蛮はこってりしすぎない甘酸っぱい味で、一方の唐揚げは程良いさっぱり味だったと述べています。
また、お店には、唐揚げやチキン南蛮の他にも、牡蠣やコロッケ、エビフライといった揚げ物も置いていたらしく、揚げ物好きの介護士さんにとっては注目のスポットになりそうですよ。
気になる方は、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね!

今回"鶏笑"の唐揚げを紹介してくれたはちこさんが運営している『インフォ八王子』というブログは、八王子を中心とした格安ランチ情報が豊富に発信されています。
お得で美味しいお店の情報がたくさん載っているので、覗いてみると耳寄りな情報をゲットできるかもしれませんよ♪

【参照元】
https://info-hachiouji.tokyo/torisyo201808



(4)布北海道札幌市の”布袋 赤れんがテラス店”


北海道の魅力発信ブログ
北海道の唐揚げといえばザンギ!
ここでは、『北海道の魅力発信ブログ!』に掲載されている、美味しいザンギが食べられるお店を紹介した記事《布袋 赤れんがテラス店~ザンギが大きくてうまい!マーボーもおすすめ》に注目してみたいと思います。

筆者のットリさんがおすすめするのは"布袋 赤れんがテラス店"。
札幌駅から徒歩2分の場所にある、赤レンガテラスのフードコート内の中華料理店です。
中央区役所近くにある本店は、テレビ番組でも取り上げられるほどの人気店。
アクセス便利な場所で評判の味を堪能できるのは嬉しいですね♪

この日、ットリさんはザンギや少マーボーがセットになった布袋ランチBを注文しました。
セットの写真を見てまず驚くのが、ザンギの大きさ!
器からはみ出してしまいそうなボリューム感です。
そのままでも美味しく食べられるこちらのザンギは、油淋鶏タレにつけて食べると旨味がさらにアップするのだとか♪
どちらの味も気になりますね。

また、ットリさんさんのブログには、北海道の観光情報やグルメ情報が数多く掲載されています。
北海道にお出かけ予定のある介護士さんは、ぜひ他の記事にも注目してみてくださいね。
素敵な情報を見つけられることでしょう。

【参照元】
https://ttori-fc.com/2018/09/17/hotei-akarenga/



(5)愛知県名古屋市の”諭吉のからあげ 名古屋栄三越店”


funlikeファンライク
大分県中津市発祥の"諭吉のからあげ"も、からあげグランプリ金賞を受賞した実力派からあげ専門店。

『funlike - ファンライク』を運営するkoorin(クーリン)さんは、《大分中津からあげ王国の味「諭吉のからあげ」からあげグランプリ金賞受賞の唐揚げを味わってみた〜》の記事で、この"諭吉のからあげ"の特徴と実食レビューをまとめてくれていました。

"諭吉のからあげ"の特徴は、まず1個あたりの大きさ。
記事にはiPhoneと唐揚げを比較した画像がアップされていますが、インパクトのあるサイズ感が見て取れます。
重さはおおよそ1ピース50gで、揚げる前だと70gもあるのだとか。
お店によると、大きさには理由があり、「小さくすると揚げた際に鶏肉のジューシーな肉汁の旨味が逃げてしまうから」なのだそうです。
また、"諭吉のからあげ"の美味しさをさらに引き立てているのが、お肉をにんにく風味の醤油ダレに24時間漬け込んでから揚げる工程。
唐揚げには、皮だけでなく、お肉の中までしっかり味がしみこんでいるそうですよ!

koorinさんは食べた感想として、「ボリュームがありながらも上品さを感じる鶏唐揚げに仕上がっていて、どの年代からも好まれそう」だとコメントしています。
衣の食感やお肉の味など、詳しい唐揚げの実食レビューが知りたい方は、ぜひ本文を熟読してみてくださいね♪

【参照元】
https://funlike.org/wp/archives/26159



(6)東京都目黒区の”孤高のからあげ"


グルテンフリー生活もっとおいしく&たのしくグルフリ
アレルギーやダイエットのためにグルテンフリーの食生活を送っている介護士さんにぜひ読んでほしいのが、《小麦と卵とにんにくを使っていない「孤高のからあげ」は、衣ほろほろ&お肉柔らかでした♪》という記事。
ここには、衣に小麦粉を使わない美味しい唐揚げが紹介されていました!

グルテンフリーの唐揚げを販売しているのは、東京都目黒区にある"孤高のからあげ 駒沢店"。
このお店の唐揚げには、なんと小麦粉だけでなく、にんにくやたまごも使われていないというから驚きです。
しかも、筆者のhigashiさんが購入した鶏もも肉やむね肉の唐揚げは、お肉から衣がホロホロと剥がれるくらい表面はサクサクなのに、中はジューシー。
揚げ物特有のこってり感がなく、とても食べやすかったのだそうです。
「体にやさしい料理が食べたい」「カロリーが気になるものの、唐揚げに目がない」という方は、ぜひ注目してみてくださいね。

また、体質改善のためにグルテンフリーの生活を実践しているhigashiさんのサイト『グルテンフリー生活もっとおいしく&たのしく「グルフリ」。』には、小麦粉を使わない料理レシピや美容と健康、オリジナル商品のドリンクカレーに関する記事などもラインナップしています。
興味のある方は他の記事もチェックしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://www.glufree.jp/19958582.html



(7)新潟市中央区の"鳥専門店 せきとり"


新潟おでかけマップ
新潟の情報がたっぷりと詰まったブログ『新潟おでかけマップ』
公園や神社、観光地、さらにはショッピングスポットと、さまざまなお出かけ情報が掲載されています。
新潟にお住まいの介護士さんはもちろん、新潟方面にお出かけをする機会のある方も、ぜひブログをチェックしてみてはいかがでしょう?
新潟の新たな魅力を知るキッカケになるかもしれませんよ!

さて、こちらのブログにも、唐揚げ好きの介護士さんを惹きつける記事がありました。
《からあげグランプリで全国1位の「せきとり」が女池に帰ってきた!》という記事です。
”せきとり”は、鳥料理を提供しているお店で、その看板メニューになっているのが、全国からあげグランプリ半身揚げ部門を8年連続で受賞した半身揚げ。
筆者によると、ほのかなカレーの風味と、強めの塩味がたまらない一品なのだそうです。

このお店を筆者が訪れたときは、お持ち帰りのみ対応していたそうですが、現在は店内で食事を楽しむことも可能なのだとか。
お持ち帰りで食べたい方も、お店でゆっくり味わいたい方も、ぜひ注目してみてくださいね♪

【参照元】
https://niigata-map.net/blog/sekitori-meike.html



(8)秋田県秋田市の"唐揚げ専門 まつむら商店"


あきたナビ
『あきたナビ』は、秋田県民のなおぞうさんが、秋田の魅力や地域情報を発信しているブログ。
「秋田を良くしたい」「秋田をもっと知ってほしい」そんな思いで綴られているブログには、イベント・お店・グルメなど、秋田県民ならではのコアな話が満載です。

さて、今回そんな記事の中からピックアップしたのは、《「唐揚げ専門 まつむら商店」の唐揚げサイズや重さ 食感はどう?徹底レビュー》
ここには、秋田市下新城中野にある"唐揚げ専門 まつむら商店"の唐揚げレビューが書かれていました。

なおぞうさんがこのお店で購入したのは、名物醤油からあげ。
画像には、大きめの透明ケースにゴロゴロと唐揚げが詰められています。
なおぞうさんが唐揚げの大きさを調査したところ、その重さは4個で300gを超え、さらに1番大きな唐揚げの長さは11cmと、一般的な唐揚げ約2個分のサイズであることが判明したそうですよ。
しかも、唐揚げを口に入れると、ザクッとした食感が口いっぱいに広がり、肉汁がジュワーッと溢れてきたとコメント。
反則レベルの美味しさだと大絶賛しています。

特大サイズで、ザクザク食感とジューシーなお肉を堪能できる名物醤油からあげは、食べごたえを求める人にピッタリの逸品です♪
食欲を刺激された介護士さんは、記事にしっかり目を通してみてくださいね。

【参照元】
https://akita-navi.net/karaage-review



(9)埼玉県加須市の"唐揚げ・神"


キクサトログ
埼玉県東部のグルメや観光情報をはじめ、DIYや資産運用などの記事がエントリーしている『キクサトログ』
その中には、揚げたてアツアツの唐揚げのレビューも載っていました♪
こちらの記事《【加須市 神(しん)】揚げ立てアツアツのからあげ・手羽先の専門店》です。

この記事の筆者が唐揚げを求めて訪れたのは、埼玉県加須市の住宅街にある"唐揚げ・神(しん)"。
ここでは注文を受けてからお肉を揚げるため、出来たての唐揚げを食べられるのが魅力なのだそうです。
筆者は、醤油唐揚げ5個と手羽先3本のセットを購入しましたが、醤油唐揚げは表面はカリカリとしているのに、中身は肉汁があふれるほどジューシー。
一方、手羽先はしっとりとした柔らかな食感で、お肉の旨味がにじみ出ていたといいます。

揚げたての美味しい唐揚げ2品は、ご飯のおかずにもお酒のお供にも合いそうなので、加須市近隣にお住まいの介護士さんは、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね☆
"唐揚げ・神"のメニューはどれもコスパが良いので、思わずたくさん注文したくなることでしょう♪

【参照元】
https://kikusato.com/gourmet16/



(10)東京都台東区の"からあげ縁-yukari-"


ぐるめのほそ道
『ぐるめのほそ道』は、パーソナルトレーナーとして活躍中のはやひらさんが運営するブログ。
食べるのが大好きだという彼は、もちろんブログでもグルメの情報を発信していますが、その中には今回のテーマである唐揚げについて書かれた記事もありました。
《浅草の行列揚げ店「からあげ縁-yukari-」のから揚げはお肉の味がたっぷりでうまい♪》という記事です。

はやひらさんが記事で絶賛しているのは、浅草にある唐揚げ専門店の"からあげ縁-yukari-"。
メニューは複数あり、その日はジューシーモモ丸とカリッとモモ、秘伝にんにくの3種類を注文したそうです。
それぞれ形も味も食感も異なっており、どれも食べごたえがありそうですよ♪
たとえば、ジューシーモモ丸は、形こそまん丸で見た目は可愛いのですが、食べると口の中いっぱいに肉汁が溢れ、お肉本来の味を存分に味わえる逸品なのだとか。
その他の唐揚げについても記事内にしっかりコメントされているので、ぜひ本文をくまなくチェックしてみてくださいね。
はやひらさんによると、唐揚げは個数で注文できるようなので、いろんな味を試してみたくなりますね♪
浅草にお出かけの際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

また、はやひらさんのブログには、グルメ以外にもダイエットやトレーニング、Web関連の記事などもエントリーしています。
グルメレビュー以外の記事も読み応えがあるので、ぜひ他のジャンルも覗いてみてくださいね☆

【参照元】
https://jyslife.com/2015062571.html/



(11)東京都新宿区の"から揚げ屋 トリロー"


行ったところ備忘録
「唐揚げをお腹いっぱい食べたい!」「いろんな味の唐揚げを食べてみたい」という方は、『行ったところ備忘録』に掲載されている《コスパ抜群!1,000円以下で唐揚げ食べ放題のトリローに行ってきた。》という記事を読んでみてください。
こちらには、初来店時は4種類、再来店時は6種類の唐揚げがオーダーできる東京都新宿区の"から揚げ屋 トリロー"の食べ放題メニューが紹介されています。

筆者のけびんさんによると、"から揚げ屋 トリロー"の食べ放題メニューは、以下のような味の唐揚げが選べるのだとか。
【初回来店時】
・北海道ザンギ
・スパイシーむね
・やみつき辛もも
・たまり醤油むね
・香味野菜むね

【再来店時から注文可能】
・香味野菜むね
・香味野菜もも

いずれも注文後に揚げるため、アツアツの状態で食べることができ、美味しさも格別なのだそうですよ。
また、スープやごはん、サラダのおかわりもOKとのことなので、心ゆくまで唐揚げを堪能したいときにピッタリ♪
値段を気にせずモリモリ食べたいときに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://kreview.hatenablog.jp/entry/2018/03/12/000421

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧